31日間無料キャンペーン中!FODプレミアム
フジテレビの人気ドラマを一気に見直し!最新ドラマも過去作品も独占配信満載。8の付く日合計で月額以上のポイントゲット!→ レビュー記事はこちら

Fireタブレットの画面をスリープさせない方法

Fireタブレットの画面をスリープさせない方法

2016年8月に購入したFireタブレット(2015年モデル)。SDカードで大化けしてからは(→ Fire(ファイヤー)タブレットがSDカードで大化け!プライムビデオやKindle本をダウンロードしまくれる!)、遠出するときに映画をダウンロードして楽しむようになりました。特に子供が車の中で退屈しなくなったのがいい。

外出時以外は、机の上に置いてGoogle Analyticsでリアルタイムのアクセスログを見るために使ってます。ただ、Fireタブレットの標準機能だと30分までしか画面を表示できないので、開発者オプションで画面スリープしないように設定してます。

スポンサーリンク

Fireタブレット 画面スリープ設定

標準の設定だと、ディスプレイがスリープするまでの時間は30分以上に設定できません。

Fireタブレット ディスプレイの画面スリープ設定
「設定」→「ディスプレイ」→「画面スリープ」の内容。15秒から30分まで細かく設定が可能ですが、30分以上には設定できなくなってます。

これを画面がスリープしないように設定するには、「開発者オプション」を使います。


端末オプション
「設定」→「端末オプション」にある、「開発者オプション」をタップします。「開発者オプション」がない場合は、「シリアル番号」を数回タップすれば表示されます。


開発者オプションでスリープモードにしない
開発者オプションでは、いろんな設定を変更可能。今回は「スリープモードにしない」をオンにします。これで、充電している最中は画面がスリープしないようになりました。

これをオンにしても、上記画面スリープ設定画面には変化はありません。「しない」という項目が増えるわけじゃありませんので勘違いしないように。あくまで、充電中のみスリープしないようになるだけです。

近くにコンセントがない場合は、モバイルバッテリーを使えば外でもスリープせずに使えます。お試しを。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEGLOG(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。