たった10分で設定完了。Amazonのアカウント乗っ取り被害を防ぐ、2段階認証の設定方法

当サイトのリンクには一部プロモーションを含みますが、一切その影響は受けず、公正・中立な立場で制作しております。

Amazonのアカウント乗っ取り被害を防ぐ、2段階認証の設定方法
もうやった?Amazonアカウント乗っ取り被害が増えてるので2段階認証の設定をしておきました。
ここ最近、Amazonのアカウントが乗っ取られ、マーケットプレイスで身に覚えのない商品を勝手に出品される被害が増えてます。突然、見ず知らずの人から「商品が届かない」「金返せ!」などクレームが殺到し、その時点で乗っ取られたことに気づくというパターンですね。完全に詐欺業者に利用されてます。
対策としては、パスワードを複雑なものに変える方法もありますが、これが意外と面倒。複雑なものにすればするほど自分でも思い出せなくなるし、管理もわずらわしいです。そんな時に便利なのが2段階認証
サインインする際にパスワードに加えて、いつも使ってるスマホに送られるセキュリティコードを利用することで、よりセキュリティを高め、乗っ取られる可能性が限りなく少なくなる設定です。Apple IDやGoogleアカウントはもうやってたんですが、Amazonがまだだったので、この際やっておきました。

Amazonアカウント 2段階認証の設定方法

まず、Amazonで「アカウントサービス」→「ログインとセキュリティ」→「高度なセキュリティ設定」にアクセスします。
Amazon 高度なセキュリティ設定
2段階認証の仕組みや必要なものを確認したら、「設定を開始」をクリック。
Amazon 2段階認証 第一手段を選択
Amazonの2段階認証には、第一手段とバックアップ手段という2つの手段があります。第一手段が利用できない場合に、バックアップ手段を使ってサインインできるようにするものです。
まず、第一手段を選択します。「テキストメッセージ(SMS)」か「認証アプリ」を選択します。
僕は第一手段を「テキストメッセージ(SMS)」にしておきました。認証アプリはバックアップ手段として使うようにしました。
利用するスマホの電話番号を入力し「コードを送信」をクリック。しばらくするとスマホのメッセージにAmazonセキュリティコードが届きます。上記画面でそのコードを入力し「次に進む」をクリック。
Amazon 2段階認証 バックアップ手段を追加
次にバックアップ手段を追加します。
試しに「電話番号」で第一手段で入力したiPhoneの電話番号を入力してみたら「この電話番号は第一手段に設定済みです。バックアップ用に異なる電話番号を入力してください」と表示されました。やっぱりダメでした。
ほかにSMSが受けられる番号がなかったので、素直に「設定アプリ」をクリックします。
Amazon 2段階認証 バックアップ手段を追加 認証アプリ
認証アプリはApp Storeからダウンロードしました。App Storeで「認証アプリ」で検索すると、「Google Authenticator」や「Microsoft Authenticator」が出てきます。どちらでもいいんですが、今回は「Google Authenticator」をダウンロードしてみました。
Google AuthenticatorでAmazonアカウントを認証
「Google Authenticator」を起動し、画面下の「設定を開始」をタップ。
すると、画面下に「バーコードをスキャン」「手動で入力」が出てくるので、「バーコードをスキャン」をタップ。カメラへのアクセスを許可し、上記AmazonのQRコードを読み込むと番号が表示されるので、それを2段階認証の設定画面に入力し、「次へ進む」をクリックします。
Amazon 2段階認証 設定前の最終確認
2段階認証の最終確認です。
サインイン画面でコードの入力欄が表示されない場合をちゃんと確認し、「2段階認証を設定」をクリック。「現在の環境でサインインする場合はコードを不要にする」のチェックを入れておくと便利です。あとで設定も可能。
Amazon 2段階認証 設定完了
これで2段階認証が有効になりました。
認証アプリのダウンロードも含め、10分ほどで設定できました。
アカウントを乗っ取られ、どうしようと焦ったり、不安になったり、Amazonに連絡して面倒な手続きをやる、という不毛な時間のことを考えると、ほんの一瞬ですみます。
アカウント乗っ取りによる詐欺被害の拡大を抑えるためにも、まだやってない方はぜひ!
Amazonを良く使うご年配の方にも教えてあげると喜ばれると思います。

コメントを残す