最大3,000ポイント!Amazonオーディブル!
機械じゃないプロの朗読で本を楽しむ新体験!30日間無料体験受付中。12/12まで無料体験中に本を聴くと最大3,000ポイントゲット!→レビューはこちら

5分前行動!Apple Watchの時間を進める方法

Apple Watchの時間を進める方法

Apple Watchは基本的にほとんど時間が狂わない時計です。Wi-FiやBluetoothなどの通信機能を利用して時間が狂わないように、常に正確な時間と同期するようになっています。

今回は、そんな狂わないApple Watchの時間を進める方法をご紹介。

PR【3か月99円!1/4まで】Amazon Music Unlimited ディスカウントキャンペーン3か月99円で音楽聴き放題!聴きたい曲が広告なしで楽しめる。新規会員登録のみが対象です。
スポンサーリンク

多分このエントリー読んでる人は、「人を待たせちゃいけない」「5分前行動を心がけている」偉い人だとお思います。または、「最近遅刻が多いからもう遅れられない!」なんて方もいらっしゃるかも。

Apple Watchでも、通常のアナログ時計のように時間を簡単に進めることは可能です。逆に、遅らせることはできません(わざと遅らせてる人はいないと思います...)。

Apple Watch の時間を進める方法

実はこれ、アップルもちゃんとそういう使い方を想定して、設定項目を設けてくれてます。

設定から時計を選択

まずは、「設定」アプリを開き、「時間」をタップ。


文字盤の表示時間を進める

「文字盤の表示時間を進める」をタップし、進めたい分数を設定します。「+1」から、


+59分まで進めることが可能

「+59」分まで進めることができます。

「5分前行動」を心がけているのなら、「+5」に設定しましょう!


アナログ時計なら簡単に進められますが、デジタル時計になると以外と面倒なこの設定。Apple Watchはかなり簡単な方法で進められますので、遅刻したくないっ!人を待たせたくないっ!って行く方は是非やってみてください。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEGLOG(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。