エアコンくさい!!自分でやれば1,300円!
においとカビがひどいエアコンを掃除してみた結果…。→ 詳しくはこちら

WF-1000XM4はヘッドホンのノイキャン超えてる!vs AirPods Pro vs WH-1000XM2 vs NC700

Sony WF-1000XM4

ヘッドホンのノイズキャンセリングを超えてるのには驚いた!

2021年6月25日発売のソニーの新型完全ワイヤレスイヤホン『WF-1000XM4』。

発売前にソニーさんから貸し出し機をお借りすることができたので、一足先にレビューをまとめてみました。

WF-1000XM4の大きな特徴のひとつが、完全ワイヤレス型として業界最高クラスのノイズキャンセリング性能を実現したことなので、ノイズキャンセリング対応の完全ワイヤレスイヤホンでまだまだ売れ続けているAirPods Proとの比較を中心にまとめてみました。

特に、ノイズキャンセリングと外部音取り込みの比較を重点的にやりました。

結論から言うと…

スポンサーリンク

結論:WF-1000XM4はヘッドホンのノイズキャンセリングを超えてる

WF-1000XM4とプラスチックフリーのパッケージ

AirPods Proに関しては、WH-1000XM2とBOSE NC700とノイズキャンセリングと外部音取り込みを比較した動画も公開してます。

結果としては、ノイズキャンセリング機能はWH-1000XM2とBOSE NC700が同じぐらいでAirPods Proはほんのわずかに消音効果が及びませんでしたが、外部音取り込みに関してはホワイトノイズやこもった感じがなく一番自然で快適でした。

この結果を踏まえた上で、WF-1000XM4とAirPods Proを比べてみた結果は…

  • Sony WF-1000XM4のノイズキャンセルはAirPods Proよりも上。さらに、ヘッドホン(WH-1000XM2とBOSE NC700)のノイズキャンセリングを超えてました
  • 外音取り込みもかなり優秀でAirPods Proに近い性能ですが、ホワイトノイズが若干あったのと、喋ってる自分の声がちょっと大きくなるのでほんの少し違和感を感じました。性能は拮抗してますが、個人的にはより自然な感じがするAirPods Proの方が好みでした。
  • 音質はWF-1000XM4はLDACに対応してるのでAirPods Proよりもより解像感の高い音質で楽しめます。

WF-1000XM4のノイズキャンセリングは予想以上にすごかったです。

AirPods Proでは聴こえていた男性の声が、WF-1000XM4だとほとんど聞こえなくなってました。

その時のリアクションを含め、比較の詳細は下記のレビュー動画でご確認ください。

WF-1000XM4 vs AirPods Pro レビュー動画

WF-1000XM4とAirPods Pro、さらにヘッドホンのノイズキャンセリング機能が優れてるSony WH-1000XM2とBOSE NC700とも比較してます。

▼ WF-1000XM4はヘッドホンのノイズキャンセリングを超えてる!vs AirPods Pro vs WH-1000XM2 vs BOSE NC700

WF-1000XM4 ファーストインプレッションまとめ

ソニーさんからお借りできた期間が1週間なので、その期間で感じたことのまとめです。

● 気に入った点
  • ケースと本体はともにマットな質感で皮脂が目立ちにくく、サラサラな触り心地
  • タップする場所が平面ではなく膨らんでいて押しやすい
  • タップした反応は良い。タップした時のフィードバック音も小さな音で聞こえる
  • ポリウレタン素材のアイソレーションイヤーピースの着け心地が良い。さらに、ノイズキャンセリング性能の向上にも大きな役目を担ってる
  • 音声ナビゲーションの日本語が今まで使ってきたイヤホン・ヘッドホンの中で一番自然な日本語
  • ノイズキャンセリング性能がすごい。ヘッドホンを超えている
  • ほんの少しホワイトノイズがあるものの外音取り込みもAirPods Proに引けを取らない
  • 音質もLDACに対応してより解像感が増している
● 気になった点
  • DAP(Hiby R6 Proを使用)とBluetoothで接続した際に、瞬間的に音が途切れることがある(DAPのせい?)
  • マルチポイント(2台同時接続)には未対応

ノイズキャンセリング性能に完全に圧倒されました。

イヤホンでここまですごいノイズキャンセリングが実現できてることに脱帽です。AirPods Proの次のモデルが気にはなりますが、WF-1000XM4は購入する予定です。

気になった2点のうち、DAPとBluetooth接続した際に発生してる瞬間的な途切れはちょっと気になってます。せっかくLDACの高音質で楽しめるのに、ここはアップデートなどで改善してくれることを希望します。iPhoneでは発生してないので、機種によって違うのかもしれません。

あと、マルチポイント(2台同時接続)については最初はちょっと気になりましたが、8台までペアリングできるマルチペアリングの接続と解除がかなりスムーズに行えてるので特に気にしなくてもいいのかなと思えてきました。

いや〜、すごいイヤホンが登場してきまね。

これを超えるのはなかなか難しそうですが、これからのAppleやBoseの製品が楽しみになってきました。

WF-1000XM4の発売は2021年6月25日。価格は33,000円です。

新しいイヤホンやヘッドホンをお探しの方で、ノイズキャンセリングを最優先したい方には超おすすめできるイヤホンです

スポンサーリンク

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

この記事をシェアする

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。

● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらから。

twitterでの情報発信、YouTubeで動画レビューも公開してます。チャンネル登録もよろしく!