最大3,000ポイント!Amazonオーディブル!
機械じゃないプロの朗読で本を楽しむ新体験!30日間無料体験受付中。12/12まで無料体験中に本を聴くと最大3,000ポイントゲット!→レビューはこちら

10年で10万円以上も節約!? 60形100V用のミニクリプトン球を消費電力7.7wのLED電球に変えてみた。

60形100V用のミニクリプトン球を同形のLEDに変えてみた!安くなったのでダウンライトLED化計画進行中

我が家には全部で21個のダウンライトがあります。

そのうちの12個が60形100V用のミニクリプトン球(白熱電球)を使ってます。電球色の暖かいオレンジ色が疲れた時に癒してくれるのですごく気に入ってます。

それ以外の電球はパルックボール(電球形蛍光灯)が7つ、LEDが2つという構成です。

LEDはまだ高い。100形26口金パナソニックのパルックボール『EFD25EL/20H』の代替品は20Eに決めた

60W形相当のLED電球が1年で1,000円以上も値下がり。不点灯でも5年保証。自宅のLED化が進行中!

本当は電気代が安くて長寿命のLEDに全部変えたいところですが、まだまだ価格が高い…。

と思ってたら、ミニクリプトン球の代わりになるLED『アイリスオーヤマ LED電球 口金直径17mm 60W形相当 電球色 広配光タイプ』が7月末から約1,000円ほどガクンと値下がりしてました。

スポンサーリンク

ミニクリプトン球をアイリスオーヤマのLED電球に!

ダイニングの上にある3つのダウンライト
というわけで、まずはダイニングにある3つのダウンライトのうち2つをLED電球に変えてみることにしました。

アイリスオーヤマの60形LED電球
今回購入したのがアイリスオーヤマの『口金直径17mm 60W形相当 電球色 広配光タイプ 密閉形器具対応 LDA8L-G-E17-6T4』。1個、2個、6個のセットがありますが、2個セットが一番お得だったのでまずはこれを買ってみました。


アイリスオーヤマのLED電球は5年保証
アイリスオーヤマのLED電球は5年保証です。購入日から5年以内に故障が発生したら無料で修理してくれます。

ただし、この製品の箱が保証の代わりになるのでこれとレシート(領収書)を保管しておきます。


60形相当のLED電球が2個入ってます
60形相当のLED電球が2個入ってます。広配光タイプで白熱電球のような光が広がるタイプ(約220°)です。色は電球色のほかに昼白色もあります。


ミニクリプトン球と大きさ比較
LEDの全長は74mmで外径は38mm。一方のミニクリプトン球は全長67mmで外径は35mm。LEDの方が7mm長いです。


LED電球をダウンライトに設置
ダウンライトの照明にLED電球を設置してみました。なんの違和感もなくソケットに装着できました。


設置した電球の比較
左がミニクリプトン球。右がLED電球。一回り大きくなった感じですね。特に違和感はありません。


明るさ比較
点灯してみると十分すぎる明るさで大満足!

ミニクリプトン球の明るさは810ルーメンで、LED電球は760ルーメンです。数値上はちょっとだけミニクリプトンの方が明るいはずですが、ほとんど同じぐらいの明るさに感じました

LED電球なら消費電力は54w→7.7w!寿命は20倍に!

LED電球に変えるメリットは長寿命と消費電力の低さです。


ミニクリプトン球の定格寿命と消費電力
ミニクリプトン球の定格寿命は2,000時間で消費電力は54w。

1kWhあたりの電気代を27円として計算すると、1時間の電気代は1.46円です。

2018年8月末の価格は2個入りで340円(最新価格はこちら)。


LED電球の定格寿命と消費電力
一方のLEDの定格寿命は40,000時間で消費電力は7.7w。

1kWhあたりの電気代を27円として計算すると、1時間の電気代は0.21円です。

2018年8月末の価格は2個入りで1,452円(最新価格はこちら)。


計算。

定格寿命はLED電球が20倍長持ちします。ミニクリプトン球2個を40,000時間使う場合、340円(2個入り)×20個で6,800円が必要になります。

つまり、今回ミニクリプトン球2個をLED電球に切り替えたことで、6,800円-1,452円=5,348円の節約ということになりました。

また、電気代ではミニクリプトン球1個を40,000時間使った場合、1.46円×40,000時間=58,400円の電気代が必要です。LED電球は0.21円×40,000時間=8,400円の電気代。

つまり、LED電球1個で58,400円-8,400円=50,000円の節約ということになります。LED電球2個だと100,000円の節約になります。

結論!今回2個のミニクリプトン球をLED電球に変えたことで、合計105,348円の節約になりました。残り10個も全部替えたら632,088円の節約になります。

とまぁ、計算上はものすごい結果になりましたが、実際はもっと節約幅は小さくなると思います。40,000時間というと約4年半ですが、ずーっと付けっぱなしにしてるわけじゃありません。


仮に1日2時間点灯で10年持つと考えると…

1日1個の節約効果は、2時間×1.46円 - 2時間×0.21円 = 2.5円
1日12個の節約効果は、2.5円×12個 = 30円。
これを10年で計算すると、365日×10年×30 = 109,500円。

白熱電球12個を全部LED電球に替えたら、10年で109,500円の節約になります。この数値は十分実現可能な数字です。

あとはアイリスオーヤマのLED電球の寿命がどれだけ伸びるか、ですね。

電球型蛍光灯からLED電球だとそこまで大きな節約効果はありませんが、ミニクリプトン球のような消費電力の大きい白熱電球だとより節約効果が見込めます。

1日に何時間も点灯させてる白熱電球があるなら、早めにLEDに切り替えることをオススメします。

うちも残り10個のミニクリプトン球を早めにLED電球に切り替える予定です。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEGLOG(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。