読み放題 2ヶ月299円!
200万冊以上が読み放題のKindle Unlimitedが期間限定で2か月1,960円→299円!

ブルーレイ/DVDレコーダー選び【ディーガ パナソニック編】

滝川クリステルが「ディーガですよ。」と言っている。パナソニックのブルーレイ/DVDレコーダーは4番組同時録画。

いよいよテレビのアナログ放送が2011年7月24日に終了します。

自宅のテレビは地デジ化が随分前に終わっていたんですが、
唯一、DVDレコーダーだけが取り残されている状況です。

というのも、うちにあるDVDレコーダーは、

スポンサーリンク

スゴ録 RDR-HX8

7年前に購入したソニーのスゴ録 RDR-HX8です。
当時は7万円ぐらいで買ったのかな、HDD容量は160GB。

ソニータイマーの憂き目にも遭わず、現在も現役バリバリで録画しまくる愛すべき相棒です。まぁ、アナログだけですが。こいつもそろそろ引退の時期が近づいてきたので、3月の決算時期に買い換えることを想定して、新しいブルーレイ/DVDレコーダーを物色し始めました。


前置きが長くなりましたが、まずはパナソニックからメモとして特徴をまとめておきます。

パナソニック ブルーレイ/DVDレコーダーの特徴

パナソニック ブルーレイ/DVDレコーダー

ブルーレイ/DVDレコーダー DIGA(ディーガ) | Panasonic

パナソニックのサイトを見れば特徴は一目瞭然ですね。
最大の特徴は、

4番組同時録画

です。

滝川クリステルが「(4番組同時録画だから)家族で楽しむなら、ディーガですよ。」とニコニコしてます。

4番組同時録画とは?

ディーガ本体にデジタルチューナーを3つ搭載。録りたい番組が重なっても、ディーガと「スカパー!HD」との組み合わせで、最大4番組の同時録画が可能。

カタログには4番組同時録画だけでなく、3番組、2番組、1番組録画の機種が見やすくまとめられています。

対応機種:BZT900/BZT800/BZT700/BZT600

W15倍長時間録画

番組が重なっても高画質のまま長時間で取れるW15倍長時間録画。なにが15倍かというと、ハイビジョン映像(約24Mbps)をDRモードで録画した場合と、HZモード(約1.6Mbps)で録画した場合の比較です。

ディーガ独自の高品位映像圧縮技術で、ハイビジョン長時間録画がさらに進化しているとのこと。動きの大きいスポーツなどの映像は、激しい動きの時により起こりやすいノイズを低減、 動きの小さい風景などの映像は、つぶれてしまいがちな細部のディテールを再現し精細感を向上しています。

対応機種:BZT900/BZT800/BZT700/BZT600/BWT500

パッ!と約1秒で番組表を表示

ディーガの電源がオフの状態でも「番組表」ボタンを押すだけで、約1秒で番組表を表示。番組予約がパッ!と約1秒ですばやくできます。

対応機種:BZT900/BZT800/BZT700/BZT600/BWT500/BRT300/BR30

無線LAN内蔵

ワイヤレス接続機能はAOSSとWPSに対応しているので、無線LANブロードバンドルーターとの設定も簡単にできます。無線時代にはあって欲しい機能。

対応機種:BZT900/BZT800/BZT700

欲しいもので条件を絞る

さて、大きな特徴は上記の通りですが、他にもビエラリンクやSkype対応、アクトビラ・YouTube視聴、年間の電気代約560〜770円、ブルーレイ3D再生対応、3D奥行きコントローラーなどなど、機能が盛りだくさんなので、自分が必要としている機能で絞り込みます。

そうでもしないとどれを選んで良いか分かりません。

■必須条件

・4番組同時録画
・W15倍長時間録画
・無線LAN内蔵
・HDD500GB以上

というわけで、これらの条件を満たしている以下の3機種に絞られました。
BZT900/BZT800/BZT700

最後にコストパフォーマンスを考えて・・・

上記3機種の中で、最もコストパフォーマンスが良いのは、
HDD容量1TBのBZT700ですね。

価格コムの最安値では約10万3千円となっています。

というわけで、個人的に選んだパナソニックのレコーダーはBZT700に決定です。


いやぁ、それにしても最近のブルーレイ/DVDレコーダーの進化はスゴイですね。まだ1メーカーしか見ていないのに、結構お腹いっぱいな状態です。

続きは後日、次はソニー編をお送りする予定です。


■追記:2011年2月16日

ブルーレイ/DVDレコーダー選び、ソニー編を書きました。
ブルーレイ/DVDレコーダー選び【ソニー編】

前回のパナソニック編でお腹がいっぱいになったので、第2弾を書くかどうか迷ったんですが、ちょっとアクセスがあったこともあり、初志貫徹ということで今回のソニー編、あとは東芝編ぐらいまで書いてみようかと思います。
スポンサーリンク

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

この記事をシェアする

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。

● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらから。

twitterでの情報発信、YouTubeで動画レビューも公開してます。チャンネル登録もよろしく!