映画1本1.2GB。通信制限かからずに外出先でAmazonプライムビデオを楽しむ方法

  • 更新:
  • 公開:2015.11.20
  • by
  • カテゴリ:Amazon , アプリ

映画1本1.2GB。通信制限かからずに外出先でAmazonプライムビデオを楽しむ方法

Amazonプライムビデオ 映画1本分のデータ容量を調べてみました。

Amazonプライムビデオにどハマり中のタカノです。最近は海外ドラマのウォーキングデッドが面白すぎて、隙間時間を全て注ぎ込んだ結果、ようやくシーズン6まで見終わりました。基本的にグロいんで、fireTVsticを挿したリビングにある唯一のテレビでは見られません。子どもが怖がるから。そのため、iPhone 6 Plusで観てるわけですが、外出先で観る場合に注意しているのが、

通信速度制限。

通信速度制限がかかると、通信スピードが遅くなり、Amazonプライムビデオはもちろん、ネットを見たりYouTubeを見たりがほとんどできなくなります(我慢すれば見られますが、すごく時間がかかります)。

スポンサーリンク

まずは自分のデータプランを確認

通信速度制限がかからないようにするには、自分が契約しているデータプランを知る必要があるので、契約している内容を再確認してください。

僕の場合は、使っているのはauのiPhone 6 Plus。契約しているデータプランはauの「データ定額2」というもの。毎月のデータ容量が2GBまでのプランです。普段、Wi-Fi環境下にいることが多く自宅でもWi-Fiを契約してるので、毎月データ通信量はわずか1GB前後しか使っていなかったのでこのプランに落ち着きました。

「データ定額2」の場合、毎月の4Gや3Gのモバイルデータ通信量が2GBを超えると通信速度に制限がかかり、速度が128kbpsに落ちます。

auの4G LTEの通信スピードが100Mbpsなので、通信制限がかかると単純計算で100Mbpsの約0.13%の速度に落ちることになります。劇遅です。通信するアプリはほぼ何も使えません。通信速度制限を解除するには、当月末まで待つか追加でデータチャージ(auの場合、0.5GBで550円、1GBで1,000円)するしかありません。

モバイル通信によるストリーミング視聴は要注意

ここからが本題。

Amazonビデオアプリの「設定」にある「ストリーミング設定」と「ダウンロード設定」を確認します。

まずは「ストリーミング設定」から。


Amazonビデオアプリ ストリーミング設定
ストリーミング設定画面。

ここでは、ストリーミング再生時の画質レベルと通信方法を選択できます。

初期設定は「Wi-Fiのみ」はオフ、画質は「中」、「モバイル通信が発生したら通知」はオンになってます。

ストリーミング時 1時間視聴のデータ容量

各画質レベルで、1時間視聴した場合のデータ容量は以下の通り。

画質中・・・最大 0.6GB
画質高・・・最大 1.8GB
画質最高・・・最大 5.8GB

例えば、僕(2GBプランを契約中)がモバイル通信で視聴したとすると、「画質高」で「1時間ちょっと」見てしまったら、もう通信制限がかかってしまうことになります。「画質中」にしても約3時間半ぐらいしか持ちません。

4G LTEや3Gなどのモバイル通信によるストリーミング視聴はやめた方がいいです。

ストリーミングで視聴する場合は、Wi-Fi接続時のみがおすすめです。

外出時はダウンロードして再生が超おすすめ

次は「ダウンロード設定」について。

Amazonビデオアプリ ダウンロード設定
ダウンロード設定画面。ダウンロードする画質レベルを「中・高・最高」から選択できます。

初期設定は、画質は「高」、「ダウンロードはWi-Fiのみ」はオンになってます。

ストリーミング視聴する場合はWi-Fi接続時のみがおすすめだと書きましたが、ダウンロードする時も同じです。映像のデータはサイズが大きいので、Wi-Fi以外でダウンロードするとすぐに通信制限がかかってしまいます。

外出先(Wi-Fi接続以外)でAmazonビデオを楽しむなら、Wi-Fi環境下でダウンロードして、iPhone内に保存しておくと安心です。

各画質レベルの映画1本分のデータ容量

試しに、バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3(字幕版)を、画質「中」「高」「最高」でダウンロードしてみました。

