今だけ!Kindle Unlimitedが3か月99円! Amazon Music Unlimitedが4か月99円!
Kindle本読み放題Amazon Music聴き放題がなんとそれぞれたった99円!こんなチャンス滅多にありません。まだの方は期間限定なのでお早めに。10/14まで

デスク周りの配線隠しをもっと簡単に!ケーブルカバーならクルッと巻いて止めるだけ

デスク周りの配線隠しをもっと簡単に!ケーブルカバーならクルッと巻いて止めるだけ

カットしてベルクロ(マジックテープ)で止めるだけ&修正も簡単なケーブル隠し

今までは床のケーブルを隠すのに、剥がしてもベタつかない(と思ってた)シュアーテープを使ってました。

使い方に関しては、こちらのラダーシェルフを自作した記事に詳しくまとめてます。

予算4,000円!簡単組み立てラダーシェルフの作り方。DIYでサイズは自由自在、斜めカット不要、電源タップも固定!

それから1年8ヶ月ほど経過したある日。

ちょっと足が触れた時にベタっとした感触があったので、光を照らして良く見てみたら、こんなことになってました。

PR【今だけ!99円!】Kindle Unlimitedが3か月99円! Amazon Music Unlimitedが4か月99円!
AmazonプライムデーでKindle本読み放題Amazon Music聴き放題がなんとそれぞれたった99円!こんなチャンス滅多にありません。まだの方は期間限定なのでお早めに。10/14まで
スポンサーリンク

シュアーテープも時間経過でベタつく

シュアーテープでコードを隠したら剥がれてきた
端っこから剥がれてきてました。


ちょっと剥がしてみたらベタベタが残ってしまいました
ちょっと剥がしてみたら、コードにベタベタが付着してました。

全くベタつかないと思ってたんですが、シュアーテープも時間が経過するとこんな感じでベタつきが残るようです。

そもそも、シュアーテープは「跡が残りにくい」のが特徴なので、全くベタつきが残らない訳ではないということですね。

ただ、ケーブルにはベタつきが付着してましたが、床や巾木にはほとんど付いてませんでした。貼り付けた素材によって残る残らないの違いがあるようです。

配線整理に便利なケーブルカバー

またシュアーテープを貼りなおしても、時間の経過でまたベタつくことになるので、今度はくるっと巻いてマジックテープで止めるだけでケーブルを隠せるカバーを使うことにしました。


ENVEL長さ3Mケーブルカバー 収納 コードクリップとベルクロ付き 配線結束 隠し まとめ に適用するUSB、PC、コンピュータ、電子機器のワイヤ、調節可能なブラックとホワイトリバーシブル (3.0M)
今回購入した『ENVEL長さ3Mケーブルカバー 収納 コードクリップとベルクロ付き』。Amazonでもかなり評判が良い商品です。


3mのベルクロ付きカバーと結束バンド10本付属
3mのベルクロ付きカバーに結束バンドが10本ついてました。

カバーは好きな長さでカットしたり、穴を開けて途中で配線を取り出すことも可能です。

リバーシブルになってるので使う場所に合わせて黒/白の使い分けが可能です。

あと、素材は防水・防塵断熱・静電気防止・発火防止という効果があるようですが、実際には試せてません。

少なくともマジックテープなのでシュアーテープのようにベタつくことはありません。


結束バンド10本
ナイロン製の結束バンド。表面全部が接着面になってるので意外と使いやすかったです。


カバーの両サイドにベルクロ(マジックテープ)が付いてる
カバーの両サイドに付いてるマジックテープをクルッと丸めて使います。


丸めたケーブルカバー
ケーブルカバーを丸めるとこんな感じ。かなりたくさんのケーブルをまとめられます。5本以上でも余裕です。


丸めたケーブルカバーの幅は5cmほど
丸めたケーブルカバーの幅は5cmほど。

やり直しも簡単!ケーブルカバーの使い方

使い方はとても簡単。

ケーブルカバーの長さを測る
まずは使う長さを測ります。


ケーブルカバーをハサミでカット
好きなところでハサミでカット。簡単に切れます。布ではないので、切った後のほつれもありませんでした。


カットしたケーブルカバーを設置
カットしたケーブルカバーを隠したい配線位置に設置。


ケーブルを包んでマジックテープで止めるだけ
あとはケーブルを包んでマジックテープで止めるだけ。


きれいに配線が隠れました
きれいに配線が隠れました!もうこれで何年経ってもベタつくことはありません!

あー、ずーっとやらなきゃと思いつつ作業がのびのびになってたので、かなりスッキリしました。

ちなみに、今回は床が暗いので黒の面を使いましたが、リバーシブルになってるので明るい床なら白い面を表にすればより目立たなくなります


ケーブルカバーで配線隠しが完了
今回はケーブル2本分だけでなので、まだまだ余裕があります。


ベルクロなので端っこから剥がれてくることもなし
マジックテープでしっかりと留まってるので、端から剥がれてくることもなさそう。

実際に使ってみた感想

結束バンドも普通に使ってます
結束バンドも普通に使ってます。

今回は、床に這わせたケーブル隠しに使ってみましたが、なかなか使い勝手が良かったです。

好きな長さにカットして、ケーブルを巻いてマジックテープで止める。

修正したい場合は、バリっと剥がしてまた留めるだけ。すごく簡単です。

ケーブルカバーの感触もサラサラしてるので机や床を傷つける心配もなし

ケーブルが1本で剥がすことを想定しないなら、よくあるプラスチックの配線カバーやモールを使えばいいですが、デスク周りの配線って本数が多いし頻繁に配置も変わるので今回のケーブルカバーは満点の商品でした。

ちょっと太くて野暮ったい感じもありますが、これぐらいなら問題なしです。

持ち上げて掃除できるのも良い。

パソコンデスク周りのケーブル隠しにおすすめのケーブルカバーですよ。

スポンサーリンク

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。