macOS Sierraでピープル(People)を結合する方法 同じ人の写真がバラバラになった時の対処法はコレ

  • 更新:
  • 公開:2016.10. 5
  • by
  • カテゴリ:Macの使い方

macOS Sierra 写真アプリのピープル(People)で結合する方法

分かりにくかったので、macOS Sierra 写真アプリ「ピープル」の結合方法をまとめてみました。

サブマシンのMacBook Airに続き、メインで使ってるiMacにもmacOS Sierraをインストールしました。まだSiriとの連携プレイには慣れてませんが今のところ普通に使えてます。特に写真アプリの進化はiOS10をインストールしたiPhoneでも実感できてましたが、Sierraとは使い勝手が違ったので戸惑ってしまいました

スポンサーリンク

Sierraの写真アプリでは「ピープル」の結合方法がちょっと違う

特に戸惑ったのが写真アプリの「ピープル(People)」。これ、最初にMacやiPhoneに入っているすべての写真をスキャンして、写っている人別に分けてくれるすごく便利な機能です。

ただ、すべての写真が真正面で撮られているわけでもないので、顔の角度や年齢の経過(特に子ども)によって違う顔と判断されてしまうものも多い。そんな時は、自分で編集して同じ人を「結合」することができます。

iPhoneだと「ピープル」画面の右側にある「選択」をタップして、同じ人を簡単に結合できます。これがmacOS Sierraの写真アプリの「ピープル」には「選択」ボタンがありません。


Sierra 同じ人の写真がバラバラに
スキャン直後の「ピープル」画面。同じ人の写真がバラバラに表示されてます。同じ人をまとめたいんだけど、iPhoneのような「選択」ボタンがどこにも見当たらない。


メニューにも結合がなかったんでちょっと悩みましたが、複数選択することで解決できました。

まとめたい人をcommandキーを押しながら複数選択
まとめたい人をcommandキーを押しながら複数選択します。shiftキーだと順番に選択されてしまうので、飛び飛びで選択したい場合はcommandキーを使います。


写真アプリ ピープルで結合する
複数選択したら、右クリックして「○人を結合」をクリックします。


人を結合する
確認のダイアログが出てくるので、よければ「結合」をクリックします。

これでバラバラだった同じ人の写真を、一つにまとめることができます。

お試しください♪

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。