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3(字幕版) ダウンロード
サイズは「設定」→「一般」→「ストレージとiCloudの使用状況」で調べました。

映画:バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3(字幕版)
再生時間:1時間58分

画質中のデータ容量・・・約0.68GB
画質高のデータ容量・・・約1.29GB
画質最高のデータ容量・・・約1.79GB

実際に見てみましたが、画質「中」でも十分きれいですが、多少荒い感じの部分もあったので、おすすめは「高」ですね。最高画質はもちろんきれいでしたが、そこまでは必要ないです。

通信制限が気になるならWi-Fi導入が超おすすめ

通信制限が気になるならWi-Fi導入がおすすめ
ダウンロードしておけばいいって言っても、自宅にWi-Fi環境がない方も多いはず。1GBを超えるデータを携帯電話の回線でダウンロードしまくってたら、すぐに通信制限になってしまいます。

あー!また通信制限かかった!
通信制限がうざすぎる。気にせずネットできる方法ないの?
など、通信制限で困ってるならWi-Fi回線の導入がおすすめ。

自宅でスマホを使うことが多くて、同居者がスマホやパソコン使っているなら断然お得です。うちもパソコンは僕だけですが、妻や子供がiPhoneやiPadをガンガン使いまくるのでBBIQ光の回線を引いてます。九州に住んでてauのスマホ使ってるならおすすめの業者さんです。毎月のスマホ料金が安くなる「auスマートバリュー」のおかげで、iPhoneの月額料金が毎月2,000円引きされ3,500円ぐらいで収まってます。

BBIQ以外でWi-Fiを契約しつつスマホ料金も安くしたいなら、ドコモ光も取り扱い中!光コラボレーションが便利。NTT東西のフレッツ光の回線を使用し、ドコモ・au・ソフトバンクいずれかの携帯を利用している人なら毎月の料金が安くなるコラボレーションを申し込めます。


Wi-Fi回線の中でも簡単でおすすめなのが、ソフトバンクのSoftBank Air。申し込んで届いた端末をコンセントに差して電源を入れるだけで、その日から高速Wi-Fiが使えます。工事も不要だから、自宅に工事の業者さんを入れたくない女性でも安心。さらにソフトバンクユーザーなら、おうち割で毎月のスマホ料金が毎月最大2,000円値引きされます。そのほか「いつでもTポイント10倍」とか「無料ストレージ100GB」など1,000以上の特典が使い放題。詳しくはSoftBank Airの公式サイトをご覧ください。


自宅よりも外でスマホを使うことが多いなら、持ち運べるWi-Fiが断然おすすめ。その中でも今ならWiMAXがさらに高速になった新サービス「WiMAX2+接続」が人気があります。
GMOとくとくBB WiMAX2+ 月額3,609円~


自宅にWi-Fi(インターネット回線)があるのはとても便利です。特に複数人で同居している場合、それぞれスマホやパソコンを使う時にひとつWi-Fiがあればみんなが通信制限を気にすることなく、データ通信量の多い映画やYouTubeを観たり、マンガをダウンロードしたり、インターネットを好きなだけ楽しむことができます。うちはもう自宅にWi-Fiがない環境は考えられないほど当たり前になってます。

まとめ

ここまで長々と書いてきましたが、要は、

AmazonプライムビデオをiPhoneなどのスマホで見るときはWi-Fi環境下で行う!

そして、

外出するときは事前にWi-Fi環境下でダウンロードしておく!

というのが結論ですね。そうすれば通信制限にビクビクする必要もありません。約2時間で上記サイズなので、1時間だと「中」で約0.3GBぐらいですかね。飛行機や新幹線で数時間移動するときなど、2時間の映画を2本ぐらいダウンロードしておくといいかも。

僕は、Amazonプライムビデオを見るようになってからというもの、外出時に空き時間がありそうな時は、毎回ビデオをダウンロードして外出するようにりました。特にウォーキングデッドを見初めてからですね。

ダウンロードしておけば、いつでも通信制限を気にせずにAmazonプライムビデオを楽しめます。

おすすめですよ♪
Amazonプライム30日間無料体験はこちら

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。