Safariのアドレスバーを上に戻す方法

当サイトのリンクには一部プロモーションを含みますが、一切その影響は受けず、公正・中立な立場で制作しております。

Safariのアドレスバーを上に戻す方法
Safariのアドレスバーを上に戻す方法

あれ?Safariのアドレスバーが下になっちゃった
iOS 15から突然仕様変更されたiPhoneの純正ブラウザ「Safari」。
今までは画面の上にあったアドレスバーが、画面下に移動してしまいました。
普段は、モバイルブラウザシェアNo.1のGoogle Chromeを使ってますが、こちらはいまだにアドレスバーは画面最上部にあります。
なので、いつも使ってるChromeと場所を合わせるために、Safariのアドレスバーを元の位置である上に移動させておきました

Safariのアドレスバーを上に戻す方法

Safariのアドレスバーが下に仕様変更された
こちらがiOS 15からのSafariのアドレスバー。標準の位置が画面下に移動しました。
あと、このアドレスバーは左右にスワイプスでタブを切り替える役目もあります。
画面遷移やシェア・ブックマークなどのボタン類も下にあるので、情報が下にまとめられて指が届きやすくなるのは良いんですが、メインブラウザのChromeと操作方法を合わせておきたいので、設定を変更します。
Safariのアドレスバーを上に戻す方法
iPhoneの「設定」アプリ →「Safari」→「タブ」。
デフォルトでは「タブバー」になってるのを「シングルタブ」にするだけです。
この設定の弊害としては、これに変更すると、アドレスバーを左右にスワイプしてタブを移動することができなくなります。
タブバーの左右スワイプを多用してた方はご注意ください。
Safariのアドレスバーが上に戻りました!
Safariのアドレスバーが上に戻りました!
Safariのアドレスバーが下に移動して困ってた方はぜひ参考にしてください。