夜の回線速度が50倍以上に!ビッグローブ光のIPv6オプションは速かった。
夜の速度が遅くて困ってるならビッグローブ光のIPv6オプション(PPPoE→IPoE)がおすすめですよ。

iPhoneのキーボードを左右に寄せて片手で簡単入力する方法【iPhoneの便利な使い方】

iPhoneのキーボードを左右に寄せて片手で簡単入力する方法【iPhoneの便利な使い方】

手の小さい方や、画面の大きいPlusサイズのiPhoneを使ってる方は、片手で文字を入力するのが大変です。

僕もPlusよりは画面サイズが小さいiPhone Xを使ってますが、かろうじて左手親指だけでフリック入力ができるぐらいです。

iOS11では、そんな時に便利な解決方法が用意されてます。

実はキーボードを画面の左右どちらかにコンパクトにして寄せることが可能なんです

PR【今だけ2ヶ月199円 3/3まで】Kindle Unlimited 読み放題が2ヶ月たったの199円!和書・洋書・雑誌あわせて50,000タイトル以上が読み放題のUnlimited新規入会キャンペーン開催中!
スポンサーリンク

iPhoneでキーボードを左右に寄せる方法

iPhoneでキーボードを左右に寄せる方法
キーボードの地球儀アイコンを長押しすると、ポップアップが表示されます。

その一番下にあるキーボードが並んでます。左から、「左寄せ」「全体表示」「右寄せ」です。


左寄せにしたキーボード
左に寄せたキーボード。日本語入力だけでなくローマ字入力のキーボードも寄せられます。

元に戻したい時は右にある矢印をタップするだけ。


キーボードが小さくなったので、片手で届く範囲が拡大されました。これなら簡単に片手で文字入力できるようになります。

僕もiOS11にしてからはこの機能を使ってます。便利ですよ。

周りにiPhone初心者の方がいたら教えてあげてください。喜ばれますよ〜。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEGLOG(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。