6,500万曲が99円!
音楽6,500万曲聴き放題のAmazon Music Unlimitedが期間限定で4ヶ月間たったの99円!→ 詳しくはこちら

iPhoneをMacに接続→自動でiPhotoを起動させない→イメージキャプチャで設定しよう

iPhoneをMacに接続した時、自動でiPhotoを起動させないようにする方法

普段iPhoneを充電する時は電源アダプタは使わず、iMacにつないであるLightning-USBケーブルを接続して充電しているんですが、ある日から自動でiPhotoが起動している事に気がつきました。

スポンサーリンク

毎日iPhotoに写真を取り込むことはしないので、iPhoneをMacに接続してもiPhotoが起動しないように設定を変えたいとiPhotoをいろいろ見てみましたがそれっぽいところが見つからず。

いろいろと調べてみたら、「イメージキャプチャ」アプリが原因でした。

iPhotoを起動させないようにするために、以下の方法で設定解除しておきました。


イメージキャプチャウィンドウの左下にある小さいアイコンをクリック

アプリケーションフォルダにある「イメージキャプチャ.app」を起動すると、上記がウィンドウが出てくるので、左下にある小さなアイコンをクリック。


プルダウンをクリック

「このiPhoneを接続時に開くアプリケーション」でiPhone.appが選択されてました。

どうりで毎回iPhotoが開くはずです。

このプルダウンメニューをクリックして、


「割り当てなし」を選択

「割り当てなし」を選択すれば設定完了。


iPhoneからケーブルを抜き差しして動作を確認してみたところ、iPhotoは起動されませんでした。

同じようなことでお困りの方は参考にしてくださいませ。


その他の便利な機能はこちらをどうぞ。

iPhone Tips 一覧

スポンサーリンク

記事についてのご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。