聴き放題 4か月無料!
1億曲以上が聴き放題のAmazon Music Unlimitedが期間限定で通常1か月無料→3か月無料に!1/11まで
読み放題 3か月99円!
200万冊以上が読み放題のKindle Unlimitedが期間限定で3か月2,940円→99円!12/1まで

シンプルが一番!Nintendo Switchでゲーム実況するために使ってる機材まとめ

Ninja V+でスプラトゥーン3を録画中
Ninja V+でスプラトゥーン3を録画中

ゲーム実況を始める最もシンプルな環境がこちら!

スプラトゥーン3が発売されてからもうすぐ1ヶ月。

発売時にスプラ2の時はどれぐらいプレイしてたのかなとSwitchを確認してみたら、なんと2,000時間もプレイしてました

多分、スプラ3も同じくらい遊ぶと思うので、せっかくならその様子をゲーム実況としてYouTubeで配信することにしました。

PR【今年最後の超大セール】Amazonブラックフライデーセール開催中! 人気商品は早い者勝ち!セール品はもちろんセール対象外でも期間中合計1万円以上のお買い物を対象に最大11%ポイント還元。11/25 0:00〜12/1 23:59まで
スポンサーリンク

ゲーム実況チャンネルはじめました!

YouTubeチャンネルはすでにありますが、ジャンルが違いすぎて視聴者層が全く違うと思うので別チャンネルとして運営することにしました。

チャンネルは2018年にゲームチャンネル用に作ったものをチャンネル名を変えて運営再開してます。

ゲーム実況チャンネル「タカノ家ゲーミングス」はこちら

スプラ好きな方はぜひチャンネル登録をお願いします!

チャンネル名は「タカノ家ゲーミングス」にしました。小学生の息子もゲーム好きなので、一緒にできればいいなと思ってます。

今はスプラ3だけですが今後はPS5が抽選当選次第、グランツーリスモ7とかFFシリーズもやる予定です。特にグランツーリスモは昔かなりやってたのでどんな進化してるのかすごく楽しみ!

ゲーム実況を続けるにはシンプルが一番!

2018年にゲーム実況を始めた時は、I-O DATA(アイオーデータ)の「HDMIキャプチャー GV-HDREC」(GV-HDRECのレビュー記事はこちら)を使ってました。

比較的簡単に録画はできたんですが環境が悪かった。

ゲームをやるためにはリビングでやるしか方法がなく、リビングには常に人がいるので、実況中の声に生活音や家族の話し声が入ってしまうんです。収録中は周りの人に静かにしてもらったり、人がいない夜にやってました。

どうしても気を使いつつやる必要があったので、途中で挫折。というか収録すること自体が面倒くさくなって更新しなくなってしまいました。あとはたまにHDMIが映ったり映らなかったりすることがあったのも続かなかった理由の一つ。

というわけで、今回は長く続けられるようにとてもシンプルで簡単にゲーム実況を収録できる環境にしてみました。

ゲーム実況のための環境と機材

ゲーム実況中の環境
ゲーム実況中の環境

まず、環境については今回から自分の部屋で収録するようにしました。

自分の部屋であれば24時間いつでも自分の好きな時に収録することができます。さらに、実況中に喋っても周りに気を使う必要もない(深夜は家族の迷惑にならないように小声にはなります)のでとても気楽です。

たまに息子と一緒に遊ぶ時にはリビングでやりますが、後述するRODEのワイヤレスピンマイクを使えば多少の環境音は入るものの、2人の音声をそれぞれ別トラックで収録することが可能です。

純正ドックの代わり「GENKI Dock」

次に機材

まず、Nintendo Switchの純正ドック代わりに使ってるのが『GENKI Dock』です。

Nintendo Switch純正ドックの代わり「GENKI Dock」
Nintendo Switch純正ドックの代わり「GENKI Dock」

最初、実況動画を収録しはじめの頃は、収録のたびにリビングにある純正ドックのケーブル類やACアダプタを外して自分の部屋に持ってきてやってたんですが、これが地味に面倒なんです。


