インターネットの速度が50倍以上に!ビッグローブ光のIPv6オプションは速かった。
速度が遅くて困ってるなら乗り換えを!ビッグローブ光のIPv6オプション(PPPoE→IPoE)がおすすめ。→ 詳しくはこちら

iOS11で変更になったWebサイトのアカウントとパスワードの保存場所。不要なものは削除して整理しました

  • 公開:
  • 更新:
  • by
  • iOS

iOS11で変更になったWebサイトのアカウントとパスワードの保存場所。不要なものは削除して整理しました。

iPhoneのSafariには、いろんなWebサイトのIDとパスワードが保存されてます。

一度入力すれば次回入力時の手間が省けるのでとても便利な機能です。ただ、たまにIDやパスワードを変えた(変えたい)のに古い情報が残ってうまくログインできないことも...。

そんな時にはSafariに保存されているIDとパスワードを直接編集すればOK。iOS11からは保存されてる場所が変更になったので、忘れないようにメモとして保存しておきます。

今回は、もう使ってないものを削除して整理しておきました。

スポンサーリンク

Webサイトのアカウントとパスワードの保存場所と編集方法

Webサイトのアカウントとパスワードの保存場所
iOS 11では、WebサイトのログインIDとパスワードは、

「設定」アプリ →「アカウントパスワード」

で確認・編集します。

「アカウントパスワード」の上部にある「AppとWebサイトのパスワード」をタップすると、パスワードが保存されてるWebサイトが一覧表されます。


パスワードを削除 確認
不要なものは一覧で左にスワイプスれば「削除」ボタンが出てくるので、そのままタップすれば消せます。

内容を確認・修正したいなら一覧でタップすれば、ユーザ名とパスワードが表示されます。

修正する場合は、右上にある「編集」ボタンをタップすれば修正可能です。

まとめ

久しぶりに一覧を確認しましたが、もうずーっと使ってないのがいくつも残ってました。同じサイトでも複数のIDとパスワードが残ってたりするので、不要なものは全て削除しておきました。

ちゃんと整理できたので、今後はログインに失敗することもないでしょう。

やったことない方はお試しください。スッキリしますよ。

スポンサーリンク

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。