6,500万曲が99円!
音楽6,500万曲聴き放題のAmazon Music Unlimitedが期間限定で4ヶ月間たったの99円!→ 詳しくはこちら

Safariのアドレスバーで検索するとクラッシュ(強制終了)する問題が全世界で発生。対応方法はとても簡単。

Safari ロゴ

Safariのアドレスバーを使って検索すると、クラッシュ(強制終了)する問題が話題になってます。

Mac版およびiPhoneなどのiOSのSafariで、アドレスバーに検索語を入力して検索するとSafariが強制的にクラッシュするという報告が相次いでいます。

うちの環境(MacはOS X El Capitan 10.11.3、iPhoneはiOS9.2.1)では再現できませんでしたが、全世界でこの不具合が発生している模様。

Appleが修正したという噂もありますが、もしクラッシュが発生する場合は、以下の対応方法をお試しください。

スポンサーリンク

解決方法:Mac版Safariの場合

クラッシュする問題を解決するには設定で「Safari検索候補」をオフにします。

Mac版 Safariの設定「検索」タブで「Safariの検索候補を含める」をオフに

Safariの「環境設定」→「検索」タブにある「Safariの検索候補を含める」をオフにします。

iTunesやAppStore、位置情報からの検索サジェストは使えなくなりますが、これでクラッシュされなくなります。

解決方法:iOS版Safariの場合

iPhoneでも同じ設定を変更します。

Safariの設定で「Safari検索候補」をオフにします。

「設定」アプリ →「Safari」で「Safari検索候補」をオフに。

これでクラッシュは起きないはずです。

最強の解決方法はChromeを使うこと

今回のSafariがクラッシュする問題について、紹介した設定箇所を変更しても改善されない場合は、Appleからの正式なアップデートを待つしかありません。

そんなの待ってられない!って方は、Google Chromeを使ってみてください。

Google Chrome アップデート バージョン48

今回のSafariクラッシュ問題が関係あるのかは不明ですが、1月27日にGoogle Chromeがアップデートされました。ただでさえ動作が速くてクラッシュなんて経験したこともないのに、今回のアップデートで、

「クラッシュ率 70%低下」

「JavaScriptの実効速度も大幅に改善」

されました。

ちなみに僕は、MacもiPhoneもブラウザはGoogle Chromeを使ってます。体感ですが、Safariと比べて早いし安定しているので、オススメですよ。

たまにSafariも使うので、ブックマークも定期的にGoogle Chromeからブックマークを読み込んで同期させてます。一瞬で終わるので簡単です。

ブラウザでお悩みの方、Safariもいいけど安定していて動作も軽いGoogle Chromeもオススメですよ。

スポンサーリンク

記事についてのご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。