最大3,000ポイント!Amazonオーディブル!
機械じゃないプロの朗読で本を楽しむ新体験!30日間無料体験受付中。12/12まで無料体験中に本を聴くと最大3,000ポイントゲット!→レビューはこちら

簡単!iPhoneで簡単にカーソルを移動する方法(トラックパッドに切り替える方法)

iPhoneで簡単にカーソルを移動する方法

以前紹介した、iPadのカーソルを簡単に動かす方法の続きです。

iPadでテキスト入力時に簡単にカーソルを移動する方法|SKEGLOG

iPadでメモ帳などでテキスト入力中にソフトウェアキーボード部分を2本指で長押しすると、キートップの文字が消えてトラックボードモードに切り替わります。

これのおかげで、スイスイとカーソルを移動できるのが超便利でした。

この機能が、iOS12からはiPhoneでも使えるようになったので試してみました。

スポンサーリンク

スペースキー長押しでトラックパッドに!

通常、iPhoneやiPadでテキスト入力時に他の場所にカーソルを移動したい場合には、指定したい場所を指でタップしたり、3D Touch対応機種ならカーソルを長押しして移動することができます。

ただこれだとソフトウェアキーボードから手を話す必要があるので、ちょっと面倒。

iOS12からはソフトウェアキーボードの、

「空白キー(スペースキー)」を長押し

すれば、簡単にトラックパッドモードに切り替えられるようになりました。

空白キーを長押し
文字を入力しているiPhoneのメモ帳。

空白キーを長押しすると、キートップの文字が消えるので、そのまま押した状態でカーソルを移動できるようになります。

2本指タップも便利でしたが、空白キー長押しの方がより簡単ですね。

文字入力中に、手の位置を大きく変えることなく好きなところにカーソルを移動できるので、文字入力がものすごく捗ります

また、音声入力でもまだ誤変換があるので、その時にも重宝します。

意外と知らない人も多いので、ぜひ友達に教えてあげてください。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEGLOG(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。