自宅のインターネットの速度が50倍以上に!ビッグローブ光のIPv6オプションは速かった。
夜の速度が遅くて困ってるなら乗り換えを!ビッグローブ光のIPv6オプション(PPPoE→IPoE)がおすすめ。→ 詳しくはこちら

KindleストアがオープンしたのでiPhoneでKindleアプリを使ってみた

  • 公開:
  • 更新:
  • by
  • アプリ

KindleアプリをiPhone 5で使う

予約しました!Kindle Paperwhite

最初は3G版を予約していましたが、出荷予定が12月23日の週になってましたので、20日ほど納期が速いWi-FiのみのPaperwhiteに予約を変更。(11月19日が発売日なのに...)

スポンサーリンク

無料で3Gを使えるのは魅力ですが、アマゾンとWikipediaぐらいしかアクセスできないのは...、それだったら必要な時にiPhone 5でテザリングを使えばいいかなと、最安のPaperwhiteを選びました。

手に入るまでまだしばらく時間があるので、それまではKindleアプリで慣れておこうと、早速本日オープンしたKindleストアにて電子書籍を買ってみました。

Kindleアプリの使い方

いくつかKindleアプリを使う上で、少しだけ手間取ったところもあったのでまとめておきます。

アプリのバージョンに注意

まずはiPhoneでKindleアプリをダウンロードします。

ダウンロード後、Kindleアプリを起動して、上記画像のようにアマゾンジャパンIDでログインを行います。

ところが・・・

Kindleアプリ 登録失敗

何度入力しても登録に失敗してしまいます...。

いろいろ調べてみるとバージョンが3.3だとログインに失敗するようで、アプリを3.4にアップデートしたら無事に登録が出来ました。

電子書籍の購入はブラウザで

現状のKindleアプリでは電子書籍の購入はできません。

本を購入する際はSafariなどのブラウザからKindleストアにアクセスします。


Kindleストアで本を購入

Kindleストアで本を購入後、「Kindle for iPhoneを開く」をタップするとKindleアプリにて本のダウンロードが始まります。


Kindleアプリ アイテムのダウンロード中

購入した本のダウンロード中。


Kindleアプリ アイテムのダウンロード完了

ダウンロード完了。「新規」の帯がついてます。

あとは本を開いて読むだけ。


Kindleアプリ 本を読む

文字を長押しするとメモやハイライト、共有が出来ます。

また、無料の辞書をダウンロードすると選択した言葉の意味や翻訳を表示することも出来ます。あと、背景色や文字の大きさも細かく設定が出来るので、なかなか使いやすいですね。

いい!迷わなかったKindleストア

5万冊以上の日本語書籍がラインナップされたKindleストア。

はじめてKindleストアで本を購入してみましたが、選ぶところから購入に至るまでほとんど迷うことはありませんでした。

まぁ、普段アマゾンを使っている方にとっては迷いようがないんですけどね。


購入時に気になる価格も「Kindle価格」という表示とともに、紙の本の価格も表示されているので、比較対象がすごく分かりやすく、購入者への気配りを感じます。

ぱぱっと見た感じでは、Kindle価格は紙の本よりも約2〜3割ほど安いイメージですね。

なかなかよろしいですよ〜♪

スポンサーリンク

Twitterで質問を受付中です!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。