今だけ2,940円→199円
新生活キャンペーンでkindle unlimited 読み放題が93%OFF!過去12ヶ月以内に無料体験を利用してない方が対象。→ 確認はこちらから 3/30まで

丸1日放置したApple Watchのバッテリーは100%→66%まで消費。使わない時は省電力モードがおすすめ

Apple Watch Sport 写真

100%満充電したApple Watchを、丸1日使用せずに放置したらバッテリーってどれぐらい消費するのかなぁと素朴な疑問を感じたので、バッテリー消費テストをやってみました。

PR【期間限定!最大7.5%ポイント還元】87時間限定の大セール Amazon新生活セール開催中!当ブログ紹介アイテムが安くなってるかも?!セール対象外の商品でも期間中合計1万円以上のお買い物で最大7.5%ポイント還元されます!買いたいものはこの機会にまとめてどうぞ。3/30 23:59まで
スポンサーリンク

丸1日放置しただけで34%もバッテリーを消費

Apple Watch 丸1日放置で34%もバッテリーを消費

前日の22時頃にApple Watchを100%までフル充電。

その後、丸1日(24時間)放置した結果、100% → 66%までバッテリーが減ってました。34%もバッテリーを消費したことになります。


Apple Watchアプリで「最後のフル充電後の経過時間」を確認してみると、

Apple Watch 最後のフル充電後の経過時間

使用時間・・・57分

スタンバイ・・・1日0時間

という状況でした。

省電力モードだと同条件でのバッテリー消費はわずか4%

次に、同条件にて今度はApple Watchを「省電力モード」にして1日放置してみました。

ちなみに、省電力モードではペアリングしたiPhoneとの通信ができなくなるだけでなく、時刻表示以外の機能には一切アクセスできなくなります。単純な時計になるってことですね。

省電力モードだと同条件でのバッテリー消費はわずか4%

前日の24時頃にApple Watchを100%までフル充電。

通常モードで放置した時よりも3時間ほど長い27時間ほど放置した結果、

100% → 96%、という結果になりました。

わずか4%しかバッテリーを消費していませんねぇ。30%も差が出るとは正直思ってもみませんでした。

まとめ

通常モードだと1日で34%もバッテリーを消費してしまうので、3日も放置してしまえば完全にバッテリーがなくなることになります。

この結果を見もお分かりの通り、Apple Watchを使わない時は「省電力モード」にしておくといいのかなと。あと、完全に使う予定がない時は「電源オフ」ですね。


ちなみに、省電力モードへの切り替えるには、

  • 「電源オフ」「省電力モード」「デバイスをロック」のオプションが表示されるまでサイドボタンを押し続け、スライダをドラッグして「省電力モード」をオンにする
  • グランスを使って「省電力モード」をオンにする

の2通りがありますのでお試しを♪


その他のApple Watch Tipsはこちらをどうぞ。

Apple Watch Tips 一覧

スポンサーリンク

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。