今だけ1,960円→99円
kindleunlimited読み放題が今だけ3か月間99円!ブラックフライデー&サイバーマンデー価格です。→ 詳しくはこちら 12/1まで

YouTube動画制作で使える著作権フリーの音楽&映像素材を無制限ダウンロード「Artlist & Artgrid」

  • 公開:
  • 更新:
  • by
  • YouTube

YouTube動画制作で使える著作権フリーの音楽&映像素材を無制限ダウンロード「Artlist & Artgrid」

動画用のBGMや効果音、映像素材を探してるなら著作権の自由度が凄すぎるArtlistとArtgridがおすすめ

今回の記事は以下のような方向けに書いてます。

  • そろそろ自分もYouTubeをはじめたい、動画を作ってみたい
  • YouTubeを始めてみたけど無料のフリー素材のクオリティが低くて使う気にならない、使ってたけど飽きてきた
  • 動画制作に慣れてきたので、そろそろクオリティをワンランク上げたい
  • クライアントワーク(広告映像など)として使えるハイクオリティの音楽・効果音・映像素材を探している
  • いろんな種類の効果音を効率よく探したい

最近、芸能人の方がどんどんYouTubeに進出してきまして、素人からプロの映像制作者までたくさんの人が入り乱れた群雄割拠、珠石混交、百花繚乱、のような様相を呈してきました。YouTube戦国時代ですね。

初めて動画を制作するときには、無料のフリー素材を探してBGM用の音楽とか効果音として使うことが多いと思いますが、みんな同じ素材を使ってるから同じような動画に感じてしまう

曲も香りと同じで、いろんなイメージと連動して記憶されてるので、メインで使うテーマやBGMはできるだけ他では聞いたことがないもの、さらに欲を言えば、より質の高いものが望ましいです。

今回紹介する「Artlist」の曲や効果音をYouTubeで使うようになってから、

  • BGMいいですね
  • 素敵な曲ですね!曲名教えてください

といったコメントをいただくことが増えました。

無料のフリー素材を使ってた頃には考えられなかったことです。(コメントの量が多いと検索結果の上位に表示される可能性が高くなるとかならないとか…)差別化が出来てきたのかなと思ってます。

動画の質も良くなってるのか、再生回数もかなり増えるようになりました。

というわけで、今回は僕も使ってる著作権フリーの音楽素材・効果音・映像素材をダウンロードできる『Artlist』と『Artgrid』をご紹介します。

記事の下の方に、契約期間を2ヶ月間延長してお得に利用する方法も紹介してますので、ぜひ最後までご覧ください。

PR【今だけ1,960円→99円】kindle unlimited読み放題がブラックフライデー&サイバーマンデー価格で今だけ3か月間99円!Amazonの電子書籍kindle本を読み放題で楽しめるkindle unlimitedが期間限定で99円!いつでもキャンセル可能。→ 登録はこちら 12/1まで
スポンサーリンク

目次

  1. ArtlistとArtgridは著作権の自由度がすごい
  2. ArtlistとSFXの使い方
  3. Artlistの契約方法と支払い方法
  4. Artgridの使い方 映像素材はプロ向け
  5. Artgridの契約方法と支払い方法
  6. ArtlistとArtgridをお得に利用する方法

ArtlistとArtgridは著作権の自由度がすごい

写真、音楽、効果音などの著作物を、「著作権フリー」という形で無料・有料で配布・販売してるWebサイトはたくさんあります。

今回紹介するArtlistとArtgridは、著作権フリーの有料ダウンロードサービスです。動画制作者やビデオ制作者に合理化された高品質の音楽著作権を提供するプラットフォームです。

最初に無料のフリー素材から有料の素材に切り替えるときに色々調べて、Artlistの著作権の自由度の高さに驚きました。

その一部がこちら。

  • 購読が終わっても著作権は失効しない。定期購入の期限が切れても今まで制作して公開してるものについて追加料金が請求されることはない
  • 購読の有効期限を過ぎてもダウンロードした曲は削除する必要はない。永続的に使用することを許可された著作権なので、その曲を使ってまた動画制作ができる
  • どんなプラットフォームでも使える。動画、テレビ、ポッドキャスト、VR、ゲーム、モバイルとその他、全てに使える。まだ存在していないプラットフォームでも有効
  • 商用利用(クライアントワーク)でも追加料金一切なしで使える

他のサブスクリプションサービスでは、

  • YouTubeはOKだけどインスタグラムやSNSはダメ
  • YouTubeだと再生回数に応じて料金の変動がある
  • テレビや商用利用だと別料金

という場合があるんですが、Artlistは…

  • 購読が終わってもダウンロードした曲がまた使える
  • どんなプラットフォームでも使える
  • 再生回数や視聴回数によって料金が変動することはない
  • 商用利用でも追加料金が一切発生しない
  • クレジットの記載義務もない
  • 1日最大40曲までダウンロード可能

