明るい!ブレない!レンズ2本目 Ai AF Nikkor 35mm F2D購入 レビュー

当サイトのリンクには一部プロモーションを含みますが、一切その影響は受けず、公正・中立な立場で制作しております。

レンズ2本目 Ai AF Nikkor 35mm F2D購入!
とうとう買いました!Ai AF Nikkor 35mm F2D。
D50のキットレンズが1本目なので2本目のレンズになります。D50を買うまでは、ずっとコンデジを使っていたので、レンズのみを買い足す行為自体が、妙にうれしい♪


本日のお昼過ぎ、8月18日に予約していたカメラのキタムラより商品が届いたとの連絡があったんで、さっそく取りに行ってきました。(→ カメラのキタムラ ネットショップはこちら)
税込みで33,800円。
店員さんにプロテクターフィルターも一緒に薦められたものの、これまでキットレンズをフィルターなしで使っていたので、とりあえず保留。その後、店内をうろうろしてD80やソニーのαなんかを触ってきました。D80、いい感じだったなぁ。展示されていたのは、18-135mmのレンズキットだったんだけど、135mmって結構寄れるもんですね。ボディも大きさはほとんどD50と変わらないくらいコンパクトでいい感じ。
ちょっと気持が揺らぎましたが、まだまだ初心者の域を抜け切れていない自分にはD50で十分。というわけで、早速帰って35mmを開封してみました。

Ai AF Nikkor 35mm F2D 開封と試写

Ai AF Nikkor 35mm F2D 外箱
これが外箱です。
Ai AF Nikkor 35mm F2D 箱の中身
開封した中には、発泡スチロールにくるまれたレンズと、使用説明書、サポートセンターのお知らせなんかが入ってました。
Ai AF Nikkor 35mm F2Dの横
Ai AF Nikkor 35mm F2Dの横。
Ai AF Nikkor 35mm F2Dのレンズ
Ai AF Nikkor 35mm F2Dのレンズ。
Ai AF Nikkor 35mm F2Dで試し撮り
で、これがAi AF Nikkor 35mm F2Dでの試し撮りです。
やっぱりF値2.0はスゴイ明るいです。キットレンズを装着して室内で撮影した場合、光量によってはシャッタースピードが遅くて結構ブレることが多かったんだけど、このレンズだとブレる確率がかなり低くなりました。
子供がまだ4ヶ月と小さいんで、室内での撮影が主な今の時期にはピッタリのレンズです。被写界深度の浅い、ボケボケな写真も撮れそうでかなり今から楽しみになってきました。
いや〜、フォーカス時のレンズ音がたまらなく気持ちよい!ただ、単焦点のため対象物に近づいて撮影することが多くなりそうなので、フィルターは買った方がよさそうな気がします。早速今度買いに行くかな。

PR:カメラのキタムラ お世話になってます

カメラユーザーで知らない人はいないショップが「マップカメラ」と「カメラのキタムラ ネットショップ」。カメラやレンズで欲しいものがあった場合に必ずチェックするお店です。

両方とも価格や品揃えがしっかりしてるのでよく利用するんですが、中古品で手元でチェックしたい商品の場合に特に利用してるのがキタムラです。マップカメラの場合は自宅に送られてきてそこでチェックして不具合があった場合は連絡して返送してとちょっと面倒なんですが、キタムラの場合は自宅配送か店舗配送を選べるので、店舗配送の場合はお店でチェックして不具合があれば購入しないという判断もできるんです。

20年以上前のキヤノンのサンニッパ1型を買った時も店舗受け取りでその場でチェックして購入しました。マップカメラ、キタムラ、ともに中古品の整備はしっかりしてくれてますが万が一ということがあるので、中古品は手元でチェックして買いたい!という方にはキタムラがおすすめです。

PR:買う前にサブスクで試す

今回紹介したアイテムが気になった方で…

  • レンズやカメラが欲しいけど、買う前にまずは実際に使って納得して購入したい
  • 今週末撮影があるから買わずにレンタルで済ませたい
  • いろんな機材をとにかく試してみたい

そんな人におすすめなのが、カメラのサブスクリプションサービスです。

レンタルとサブスクの違いは、レンタルは機材を借りる毎に期間と料金が決まってますが、サブスクは月額料金を支払うことで何度でも交換して使い放題。(配送に日数がかかったり、梱包料金など別途料金が発生することもありますので、無制限で借り放題できるわけではありません。)

有名なサブスクサービスとしては、

の2つが有名で、用意されてるカメラやレンズなどの種類も豊富です。それぞれ機材の価格に応じてサブスクの月額料金が異なります。CAMERA RENTの方が価格は低めですが、機材の種類はGooPassの方が数が多いです。

まずは、ご自分が使いたい機種があるかどうかチェックしてみてください。

コメントを残す