エアコン臭い!!カビも!!自分でやれば1,300円!
においとカビがひどいエアコンを掃除してみた結果…。簡単に臭いを消す方法も公開中。

Fire HD 10 と iPadを比較!iPad高いからFireタブレット試した結果→Kindleと動画なら最高

  • 2022.7. 8
  • by
  • Amazon
FireタブレットをUGREENのスタンドに載せてる写真
Fire HD 10 Plus (タブレット10.1インチ)

iPadと比較したら、FireタブレットのKindleと動画視聴が快適すぎて感動した話

Appleユーザー歴24年ですが、こんな値上げは初めてです。

円安の影響でApple Store価格が大幅に値上がりしたApple製品(アメリカのApple Storeは価格据え置き)。

Macは6月に値上げされ、僕が2021年12月に購入したM1 Max MacBook Pro 14インチだと93,000円も値上がりしてました。この値上げ額にはちょっと衝撃を受けました。

さらに7月1日からiPhoneとiPadにも値上げの波がやってきました。

目次

  1. 値上げ後のiPadの価格
  2. Fireタブレットを買ってみた
  3. Fire HD 10 Plusの充電
  4. Fire HD 10 Plusのダメなとこ4点
  5. FireタブレットとiPadの比較
  6. 動画で比較
  7. Fireタブレット感想まとめ
スポンサーリンク

値上げ後のiPadの価格

2022年7月からの値上げ後の価格がこちら。

日本のApple Storeの価格で、容量が最も小さなモデルの価格です。

機種名 値上げ前 値上げ後 値上げ幅
iPad mini 59,800円 72,800円 13,000円(22%UP)
iPad 39,800円 49,800円 10,000円(25%UP)
iPad Air 74,800円 84,800円 10,000円(13%UP)
iPad Pro 11インチ 94,800円 117,800円 23,000円(24%UP)
iPad Pro 12.9インチ 129,800円 159,800円 30,000円(23%UP)

値上げ率が一番高いのが無印iPad(第9世代)。1万円の値上げで39,800円→49,800円になってます。

この値上げ前に、2017年に購入したうちのiPad 第5世代が、ちょうどバッテリー劣化で起動しにくい状態になりました

バッテリーが劣化したiPadをAppleに送った結果

最終的には11,880円でキレイな中古品に本体ごと交換してもらえたので大満足したんですが、もし修理できないならまたiPadを買い直そうかなと考えてました。

▲ 目次に戻る

Fireタブレットを買ってみた

Appleで修理したiPadの使用用途としては、小学生の息子がYouTubeやNetflixで動画を見る程度。

たまにApple Storeでゲームをダウンロードして使ってましたが、最近はもうほとんどプレイしてなかったのでiPadに買い換えるのは過剰スペックだと思ってました。

そこで、試しに買ってみたのが『Fire HD 10 Plus タブレット10.1インチHDディスプレイ 64GB スレート』です。

購入したFire HD 10 Plus
購入したFire HD 10 Plus

ちょうどiPadの購入を考えてたタイミングに、タイムセールで64GBモデルが6千円ほど安くなってたので思わずポチってしまいました。

Fireタブレットは1TBまでのマイクロSDカードで容量を簡単に増やせるので、32GBモデルでも良いですね。


Fire HD 11 Plus 同梱物
同梱物は、説明書類(スタートガイド)と、9W電源アダプタ、USB-C(2.0)ケーブル、本体。


Fire HD 10 Plus ディスプレイ
ディスプレイは10.1インチで、解像度は1920 x 1200ピクセルの224ppi。

フロントカメラは2メガピクセル。


Fire HD 10 Plus 背面
背面はプラスチック素材です。重さは468gで意外と軽く感じます。


リアカメラは2メガピクセル
リアカメラも2メガピクセルです。


端子とボタン類
左から、3.5mmステレオジャック・USB-Cポート・2つのマイク・電源・ボリューム。

サイド側には1TBまでのmicroSDカードに対応したスロットが1つあります。


Fire HD 10 起動完了
起動してログインすれば使う準備完了です。

主な特徴は...

