アプリを開かずに内容を確認できるクイックルックが使いやすくなった

Macの便利機能 クイックルック

Snow Leopardから搭載されたクイックルック。

アプリケーションを起動せずにファイルの内容を確認できるので、いまや欠かすことができない機能です。

Finder上でファイルを選択し、スペースキーを押すだけですぐにファイルの内容を確認できるのですごく便利です。

OS X Lionになってから、このクイックルックがもっと使いやすくなってます。

スポンサーリンク

新しく追加されたアプリで開くボタン

クイックルック説明画像1

ファイルアイコンを選択し、スペースキーを押すとクイックルックのウィンドウが表示されます。

赤枠の部分、デフォルトで設定しているアプリで開くことができるボタンが追加されてます。

右クリックでアプリを選択できる

クイックルック説明画像2

そのボタンを右クリックすると、アプリの選択メニューが表示されます。

デフォルトで設定しているアプリ以外でファイルを開く場合は、この中から選択すればOKです。

Snow Leopardの場合と比べると、格段に操作性が上がりました。

消えないクイックルックウィンドウ

Snow Leopardの場合は、クイックルックウィンドウはFinderが前面の時だけ表示されていましたが、Lionになってから他のアプリを選択しても消えなくなりました

他のファイルと内容を比較したり、クイックルックウィンドウを参照しながら他のアプリで作業するなど、より効率的に作業ができるようになりました。

細かいことですが、こういった使い勝手が向上しているのはユーザーにとってうれしいことですね。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。

● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらから。

twitterでの情報発信、YouTubeで動画レビューも公開してます。チャンネル登録もよろしく!