聴き放題 4ヶ月無料!
9,000万曲以上が聴き放題のAmazon Music Unlimitedが期間限定で4ヶ月無料!7/13まで
読み放題 3ヶ月99円!
200万冊以上が読み放題のKindle Unlimitedが期間限定で3ヶ月2,940円→99円!7/13まで

macOS Sierra でピクチャインピクチャする方法

macOS Sierra でピクチャインピクチャする方法

ピクチャ イン ピクチャ(Picture in Picture)でMacでもながらビデオが簡単に!

macOS Sierraに新しく搭載された「ピクチャ イン ピクチャ(Picture in Picture)」。動画のみを小さなウィンドウに表示させて、常に最前面に表示できる機能です。作業しながら動画を常にチェックしたい人には最高の機能ですね。僕も見逃したドラマをTverで見たり、YouTubeでミュージックビデオを流しながら仕事するときに使ってます。

ただ、やり方がわからないという声をちらほら聞くので、ピクチャインピクチャの方法をまとめてみました。

PR【プライム会員お得情報】Amazon Music Unlimitedが4ヶ月無料Kindle Unlimitedが3ヶ月99円。 リンク先でお得情報が表示されてる方のみの期間限定キャンペーンです!試すなら今!7/13まで
スポンサーリンク

ピクチャインピクチャの動作環境

ピクチャインピクチャ(PinP)の動作環境は以下の通り。

  • macOS Sierra
  • Safari Version 10以降(今回動作確認したのは10.0.1)

PinPするには、動画の上で右クリックするだけ

macOS SierraでPinPするのはとても簡単。Safariで再生している動画の上で右クリックするだけです。

ただし、基本的にHTML5の動画コンテンツにしか対応していないので、Flashベースの動画サービス(ニコニコ動画やAbemaTVなどは今のところ未対応)ではPinP機能を使うことはできません。

それでは早速、YouTubeでやってみます。

YouTubeで動画を右クリック
YouTubeで動画を再生させて、右クリックすると、こんなメニューが表示されます。

これは、YouTubeのメニューなのでこのまま気にせずにもう一度右クリックします。


YouTube もう一度右クリックする
すると、今度はSafariのメニューが表示されます。PinPするには「ピクチャ・イン・ピクチャにする」をクリックします。

すると、動画だけのウィンドウがポヨっと飛び出して、最前面に表示されます。

「やり方が分からない」という方のほとんどは、このYouTubeの2回右クリックが原因かと。今後の仕様変更で、改善されるかもしれませんが、今のところYouTubeは2回右クリックと覚えておけばOKです。

見逃したテレビ番組を無料で見られるTverでも簡単PinP

テレビドラマを見逃したときにお世話になっているのがTver(ティーバー)

早速、TBSの火曜ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』をPinPで見てみました。

※2021年11月14日追記:macOS Big SurではTverでPinPは使えなくなってました。

TverでPinP
Tverでは、YouTubeのように2回クリックする必要はありません。ちゃんと右クリック1回で「ピクチャ・イン・ピクチャにする」が表示されます。


ドラマをPinP
動画が出てきてPinPされました。


このビデオはピクチャ・イン・ピクチャで再生中です
PinP中は、元々あったSafariのウィンドウには「このビデオはピクチャ・イン・ピクチャで再生中です」と表示され、動画が抜けて空っぽの状態になってます。


PinPの大きさは変えられる
PinPのウィンドウは、標準だと横幅はディスプレイの約4分の1の大きさほど。拡大縮小が可能で、最大だとディスプレイの半分ぐらいまで大きくできます。まぁ、あまり大きくしすぎると、"ながら見"じゃなくなるし、ディスプレイが占領されるので他の作業はできなくなりますね。

まとめ

PinPにすると、「一時停止」「閉じる」「ウィンドウにPinPを戻す」という操作しかできなくなります。できれば早送りや巻き戻しもできたら便利だったのになと。

あと、流す動画によっては、内容が気になって作業の手が止まってしまうので、動画の選定は大事かも。

ライブカメラとかも今後対応してくれれば便利でしょうね。

スポンサーリンク

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

この記事をシェアする

関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。

● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらから。

twitterでの情報発信、YouTubeで動画レビューも公開してます。チャンネル登録もよろしく!