最大3,000ポイント!Amazonオーディブル!
機械じゃないプロの朗読で本を楽しむ新体験!30日間無料体験受付中。12/12まで無料体験中に本を聴くと最大3,000ポイントゲット!→レビューはこちら

たった5秒!iPhoneで明るさの自動調節がうまく機能しない時の対処法|iPhone Tips

たった5秒!iPhoneで明るさの自動調節がうまく機能しない時の対処法

タイトルで言い切っちゃいましたが、iPhoneで明るさの自動調節がうまく機能しない時の対処法をご紹介。

具体的にどういうことかというと...。

スポンサーリンク

iPhoneの画面の明るさはバッテリーの消費を抑えるために、いつも上記画像ぐらいに設定しています。さらに、周囲の明るさにあわせてディスプレイの明るさを調節してくれる「自動調節」もオンです。

明るさの「自動調節」は、周囲が明るい時は「より明るく」、周囲が暗い時は「より暗く」、画面が見やすいように調節してくれる便利な機能。

ただ、この自動調節がうまく機能しない時があります。


それは、真っ暗な時。


夜寝る時に、iPhoneをつけたまま部屋の電気を消して周囲が真っ暗になると、この症状が出てきます。自動調節が機能しないと、真っ暗な時は画面が明るすぎてまぶしいんです。

解決方法が分からなかった時は「設定」→「明るさ」を何度も左右にスライドして調整していましたが、もうそんなことをしなくてもよくなりました。

明るさの自動調節が機能しないときの、5秒で終わる解決方法

解決方法は超簡単。


iPhoneをスリープ→スリープ解除


たったこれだけです、5秒もかからないかも。


スリープから解除したiPhoneは、と〜っても見やすい明るさになってます。

あまり話題にならないけど、同じこと思ってる人って...いる?

まぁ、そんな人はぜひお試しを。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEGLOG(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。