6,500万曲が99円!
音楽6,500万曲聴き放題のAmazon Music Unlimitedが期間限定で4ヶ月間たったの99円!→ 詳しくはこちら

喪服を1回約5千円で借りられる礼服レンタルを使ってみた

喪服を1回約5千円で借りられる礼服レンタルを使ってみた

急に必要になった喪服は、買うべきか借りるべきか。

急に必要になる喪服。

黒いスーツがあったなとクローゼットを確認すると、サラリーマンから独立してからほとんど着てなかったので、カビが生えてた…。

クリーニングに出しても明後日の葬式には間に合わない。

間に合ったとしてもサラリーマン時代よりも8kgほど太ったので、ズボンは間違いなく入らないし、ジャケットもキツイ。

そもそも、黒いスーツと喪服は黒色の深さが全然違う。しかも喪服の黒には光沢が一切ないので、喪服だらけの葬儀場に行くと、喪服じゃないことがバレる可能性は高い。

というわけで、買うか借りるかしないといけなかったんですが、料金・スピード、両面で優れていたレンタルにてその場をしのぐことにしました。

PR【4ヶ月99円!期間限定】Amazon音楽聴き放題が4ヶ月で99円 6,500万曲以上が聴き放題のAmazon Music Unlimitedが期間限定で4ヶ月間たったの99円!詳しくはこちら 1/6まで
スポンサーリンク

目次

  1. 喪服は購入とレンタル、どっちが安い?
  2. 「礼服レンタル.com」を選んだ理由
  3. 礼服レンタル.comで喪服をレンタルしてみた
  4. 実際に喪服を着てみた感想
  5. 今後、喪服レンタルする人へのアドバイス
  6. 喪服レンタルの返却方法
  7. まとめ

喪服は購入とレンタル、どっちが安い?

まずは購入の場合。(以下すべて、メンズの料金です。レディースなら以下のところ以外では「しまむら」などでも喪服は買えます。)

最初に思いついたのがユニクロ

喪服は販売されてませんが、黒のジャケットやパンツなどフォーマルなものも多数販売されてます。

ジャケットが5,000〜10,000円、パンツも5,000〜7,000円で購入可能。上下合わせると10,000〜17,000円ぐらいで揃えられます。

ただ、完全な喪服とは違うので、いかにブラックだとはいえ、ちょっと気になることも。


次は、青山やAOKIなどの紳士服店

さすがに専門店だけあって、礼服も豊富。喪服もより黒が深いものがたくさん販売されてます。

気になる価格は、上下セットで20,000〜50,000円とかなり幅があります。スーツの下取りなどで安くなる場合はありますが、最低でも2万円は必要になります。


意外と安かったのがAmazon

喪服 メンズ』で検索すると、たくさんの礼服がヒットします。レビューを読んでみると、喪服として購入した人もたくさんいらっしゃいました

価格帯は、7,000〜10,000円とかなりリーズナブル。

価格も安く、緊急用の喪服として十分なスペックだと思いますが、気になったのは配送。

僕は熊本県に在住なんですが、翌日には手元に届いて欲しかった。どれも、最短で翌々日に届くので今回のお葬式には間に合いませんでした。


次はレンタル(貸衣装)について。

青山では礼服のレンタルができますが、モーニングやタキシードやパーティドレスのみで、喪服は対象外。

喪服 レンタル」で検索してみると、いくつかの業者さんがヒット。

数社内容を見てみましたが、価格は上下で約5,000円前後とかなりお安め。さらに、お急ぎの人にありがたい「翌日配送」も可能です!これはかなりいい!

というわけで、価格も安くて急なお通夜や葬儀にも安心な翌日配送に対応した『礼服喪服スーツレンタル 楽天市場店(礼服レンタル.com)』を利用することにしました。

「礼服レンタル.com」を選んだ理由

まず、喪服が必要なことが判明したのが8月18日の朝。

翌日、8月19日の午後2時に喪服を着て出席しなければならない。

8月18日当日はお盆休みの最終日だったので、礼服レンタルサイトもお休みのところが多い。通常は電話問い合わせが可能な店舗も、メールのみの受付にしているところが多かった。

