【今年最後】本日最終日!Amazon サイバーマンデー開催中!
セール対象外の商品でも合計1万円以上のお買い物で最大8.5%ポイント還元!この機会にまとめてどうぞ。12/9 23:59まで

MacでYouTubeをダウンロード【その2】フリーソフト『Tooble』を使う方法

  • 公開:
  • 更新:
  • by
  • YouTube

かなり前にエントリーした【Mac OS X でYouTubeをダウンロードしてmp4に変換する方法【その1】】の続編です。

以前はちょっと一手間かかってましたが、『Tooble』というフリーソフトのおかげで「ダウンロード」→「変換」→「iTunesに登録」というすべての作業を自動でやってくれます。

使い方は以下の通り。

PR【本日最終日!最大8.5%ポイント還元!】今年最後の大セール Amazonサイバーマンデー開催中!当ブログ紹介アイテムが安くなってるかも?!セール対象外の商品でも期間中合計1万円以上のお買い物で最大8.5%ポイント還元されます!買いたいものはこの機会にまとめてどうぞ。12/9 23:59まで
スポンサーリンク

Toobleの使い方

  1. まず、Toobleをダウンロード。

  2. Toobleを起動すると、以下のウィンドウが立ち上がります。 toobleの画面キャプチャ

    PerianというQuickTimeのコンポーネント(これさえ入れておけばだいたいのコーデックがQuickTime Playerで再生できます。超便利!)をダウンロードするか表示されるので、そのままreturnキーを押してPerianをダウンロード(※これをインストールしないとiPod用に変換できません)。

    Perianインストールが終われば、あとはひたすらダウンロードするだけです。

  3. 以下の画面が表示されるので、各動画一覧から見たい動画のチェックボックスをチェックし、右下の「Download」をクリックすれば、iTunesへの登録までやってくれます。
    ※iTunesへの登録は、ToobleのPreferencesの「Import videos to iTunes」をチェックして下さい。
    tooble動画一覧画面キャプチャ

    ダウンロードしたい動画のURLが分かっていれば、左上の「Enter a URL」をクリックして、URLを入力すればダウンロードが始まります。

ダウンロードしたファイルは、「ムービー」フォルダに保存されます。iTunesへの登録を初期設定でチェックした場合は、iTunesフォルダにもコピーされるので、「ムービー」フォルダのファイルは削除した方がハードディスクの節約になりますね。


関連エントリー
MacでYouTubeをダウンロードする方法まとめ

スポンサーリンク

記事についてのご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。