GENKI Dockのパッケージ
GENKI Dockのパッケージ

なので、Nintendo Switchのドック代わりとしてとても人気のあるGENKI Dockを使ってます。評判の通りとてもコンパクトで使いやすいです。

GENKI Dockの後継機であるGENKI Dock Miniも数ヶ月後にAmazonで販売開始されそうなのでちょっと迷ったんですが、MiniはUSB-A端子が無くなってたので初代のGENKI Dockに決めました。

USB-A端子は、LANアダプタを接続して有線LANで使うので僕には必須なんです。


GENKI Dockの同梱物一覧
同梱物一覧。各国用のコンセントの端子とUSB-Cケーブルが付属します。


GENKI Dockの接続方法
説明書にはコバートドックと書かれてますが、これがGENKI Dockのことです。

接続方法は簡単。GENKI Dockをコンセントに接続して、その背面のUSB-C端子に付属のケーブルでNintendo Switchを接続。あとはHDMIケーブル(別売り)でGENKI Dock背面のHDMI端子と視聴するモニターをつなぐだけ。

別売りのHDMIケーブルに関しては、あまり安いものは推奨しません。最低でもフルHDの60pに対応したものが必要です。僕はホーリックのウルトラハイスピードHDMIケーブルを使ってます。8K60pまで対応してます。特にトラブルもなく快適に映してくれてます。


GENKI Dock と接続したNintendo Switch本体
GENKI Dock と接続したNintendo Switch本体

GENKI DockとNintendo SwitchはGENKI Dockに付属のUSB-Cケーブルで接続します。

必ず純正のUSB-Cケーブルを使う
USB-Cケーブルの種類はいくつもあって、ものによっては映像が映らないとか音声が出ないなどのトラブルになりますので、必ず純正のケーブルを使うようにします。

ゲーム収録は「NINJA V+」

Ninja V+でスプラトゥーン3を録画中
Switchの録画にはNinja V+を使う

そして肝心の録画にはEOS R5の外部収録モニターとして購入したNINJA V+を使います。

これならNintendo Switchのゲームを1080P(フルHD)60pでProResで収録できます。ProRes LTのサイズで収録した場合、約35分ぐらいで50GBとデータサイズは大きいですが、その分かなり綺麗に収録することができてます。

ちなみに僕はEOS R5のために8Kでも収録できるNINJA V+を使ってますが、NINJA Vでも同じように1080P60pでProResできます。

一般的にはキャプチャーボードを使ってゲーム実況を収録することが多いですが、僕の場合はすでにNINJA V+を持ってたのでこれを使ってます。

実際に僕もElgato HD60 S+を買って試してみましたが、パソコンが絶対必要になってくるのと、自分の部屋で収録する時は良いですがリビングで収録するときにノートパソコンも持って行く必要があるのでちょっと面倒でした。

その点、NINJA V+だとこの小さなモニターひとつとケーブル類を持って行くだけなので、移動と設置もすごく簡単。面倒なことがほとんどないので収録がなり楽になりました

音声収録もゲームの音と実況の音声を別トラックで収録することが可能です。

音声収録は「RODE Wireless GO II」

音声収録はRODE Wireless GO II
音声収録はRODE Wireless GO II

実況してる時の音声収録には『RODE Wireless GO II』を使ってます。

同じくらいの価格帯のDJI Micとも迷いましたが、いろんなYouTubeのレビュー見て音質が良さそうなRODEに決めました。

さらに、輸入代理店の銀一さんによると9月16日から45,100円→52,800円(銀一価格)に値上げされるということだったので急いで購入したんですが、2022年10月1日現在ではまだAmazonの在庫分が残ってるようで3万5千円ぐらいで購入可能です。


RODE Wireless GO IIをMagClip GOで洋服に取り付け
RODE Wireless GO IIの送信機はMagClip GOで洋服にマグネットで取り付けて使ってます。

このRODE Wireless GO II。YouTubeのDJI Micとの比較では、ほとんどのYouTuberさんがDJI Micをおすすめしてましたが、実際に使ってみて僕の使い方だとRODEはすごく使いやすいです。やっぱり人の意見も大事ですが、自分の環境と使い方に照らし合わさないとダメですね。

