本を聴く!新体験のAmazonオーディブルを無料体験!
機械じゃないプロの朗読で本を楽しむ。速度調整が便利です!30日間無料体験受付中。レビューはこちら

あなたのMacは大丈夫?macOS Mojaveのシステム要件はこれ。2011年以前は対象外でサポート終了決定

あなたのMacは大丈夫?macOS Mojaveのシステム要件はこれ。2011年以前は対象外でサポート終了決定

日本時間2018年6月5日にWWDC2018で発表された次期OSの「macOS Mojave」。

読み方は「モジャベ」じゃなくて「モハベ(モハーヴェ)」で、カリフォルニアにある砂漠の名前です。

ダークモード・デスクトップスタック・新しくなったMac App Store・プライバシーやセキュリティの強化などなど、よりかっこよく使いやすいインターフェイスが採用されてます。

2018年秋に正式リリースされるんですが、気になったのがシステム要件

特に僕は2012年のiMacをメインマシンとして使ってるので、ちゃんと使えるのかどうか心配だったので調べてみました

スポンサーリンク

macOS Mojaveが使えるMacはこれ

Apple.comにもシステム要件について書かれてなかったので、いろいろ調べてみたらMacRumorsに掲載されてました。

以下のMacがMojaveに対応したモデルです。

  • MacBook (Early 2015 or newer)
  • MacBook Air (Mid 2012 or newer)
  • MacBook Pro (Mid 2012 or newer)
  • Mac mini (Late 2012 or newer)
  • iMac (Late 2012 or newer)
  • iMac Pro (2017)
  • Mac Pro (Late 2013, plus mid 2010 and mid 2012 models with recommended Metal-capable GPU)

訳すまでもないですが、一応日本語になおすと…

  • MacBook(Early 2015以降)
  • MacBook Air(Mid 2012以降)
  • MacBook Pro(Mid 2012以降)
  • Mac mini(Late 2012以降)
  • iMac(Late 2012以降)
  • iMac Pro(2017)
  • Mac Pro(Late 2013、またはMetal対応GPUを搭載したMid 2010 or Mid 2012)

となります。

今回から2011年以前のモデルがサポート対象外になります。

現行のmacOS High Sierraでは2009年製の一部のMacにも対応していたんですが、それが一気に2011年モデルまで繰り上がりました。

自分のMacのモデル名を調べる方法 うちのMacは…

うちのメインのiMacとサブで使ってるMacBook Airは対応しているのか調べてみました。

自分のMacのモデル名を調べるには、左上の「アップルメニュー」→「このMacについて…」をクリックします。

Macのモデル名を確認
赤ワク部分にモデル名が書かれてます。

うちのiMacは「Late 2012」だったのでギリギリセーフでした。

MacBook Airは2013年のモデルなのでこちらもOKでした。


ただ、メインのiMacに関しては、もしMojaveにアップグレードして動作が遅くなれば新しいiMacを購入しようと思います。

もし普通に動くなら来年までは頑張るつもり。おそらくMojaveの次の新macOSではシステム要件の対象外になると思うので、それまで使い倒します!

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEGLOG(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。