このように、実に著作権の自由度が高くて、料金設定もとてもシンプルです。1日のダウンロード数も40曲までなので、ほぼ無制限のようなもの

なので、使ってて安心ですし、追加料金も気にする必要がないし、いろんな制作物に使えるのでプライベートはもちろん仕事でもハイクオリティな素材をガンガン使うことが可能です。

その他の著作権に関することは、Artlistの「サポート/よくある質問」にまとめてあるので、契約前に一度目を通しておくことをおすすめします。

ちなみに、ArtlistもArtgridもURLが「https://artlist.io/」だと英語表記ですが、URLの最後に「jp」を追加して「https://artlist.io/jp/」にすると日本語表記になるので英語が苦手な方は最後に「jp」を追加してみてください。

ArtlistとSFXの使い方

Artlistの使い方
Artlistの使い方は、好きな曲を探してダウンロードするだけ。

探すときは、「ムード」「ビデオテーマ」「ジャーナル(曲んジャンル)」「楽器」から大まかに選んだあと、「ボーカルの有無」「テンポ」や「曲の長さ」で絞り込むことが可能です。

曲全体の波形も表示されてるので、平坦な曲なのか、後半盛り上がる曲なのか、ひと目でパッと分かるのも良いですね。

自分のライブラリーには、「ダウンロード履歴」「コレクション」「お気に入りのアーティスト」「気に入ったアルバム」「気に入った曲」を保存できるので、お気に入りをすぐに見つけることもできます。

ダウンロードファイルはMP3やWAVなど。使用する用途に応じて選べます。


効果音(SFX)の画面
SFX(効果音)の画面がこちら。

効果音って、自分がイメージするものが見つけにくいことが多いんですが、ArtlistのSFX(効果音)では、Footsteps、Whooshes、Weather、技術、City、Transportation、などなどジャンルが細かく分かれてるので、かなり見つけやすいです。

例えば、場面転換などによく使う「Whooshes」も、短いものや長いものなどさらに細かく分類されてるので絞り込むのも簡単です。

ダンロードファイルはAACやWAVなど。こちらも使用する用途に応じて選べます。


Artlistの契約方法と支払い方法

Artlistの契約方法と支払い方法
Artlistの契約方法は、「SFX(効果音)のみ」「音楽のみ」「音楽とSFX」の3つのプランがあります。

Artlistのホームページでは月額換算で書かれてますが、契約は年間契約です。

効果音のみが最も安くて、年間1万6千円ほど。音楽のみだと年間2万円ちょっとで、音楽と効果音なら年間3万円ほどですね。本気でやろうと思ったら、これぐらいの初期投資は必要です。

これから動画をたくさん作る予定があるなら、価格以上の価値は間違いなくあります

支払いはクレジットカードとPayPalが利用可能です。

Artgridの使い方 映像素材はプロ向け

Artgridの使い方
Artgridの使い方も、ArtlistやSFXとほとんど同じです。

「ビデオテーマ」「Shot Type」「People」で絞り込んで探すことができます。

Artgridでは、映像制作者など優れた技術を持つ人が撮影したクオリティの高い動画をダウンロードすることができます。REDと呼ばれる何百万円もするような機材で撮影されたものもあります。

なので、ある程度撮影に自信がある人以外には向いてません。

下手に使っちゃうと、自分で撮影した動画との差が激しくて、逆に違和感のある映像になってしまいます。商用やクライアントワークで動画制作してる人にぴったりのサービスですね。

あと、ハイクオリティの動画を見て勉強したい人にも最適。

フォーマットも豊富です。4KやフルHDだけでなくRAWデータもダウンロード可能です。

Artgridの契約方法と支払い方法

Artgridの契約方法と支払い方法
Artgridの契約方法もダウンロードできるデータによって、「junior」「creator」「Pro」の3つのプランがあります。

こちらも月額換算で書かれてますが、契約は年間契約です。

「jinior」はHDとH264の2パターンでダウンロード可能。料金は約3万円。「creator」なら4KとProResでもダウンロードできるようになって、料金は5万円ほど。さらに「Pro」になるとRAWやLogファイルでダウンロードできるので、自分でカラーグレーディングができます。料金は6万円ちょっとです。

支払いはクレジットカードとPayPalが利用可能です。

Artlistに比べて価格が高いので、商用やクライアントワーク向けですね。

最近は、なかなかいろんなところに撮影に行けないような状況なので、いろんなフリー素材をインサートとして使いたい方には重宝するサービスです。

ArtlistとArtgridをお得に利用する方法

ArtlistとArtgridには紹介プログラムが用意されてます。

これを利用することで、通常1年間(12ヶ月)のところ、2ヶ月追加して14ヶ月契約することが可能です。

Artlistの契約期間
僕は2019年9月3日に申し込みをしたんですが、紹介プログラムから申し込んだので本来は9月までですが、期間が2020年11月3日まで2ヶ月延長されて14ヶ月にできました。

ArtlistとArtgridを使ってみたいと思った方は、こちらのリンクからお申し込みすると2ヶ月延長して14ヶ月で利用できます

Artlistはこちらから。

Artgridはこちらからどうぞ。

スポンサーリンク

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。