  • 10.1インチ・1080pフルHD・224ppi解像度の鮮やかなディスプレイ
  • 最大12時間の長稼働バッテリー、USB-Cで充電も簡単
  • 4GB RAMのオクタコアプロセッサ搭載
  • ショッピングをしながらメール確認などの2つのアプリが同時操作可能
  • AlexaアプリやZoomでHD解像度の高画質なビデオ通話が可能
  • Alexaに話しかけるだけで動画、音楽、Alexa対応家電など簡単操作
  • YouTubeやNetflix、DAZNなどの人気のアプリに加えて、映画やドラマ、音楽や電子書籍まで数千万を超える様々なコンテンツも楽しめる
  • ワイヤレス充電スタンド(別売)を使えば、タブレットをShowモードで充電しながらAlexaを使ってハンズフリーでタブレットを使用できる

▲ 目次に戻る

Fire HD 10 Plusの充電

本体を充電する際は付属の充電器を使っても良いんですが、他にもMacBook・iPad・iPhoneなどなど複数の機器を一緒に充電したいのでUGREENの充電器を愛用してます。

開封した時に思わず「小さっ」と言葉が出たほどコンパクトな充電器です。

UGREEN GaNX 65W 充電器
超コンパクトでPD対応で65Wの高出力『UGREEN GaNX 65W 充電器』。

過去に色々充電器は使ってきましたが、この大きさで最大65W出力でUSB-Cを2ポート、USB-Aを1ポート、合計3ポート使えるので、まとめて充電したい時にも重宝してます。


Fire HD 10 Plusを充電
Fire HD 10 Plusはワイヤレス充電にも対応してますが、専用の充電器がないのでUGREEN充電器で有線充電してます。

バッテリーが少ない時で最大15Wほどで充電できました。付属の純正充電器だと9〜10Wほどなので、約1.5倍早く充電が可能です。

あと、上記写真のスタンドはUGREENのタブレットスタンド。こちらも使い勝手が良くて気に入ってるので、また別途レビューします。

▲ 目次に戻る

Fire HD 10 Plusのダメなとこ4点

開封当初から動作もサクサクで快適に使ってたんですが、数日使ってみてダメなところが見えてきました。

全部で4点あります。

まず1点目。

iPadとは違って生体認証がないので、スリープから解除するには電源ボタンを押す必要があります

iPadには指紋認証があるのでボタンに指を上げるだけでホーム画面が表示されますが、Fireタブレットの場合は、電源ボタンを押す必要があります。

iPadで生体認証に慣れまくってるので、使用から1ヶ月ほど経過しますがまだ慣れません。


2点目は、背面に皮脂が付きやすいこと。

背面に付いた皮脂
クリーニングクロスとか湿ったタオルとかで拭いても、iPadのようにアルミ素材じゃないので汚れが取れにくいです。

背面がプラスチックなのでiPadより多少手荒に扱える反面、背面の汚れは落ちにくいです。


3点目は、スピーカーの最小ボリュームが大きいこと。

スピーカーの穴をパーマセルテープで塞ぐ
音量を一番小さくしてもちょっと大きいと感じたので、スピーカーの穴をパーマセルテープで塞いで使ってます。


4点目は、カメラの画質があまり良くないこと。

2メガピクセルのカメラ
カメラは2メガピクセル(200万画素)。iPadが8メガピクセル(800万画素)なので、ここは大きく見劣るポイントです。

▲ 目次に戻る

FireタブレットとiPadの比較

Fire HD 10 Plusと無印iPad 第9世代、それぞれの価格とディスプレイなどの外観の比較はこちらの表にまとめました。

サイズ感はだいたい同じですが、価格とカメラのスペックが大幅に違います

項目 fireHD10P iPad
価格 18,980円
たまに値引きあり
49,800円
ほぼ値引きなし
ディスプレイ 10.1インチ
1920 x 1200
224ppi
10.2インチ
2160 x 1620
264ppi
Retina
容量 32GB 64GB
背面カメラ 2MP 8MP広角
サイズ 247 x 166 x 9.2mm 250.6 x 174.1 x 7.5mm
質量(重さ) 468g 487g(Wi-Fi)
498g(Wi-Fi+Cellular)