このマイクについては後日詳しくレビューしますが、パソコンのアプリで設定すれば電源オンで送信機単体に常時録音されるようにできるのがすごく良い。安心感があります。

NINJA V+自体にも音声は収録できますが、もし撮れてなかった時でもバックアップが常にあるのは良いです。

息子と2つのピンマイク(送信機)を使っても、それぞれ別トラックで収録できるのもナイスなポイントです。

専用の充電ケースが付属しないので充電はちょっと面倒ですが、個人的にはこれだけが不満なだけであとはもう神マイクの領域に達してます。音も良いし32bitフロートにも対応してるのが素晴らしい

ゲームの出力先は「LG 27インチモニター」

ゲームの映像はLGの27インチモニターに出力
ゲームの映像はLGの27インチモニターに出力

NINJA V+からのHDMIの出力先は、モニターアームで使ってる『LG 27インチモニター ディスプレイ 27UP850-W』です。

モニターアームで作業環境が大幅改善!クラムシェルモードは超快適!

NINJA V+の画面もほとんど遅延がないのでできないこともないですが、さすがにちょっとディスプレイが小さいので27インチのモニターに繋いで使ってます。

iMac Proを使ってた頃だとiMac ProはHDMIの入力に使えなかったので、その点でもMacBook Proをモニターアームでクラムシェルモードで使ってて良かったなーと感じてます。

ヘッドホンはこのLGのモニターに繋げて使ってます。Nintendo Switchのヘッドホン端子に接続するとゲーム音が収録できなくなるので注意してください。

有線LANアダプタ

BUFFALO 有線LANアダプター
BUFFALO 有線LANアダプター

うちのWi-Fi環境はルーターに近いところだと100Mbps以上は出てるんですが、実況してる部屋だと10Mbpsも出ません。

なので、スプラトゥーン3をプレイ中に頻繁に接続エラーが発生してまともにプレイでないことが多かった。

なので、『BUFFALO 有線LANアダプター LUA4-U3-AGTE-NBK』をGENKI DockのUSB-A端子に接続し、そこにLANケーブルを接速して有線LANで使うようにしました。

BUFFALO 有線LANアダプター LUA4-U3-AGTE-NBK 形状
つくりもしっかりしてて接続も安定してます。

Nintendo Switch純正ドックにも使える
Nintendo Switch純正ドックにも普通に使えます。

ゲームチャンネルに接続エラーを改善した動画もアップしてますので合わせてどうぞ。

▼ 毎日スプラ3!16日目 Wi-Fiから有線LAN接続に変えたら接続エラーが激減して快適さが爆上がり!!!

ゲーム実況を収録する時に注意すること

上記環境と機材でかなり安定&簡単にゲーム実況動画を収録できてます。

ただ、安定するまでに多少迷ったこともあったので、最後にゲーム実況するにあたって注意する点をまとめておきます。

  • ゲーム音と実況音声は別トラックで収録する
  • 実況音声にゲーム音が入らないように収録中はヘッドホンを使う
  • ヘッドホンを使う場合はNintendo Switchに挿すとゲーム音が収録できなくなるので出力先のモニターにヘッドホンを繋いで使う

ゲーム実況中は常にピンマイクが口の下にあるので、しゃべてる声だけじゃなく鼻息やため息など不要で不快な音も収録されてしまいます。

そんな場合でも音声が別トラックで収録できるので、編集時にスパッとカットできるのが超便利。

あと、注意点としてはヘッドホンを使う場合はNintendo Switchに直差ししないこと。これ、最初の頃に遭遇したトラブルで原因究明するのにちょっと時間がかかったので皆さんも注意してください。

他は特に大きなトラブルもなく、快適に収録ができてます。おそらく、これから購入予定のPS5でも同じように収録はできると思います。

これからゲーム実況を始めたい方、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。

● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらから。

twitterでの情報発信、YouTubeで動画レビューも公開してます。チャンネル登録もよろしく!