自宅のインターネットの速度が50倍以上に!ビッグローブ光のIPv6オプションは速かった。
夜の速度が遅くて困ってるなら乗り換えを!ビッグローブ光のIPv6オプション(PPPoE→IPoE)がおすすめ。→ 詳しくはこちら

macOS スクリーンショット.appで画面収録を止める方法

macOS スクリーンショット.appで画面収録を止める方法

macOSの画面を撮影するときに便利なのが「スクリーンショット.app」。

画面のキャプチャー画像だけでなく、操作している動画も撮影できる便利なアプリです。

ちょっと久しぶりにmacOSの画面を動画で撮影したくなったので、試しにやってみたんですが、撮影中止の方法が分からない。

でも、撮影はスタートしてるからどんどん動画ファイルのサイズが大きくなってくる...

止め方が分からないと、iMac Proの内蔵ストレージの容量を食い尽くすまで止まらないので、ちょっと焦りながら調べてようやく止めることが出来ました。

スポンサーリンク

5分33秒撮影した時のファイルサイズは800MB越え

スクリーンショット.appの操作画面
これがmacOS 10.14.4のスクリーンショット.appの操作画面。

詳しい使い方はこちらにまとめてます。

Mojaveで強化されたスクリーンショット機能の使い方をおさらい

Macでスクリーンショットを撮る方法のまとめはこちら。

Macでスクリーンショットを撮る方法まとめ

久しぶりに使ったので、起動する時は、

「アプリケーションフォルダ」→「ユーティリティフォルダ」→「スクリーンショット.app」で開きました。

「画面全体を収録」をクリックして撮影を開始すると、キャプチャ動画がデスクトップに保存されます(保存場所はオプションで変更可能)。

撮影を開始すると動画がデスクトップに保存される
mov形式の動画が保存され、撮影時間が経過すればするほど当然ながらファイルサイズが大きくなります。


画面収録5分33秒のファイルサイズ
iMac Proの5Kディスプレイを5分33秒撮影した時のファイルサイズは、なんと837MBもありました!

スクリーンショット.appの画面収録を止める方法

このまま撮影し続けるのはまずいので、録画停止ボタンを探すもそれらしいのを見つけられず...。

「アプリケーションフォルダ」→「ユーティリティフォルダ」→「スクリーンショット.app」を再びクリックしても何の反応もない。

こりゃ困ったと思って試してみたのが新しく追加されたショートカットキー「command + shift + 5」。

そしたら、出てきましたよ!停止ボタンが!

画面収録を停止するボタン
これでようやく録画を停止することが出来ました。ふ〜。


その後、他の方法が無いか検証してみたら、

メニューバーに録画停止ボタン
メニューバーの端に、こんな小さな録画停止ボタンが出てきてました。これ押したら録画が止まりました。

これは気づかないわ〜。

スポンサーリンク

Twitterで質問を受付中です!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。