コスパや画面サイズなどの比較表はこちら。

項目 fireHD10P iPad
コスパ
32GBなら1万円台
×
円安でより高額に
質感 ×
全体的に安っぽい

アルミニウム製で
質感良し
ボタン ×
押しにくい

しっかりしてる
画面サイズ 互角
解像度 iPadがちょっと上だがほぼ互角
スピーカー iPadがちょっと上だがほぼ互角
容量
マイクロSD対応
×
拡張性なし
セキュリティ ×
生体認証なし

指紋認証あり
アプリ ×
まだまだ少ない

優れたものが豊富
パフォーマンス ×
Amazonコンテンツを
楽しむためのもの

やれることが多い
モバイル利用 ×
Wi-Fiのみ

セルラーあり
音声アシスタント
Showモードが使える
×
毎回呼び出さないと
使えない

無印iPad 第9世代が手元になかったので、iPad 第5世代と大きさを比較してみました。

iPad 第9世代は第5世代と比べて、高さが1cm、幅が0.5cmほど大きくなり、ディスプレイも9.7→10.2インチと大きくなってますので、その点をご理解の上ご覧ください。

全体的な質感やボタンの押しやすさはiPadが上
価格が倍以上違うので当然ですが、全体的な質感やボタンの押しやすさはiPadが上です。


Fire HD 10 PlusとiPad 第5世代
左が「Fire HD 10 Plus」で、右が「iPad 第5世代」です。Fireタブレットの方が全体的にワイド(細長)です。


Kindleで本を表示させた比較
Kindleで本を閲覧してる時の比較。

縦横比がFireの方がワイドなので上下がちょっと余ってます。ただ、見え方にはほぼ違いはありません。

解像度もほんのちょっとiPadの方が上ですが、目で見てる感じはほぼ同じぐらいの美しさです。


Kindle本を拡大して比較してみた写真
拡大しても共に見え方はほとんど変わらず。


FireタブレットのShowモード
FireタブレットのShowモード

FireタブレットはFire HD 8から上位モデルはShowモードに対応してます。

Alexaをオンにした状態で、ホーム画面で上から下にスワイプして表示される画面で「Showモード」に切り替えると、ホーム画面に好きな情報を表示させることができるようになります。


Showモードではお天気やニュースなども表示可能
Showモードではお天気やニュースなども表示可能です。

横画面限定ですが、普段は真っ暗な画面もShowモードで活かすことができます。

▲ 目次に戻る

Fireタブレット感想まとめ

YouTubeに動画レビューを公開してます。

サクサクと滑らかに動作する様子も良く分かります。合わせてご覧ください。

▼ Fireタブレット購入前に知っておきたい、Fire HD 10 Plus vs iPad 第9世代の比較をチェック

▲ 目次に戻る

Fireタブレット感想まとめ

Kindleで本もサクサクページ送り
Kindleでサクサクページ送り

主にKindleやdマガジンなどで本や雑誌を読むように使ってますが、これが実に快適!

UGREENのスタンドの使い勝手が良いこともありますが、そもそものFireタブレットの動作がとても軽いです。

ページ送りもサクサクでiPadと比べても見劣りしません。というかほとんど同じような感覚で使えてます。


NetflixやYoutubeなどで動画視聴も快適
動画視聴もとても快適

Amazonプライムビデオはもちろん、NetflixやYouTubeのアプリもアプリストアからダウンロードして使えるので、動画視聴も実に快適です。音質も気になることもなく良い感じ。

これで無印iPadの半額以下というハイコストパフォーマンス!

iPadをKindleなどの電子書籍や動画視聴だけで使ってるなら、もうFireタブレットで十分ですよ。

間違いなく「買い!」なタブレットです。もっと早く買っておけば良かった。

スポンサーリンク

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

この記事をシェアする

関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。

● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらから。

twitterでの情報発信、YouTubeで動画レビューも公開してます。チャンネル登録もよろしく!