最大3,000ポイント!Amazonオーディブル!
機械じゃないプロの朗読で本を楽しむ新体験!30日間無料体験受付中。12/12まで無料体験中に本を聴くと最大3,000ポイントゲット!→レビューはこちら

寝室の二酸化炭素濃度が3,000ppmオーバー!改善するためにやった、たった1つのこととは?

寝室の二酸化炭素濃度が3,000ppmオーバー!改善するためにやった、たった1つのこととは?

以前紹介した空気品質を数値化して見える化してくれる『Awair 空気品質モニタ―』。

二酸化炭素が7.3倍!? 空気品質モニター『Awair』を使って分かった仕事部屋の空気の悪さに大ショック…

購入した当初は仕事部屋に置いて使ってたんですが、どうやれば空気の質が改善するか分かってきたので、今は寝室に置いてます。

寝室では、夫婦2人と小学生の娘と息子、合計4人で寝てます。

Awairでは睡眠時の空気の質を毎日レポートしてくれる機能があるんですが、その数値を見てちょっと愕然としてしまいました

PR【3か月99円!1/4まで】Amazon Music Unlimited ディスカウントキャンペーン3か月99円で音楽聴き放題!聴きたい曲が広告なしで楽しめる。新規会員登録のみが対象です。
スポンサーリンク

睡眠中の空気の質が悪すぎる

睡眠中の空気の質 改善前と改善後
左が空気の質が悪すぎた日の睡眠レポートで、右が「あること」をやって空気の質が改善された後のレポートです。

改善前は、特に二酸化炭素の濃度が高く、レポートのアドバイスによると「二酸化炭素濃度が高いと睡眠の質を悪化させ、深く眠れなくなってしまいます。」とのこと。

改善前と後の数値を詳しく見てみると…

全体のスコア数値の比較
全体の数値を点数で表した「スコア」の数値は、改善前(左)は最低で「44.6点」、改善後は最低で「68点」と大きく改善されてます。

※スコアは、「温度」「湿度」「二酸化炭素」「化学物質」「ホコリ」の点数をトータルで表した数値で、60〜80点が標準で、100に近づくほど健康的な空気であることを表します。

各数値を見てみたとこ、点数を大きく下げているのが二酸化炭素だということが分かりました。その時の数値がこちら。


二酸化炭素の数値 改善前と改善後
左が改善前の二酸化炭素濃度で、右が改善後の数値。

まずは改善前のグラフにいて。

子どもたちが就寝するのが午後9時ごろ。それから約3時間後の0時(24時)には2179ppmという数値を記録してます

※二酸化炭素の数値は、外の空気が約400ppm前後。1,000ppmを越えると思考力・集中力が減少。2,000〜5,000ppmだと頭痛・眠気・倦怠感、注意力散漫、心拍数の増加、吐き気の発生の恐れがあります。

僕が就寝するのが0時過ぎで、寒くない時は、就寝時に締め切られた部屋のドアをちょっと開けて寝るようにしてます。そのため徐々に数値が下がり、7時すぎの起床でドアと窓を開けるので一気に二酸化炭素濃度が431ppmまで下がってます。

それが改善後(右)には、最高でも1000ppmちょっとまでしか上昇しなくなりました。ドアの窓は締め切ったままです。


上記グラフではちょっとデータが少なすぎなので、別の日のデータも載せてみました。

改善前のデータがこちら。

改善前の二酸化炭素の濃度推移
子どもたちが寝る午後9時ごろから上昇して、妻が起きる5時頃がピークになってます。酷い時は3,000ppmを超える日もありました

5時頃から徐々にみんなが起き始めてドアの開閉をするため、そこから徐々に数値は減少。みんなが起きて窓もドアも全開で開ける7時過ぎから一気に数値は400ppmに下がってます。


これが改善されると…

改善後の二酸化炭素の濃度推移
改善前は最高で3,000ppmにも達してた二酸化炭素が、なんと1,500ppmを超えなくなりました!

これはかなり大きな進歩です。

このおかげだとは思いますが、以前は寝起時に頭が痛くなることがしょっちゅうあったんですが、最近ではその頻度がものすごく減りました

寝起きもすっきりして、熟睡できているなと感じることができてます。

二酸化炭素の濃度を低くするためにやった、たった1つのこと

仕事部屋の時にも二酸化炭素には悩まされました。エアコンをつけると二酸化炭素の濃度がバーっと急上昇するんです。

これを解決するためにやったのが、部屋の窓をちょっと開けること。ほんの2、3cmでも窓を開けるだけで、二酸化炭素を含め空気の質は大きく改善します。

寝室の場合も、それと同じように窓やドアをちょっと開ければ改善できるのは分かってるんですが、寒い冬だと開けた隙間から冷たい風が入ってくる…。

どうしようかなと思って、ふと思い出したのがこれ。

寝室横のクローゼットにある24時間換気
寝室にあるウォークインクローゼットの中についてる24時間換気です。

引っ越した当初はしばらく使ってたんですが、ちょっと音がうるさかったのですぐに止めてました。

もしかしたら、これをオンにしたらいいんじゃないかと思ってやってみたら、上記のように数値が大幅に改善しました!

引っ越してからかれこれ10年ほど経ちますが、その間どんだけ二酸化炭素とか化学物質とかホコリを吸い込んでしまったのか、考えたらちょっとゾッとしました。

これから寒くて部屋を締め切ることが多いですが、24時間換気があるところは是非つけることをおすすめします。

ただ、24時間ずーっと稼働してるのですぐにホコリが溜まりがち。定期的にチェックして掃除するのは必須です。

まとめ

空気品質をモニターしてくれるAwair。

これがなかったらこれからも空気の質が悪い寝室で、ずーっと過ごすところでした。

二酸化炭素濃度はもう気にならないレベルまで下がったんですが、冬になって毛布や羽毛布団を使うようになり、化学物質やホコリが気になるようになってきました。

多分、布団についてるホコリやダニの死骸などが影響しているっぽい。

ただ、うちには布団のホコリを吸ってくれるような立派な掃除機がないので、今度はいい掃除機を買って布団も掃除してみようかなと考えてます。

また面白い結果が出たらブログで紹介しますね。よかったらブックマークやTwitterのフォローもお願いします。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEGLOG(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。