6/30まで!31日間無料キャンペーン中!FODプレミアム
フジテレビの人気ドラマを一気に見直し!最新ドラマも過去作品も独占配信満載。8の付く日合計で月額以上のポイントゲット!→ レビュー記事はこちら

写真アプリ(旧iPhoto)でビデオファイルだけを自動で分類する方法|OS X Tips

iPhotoでムービーだけを自動で分類する方法

この方法を使えば、写真アプリ(旧iPhoto)上で写真との見分けがつきにくいビデオ(ムービー)ファイルの管理が劇的に簡単になります

■追記:2015.8.23
OS X Yosemite 10.10.3からiPhotoが写真アプリに変わったので表記を「iPhoto」→「写真アプリ(旧iPhoto)」に変更しました。写真アプリになっても、下記方法はそのまま使えます。

■追記:2015.12.16
iOS9からこれがもっと簡単になりました。
iPhoneやMacの写真アプリからビデオだけを探すには?

スポンサーリンク

iPhoneやiPad、その他デジタルカメラで撮影したムービーを、写真アプリで写真と一緒に管理しているときに便利な機能です。

使うのはスマートアルバム

スマートアルバムとは、いろんな条件を予め指定しておけば、その条件に合った写真をひとつのアルバムにまとめてくれるアルバムのこと。

今回は、このスマートアルバムを使います。


写真アプリのファイルメニューから、

「新規スマートアルバム...」

を選択。


写真アプリでスマートアルバムを作成

スマートアルバム名は、今回は分かりやすく「ムービー」というタイトルをつけました。(※お好きな名前でOKです。)

条件のところは、

「写真が」「ムービー」「である」

を選択しOKをクリックすると、

この記事の一番上にある写真のように

「ムービー」というスマートアルバムが作成されます。


これまで手動でムービーファイルをアルバムに追加していましたが、

これだと自動で、しかも間違いがないので、

写真だけでなくムービーの管理もかなり便利になりました。

写真アプリを使っている方はぜひ!

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEGLOG(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。