その中で、翌日配送が可能な複数の業者にメールで問い合わせ。

すぐに返信が返ってきたのが『礼服喪服スーツレンタル』でした。納期を確認すると、無事に翌日の午前中には届くとのことでひと安心。

そのまま『礼服喪服スーツレンタル』のサイトで自分のサイズにあった喪服を選んで注文しました。

急いでいるときに、対応が早いと安心しますからね。この対応の早さに安心感を覚えました。

礼服レンタル.comで喪服をレンタルしてみた

8月18日の午前中に注文して(16時までの注文なら当日発送OK)、翌日8月19日の11時ごろにクロネコヤマトさんが持ってきてくれました。

礼服レンタルから届いた喪服
専用のバッグにビニール袋がかぶせられた状態で送られてきました。


専用のスーツバッグ
専用のスーツバッグ。


専用スーツバッグの中身
専用バッグを開けると、A4のクリアファイルが出てきました。


一緒に送られてきた書類
納品書や注文明細、注意事項や返却方法が書かれた紙、返却時に使う白いビニール袋や送り状が入ってました。


レンタルしたものまとめ チェックリストも
レンタルしたものまとめ。チェックリストもあるので、返却時にチェックを入れて一緒に返却します。


ご利用開始日と返却方法について
レンタルの流れ(商品の到着〜返却品の発送)や、返却方法についての説明も細かく書かれてます。レンタル期間は3泊4日です。

とても分かりやすく書かれてるので、迷うこともありませんでした。


専用スーツバッグの中身
専用スーツバッグの中身。


左上のポケットにはネクタイが入ってました
左上のポケットにはネクタイが入ってました。

今回はシングル3点セットだったのでネクタイだけですが、そのほかふくさと数珠・靴・シャツなどもレンタル可能。


いたって普通の喪服です
喪服の上下。いたって普通の喪服でした。

レンタルものなのでにおいがどうなのか気になってましたが、クリーニング仕立てのような香りで、全く問題ありませんでした。


専用バッグに入ってたので、若干シワがありました
専用バッグに入ってたので、若干シワがありましたが許容範囲です。


ジャケットの裏地と内ポケット
ジャケットの裏地と内ポケット。普通のスーツですね。


レンタルした喪服のパンツ
喪服のパンツ。

家にあるサラリーマン時代のスーツは、ジャケットはなんとか入るものの、パンツはウエストがもう完全に無理でした。ゆったりパンツはありがたい。


アジャスター付きで若干のサイズ違いでもOK
アジャスター付きなので若干のサイズ違いでもOK。


夏用なので風を通しやすい素材
夏用なので風を通しやすい素材のものを借りました。

今回レンタルしたのは『シングルタイプの男性用ゆったり体型の喪服・礼服 [BB体]』。税込4,800円ですが、万が一汚れたり破けたりした時に修繕費用やクリーニング代が請求されないように「保障パック(500円)」も付けたので税込5,300円でした。

実際に喪服を着てみた感想

届いてすぐ着てみたんですが、サイズがちょっと大きかった。

これは僕の選択ミスだったんですが、身長171cmで太めな体型のため、175cmまで対応の「BB6」にしたんですが、肩幅がちょっと余ってたのと、パンツがちょっとだけ長かったです。

僕の身長なら「BB5」がベストだったみたいです。

そのほかはなんの問題のなし。喪服といっても、スーツと同じ着心地でした。

ウエストもパンツのアジャスターがあったので、まだまだ余裕がありました。お腹が圧迫されないスーツはラクですね

今後、喪服レンタルする人へのアドバイス

喪服レンタルをお考えの方は、サイズをしっかり確認するようにしてください。

自宅に自分のスーツがあるなら、そのサイズを測ってレンタルするものとの大きさを比較すると間違う可能性は減ると思います。

商品ページには、上衣サイズ表とパンツサイズ表があります。肩巾、袖丈、衣丈、上り、胴囲、股上、股下、渡り巾、裾巾、など細かな寸法が書かれてるので、じっくり測って間違えがないようにしてください。

喪服レンタルの返却方法

返却方法も簡単でした。

喪服レンタルの返却方法
専用スーツバッグに送られてきた状態と同じようにして、ジャケット・パンツを入れます。


ネクタイも同じところに入れる
ネクタイも同じところに入れます。


チェックシートに記入して入れる
最後に、チェックシートの右側に忘れ物がないかチェックを入れて確認。

さらに、汚れや破損の有無を確認して「有・無」どちらかに丸をして、この紙も同梱しました。

万が一、汚れや破損が発生した場合は、事前に連絡しておくと安心です。


白いビニールに入れて、送り状を貼って集荷の依頼をして完了
白いビニールに入れて、送り状を貼って集荷の依頼をして完了です。

返却方法については、YouTubeに説明動画もアップされてたので合わせてどうぞ。

▼ レンタル礼服の返却方法について

まとめ

礼服、特に喪服はいつ必要になるのか分かりません。

かといって、購入して手元に置いておくと湿気やカビ対策をしなきゃいけないし、もし体重が増減すると着られなくなることもあります。

必要な時まで多少時間があるならAmazonで安いものを買っておけばいいですが、保管・管理はしなきゃいけないし、体重増減のリスクもある。

そういうことを考えると、喪服はレンタルが一番コストとリスクが低いです。

実際、スーツの質も普通。色も真っ黒なので、サイズさえきちんと計測して発注できれば完璧でした。

今回は、とてもスピーディに対応してくれたので、本当に助かりました。

礼服、特に喪服を買おうか・借りようか、お悩みの方には断然レンタルをオススメします。

礼服喪服スーツレンタル(礼服レンタル.com)

スポンサーリンク

記事についてのご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。