充電速い!CIOの新製品『SMARTCOBY Pro Slim』レビュー!前モデルとの比較も

SMARTCOBY Pro SlimとiPhone 15 Pro
SMARTCOBY Pro SlimとiPhone 15 Pro

薄い!iPhone 15 Proとの相性抜群!

Makuakeでの応援購入が2023年9月27日に終了した『SMARTCOBY Pro Slim』。

リターンの発送は2023年12月中ということだったので気長に待ってると、12月1日に届きました!なかなか早い!(ちなみに、もう普通にAmazonでも買えます)。早速開封して使ってますが、これ、iPhone 15 Proの充電に最適!

今まではAppleのMagSafeバッテリーパックを使ってましたが、充電が遅い遅い。27W以上の充電器と一緒に使うと最大15Wで充電できますが、普段はバッテリーパック単体で使うことが多いので最大7.5Wの充電になってしまいます。

MagSafeバッテリーパックだと30%から80%の充電にかかる時間は1時間半ぐらい。それが、このSMARTCOBY Pro Slimなら約30分ちょっとで済みます。これは良い!マジで良い!

PR【最大10%ポイント還元】春のお買い得ビッグセール開催! Amazonにて新生活セールが開催。価格が安くなってるのはもちろん、合計10,000 円以上のお買い上げを対象にポイント還元率がアップ。プライム会員&Amazon Mastercardで4.5%ポイントアップ!生活/理美容/健康/大型家電はさらに5.5%ポイントアップ。この機会にまとめ買い!数量限定品は在庫がなくなり次第終了です。3/5 23:59まで
スポンサーリンク

動画レビュー

YouTubeに以下の内容で動画レビューを公開してます。

  • 00:00 CIOさんからアレが届きました!
  • 00:40 開封&同梱物チェック
  • 02:09 前モデルのSMARTCOBYPro
  • 02:53 サイズ感
  • 04:39 使える端子が増えたパススルー充電
  • 05:03 シボ加工モデル登場
  • 05:39 傷が目立ちにくいシボ加工
  • 06:25 入出力のV(ボルト)とA(アンペア)
  • 07:30 カメラで充電と給電時のVとAを計測
  • 09:36 一般販売日の予想
  • 10:18 SMARTCOBYTRIOとエンディング
▼ CIOから新製品「SMARTCOBY Pro SLIM」が届いた!開封&シボ加工&GRIII、X-S20、EOS R5 Cで出力W数を計測してみた結果

動画内ではiPhoneの充電ではなく、カメラ充電時のボルトとアンペアを計測してます。当初はカメラで使う予定でしたが、サイズが薄い&幅がiPhone 15 Proとぴったりなので、iPhone用としても重宝してます。

前モデルとスリムのスペック比較

SMARTCOBY Pro SMARTCOBY Pro Slim
容量 10,000mAh 10,000mAh
シボ加工 なし あり
ポート USB-A×1
USB-C×1
USB-A×1
USB-C×2
パススルー時の端子 USB-A×1 USB-A×1
USB-C×1
充電規格 PD3.0/QC3.0 PPS/PD3.0/QC4.0+
入力 【USB-C】
5V⎓3A
9V⎓2.22A
12V⎓1.5A
(Max 20W)
【USB-C】
5V⎓3A
9V⎓3A
12V⎓2.92A
20V⎓1.75A
(Max 35W)
出力 【USB-C】
5V⎓3A
9V⎓3A
12V⎓2.5A
(Max
30W)

【USB-A】
4.5-5V⎓5A
9V⎓3A
12V⎓2.5A
(Max 30W)
【USB-C】
5V⎓3A
9V⎓3A
12V⎓2.92A
15V⎓2.33A
20V⎓1.75A
(Max
33W)


【USB-A】
4.5V⎓5A
5V⎓3A
9V⎓2.5A
12V⎓1.5A
(Max 22.5W)

新しいSlimの特徴をまとめると...

  • 10000mAhで世界最薄級の約16mm
  • シボ加工により傷が目立ちにくくなった
  • パススルー充電時にUSB-AだけでなくUSB-Cも使えるようになった
  • 充電規格PPSにも対応
  • 入力が最大35W対応で約90分で満充電
  • USB-Cの出力が15V⎓2.33A、20V⎓1.75Aにも対応

前モデルよりも格段にアップグレードされてます。

今から買うならSlimって感じですが、前モデルも十分使えるし価格も若干安いので、お好きな方をどうぞ。

実際の使い勝手はどう?

Smallrigのモバイルバッテリーホルダーでも使える
SmallRigのモバイルバッテリーホルダーに挟めました。これならミラーレスカメラにリグを組んでも使えます。


ちょっと幅広だけど手の中に収まるサイズ
左が前モデルで右がSlim。Slimはちょっと幅広だけど手の中に収まるサイズです。


FUJIFILM X-S20の充電時の電圧と電流
FUJIFILM X-S20の充電時が14.7V⎓0.7Aと電圧がかなり高くなってて、「お!これは充電が速くなる!」と思いましたが、前モデルは9V⎓1.2Aと、W数はほぼ同じでした。

動画のメイン機であるEOS R5 Cでも充電と給電が出来たので問題なしです。

iPhone 15 Proとの組み合わせが良い

iPhone 15 ProとSMARTCOBY Pro Slim
冒頭で前述した通り、iPhone 15 ProとSMARTCOBY Pro Slimの組み合わせがとても相性が良いです。充電がとにかく爆速。


iPhone 15 ProをSMARTCOBY Pro Slimで充電中
iPhone 15 ProをSMARTCOBY Pro Slimで充電中。バッテリー残量100%、iPhoneの残量30%で充電開始時の電圧と電流。8.92V⎓1.81Aで約16Wで充電できてます。

その後、約35分ぐらいで80%まで充電できました。充電を80%で自動で止めてる理由はこちらの記事をご覧ください。

iPhone15からの「上限80%」とは?スマホのバッテリー寿命を延ばす秘訣


付属のUSB-Cケーブルはちょっと使い勝手が悪い
CIOの柔らかUSB-Cケーブルに慣れてしまったので、付属のUSB-Cケーブルはちょっと硬くて使い勝手が悪く感じます。15cmの柔らかUSB-Cケーブルが欲しくなる。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。

● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらから。

twitterでの情報発信、YouTubeで動画レビューも公開してます。チャンネル登録もよろしく!