自宅のインターネットの速度が50倍以上に!ビッグローブ光のIPv6オプションは速かった。
夜の速度が遅くて困ってるなら乗り換えを!ビッグローブ光のIPv6オプション(PPPoE→IPoE)がおすすめ。→ 詳しくはこちら

Fusion DriveのMacをMojaveにアップデートしたら激重に...。原因はAPFS化による書き換え

Fusion DriveのMacをMojaveにアップデートしたら激重に...。原因はAPFS化による書き換え

Mojave使ってますか?

僕は、10月末のApple新製品発表会で新iMacが発表されたら、

既存iMacをアップデート → 買い換えた新iMac(macOS Mojave)にデータ移行

という流れを想定してたので、アップデートをずーっと我慢してました。

ところが、発表されたのはMacBook AirとMac miniとiPad Pro(Apple Pencilも)の3機種のみ。

iMacが発表されなかったので、現行モデルで妄想購入してみた

もう2017年モデルの発売から500日以上が経過し、これまでの発売サイクル約1年を大幅にオーバーしてます。今更2017年のモデルを購入する気はないので、しばらく待つことにしました。

というわけで、Mojaveのアップデートを我慢する理由がなくなったので、早速high Sierraからアップデートしてみました。

ところが、アップデート直後からものすごく重い...

スポンサーリンク

Mojave上書きインストール直後、激遅に...

Time Machineに最新のデータをバックアップし、App StoreからMojaveアップデートを選択。

2世代前のSierraの時にクリーンインストールをしたので、今回は、上書きインストールにしました。

macOS Sierra(シエラ)をクリーンインストールする方法

アップデート自体は約1時間30分ぐらいで終了。

動作チェックのために普段よく使うブラウザやPhotoshop、Premiere、MarsEditやParallelsなどを起動しようとすると...

1つ目に起動したブラウザ(Google Chrome)がむちゃくちゃ重い。

普段なら数秒で表示されるページが、1・2分経っても表示されない。

さらに、Finderでのファイルの操作1つ1つがものすごく重いんです。

ちょっとこれじゃ仕事できないレベルだったので焦りながらも、iPhoneでいろいろ調べてみると、どうもファイルシステムの変更が原因ということが分かりました。

macOS MojaveからはFusion DriveもAPFSに

iOS10.3とmacOS High Sierraから採用されたApple独自のファイルシステム「APFS」。

HFS+のシングルスレッドからAPFSではマルチスレッドになり、ファイルコピーが速くなり、大容量のデータファイルが取り扱えるようになったり、ファイルが壊れにくいなど保護能力が向上しているのが特徴です。

High SierraではSSDを搭載したMacで採用されましたが、MojaveからはFusion DriveやHDDにも採用。

Mojaveをインストールすることで、自動的に新ファイルシステムに変換される仕組みになってます。

原因は、このAPFSへの変換作業でした。

APFS変換作業が終われば、動作はキビキビに!

調べてみて分かったから良かったものの、これ知らないとMojaveインストール後に急激にMacが遅くなり、イライラしてクリーンインストールを行なった人もたくさんいるんじゃないですかね。

APFSへの変換作業といっても、特にこちらですることはありません。

Mojaveをインストールすれば自動的に変換されるので、ただMacを起動した状態で放置しておけばOKです。

省エネルギー設定
「省エネルギー」設定で、コンピューターをスリープしないように設定して放置。

うちのiMacは27インチ Late2012モデルで、ストレージは3TBのFusion Drive。

ただ、最近はiMac買い換え時にストレージは1TBのSSDにするつもりだったので、1TB程度での運用を心がけてました。

ストレージの使用状況
その結果、2TB以上空いている状態でした。

1TBほどのデータ変換にどれだけ時間がかかるのかは不明でしたが、夜10時にインストールしてそのまま朝8時ぐらいまで起動してたら、以前のようにサクサクキビキビと動くようになってくれてました

データの大きさによっては丸一日ぐらいかかるかもしれないので、休みの日にやることをおすすめします。

Mojaveインストール後に動作が重くなった方。Fusion DriveやHDDなら時間の経過で治るかもしれませんので、辛抱してちょっと待ってみましょう。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。