iTunesで「iCloudセッションの期限が切れました」と表示された場合の対処方法

  • 更新:
  • 公開:2015.10. 3
  • by
  • カテゴリ:Macの使い方

iCloudセッションの期限が切れました と表示された場合の対処方法

一難去ってまた一難 今度はiTunesのエラーに遭遇

OS X El Capitanにアップグレードしてから、これまでずーっと気になっていた問題が解決したのでホッとしてたら、また新たにエラーが表示されるようになりました。なんだこれ。

結果的に両方とも解決したのでその解決方法を共有しておきます。

スポンサーリンク

その1 El Capitanで解決したiCloudのパスワード入力問題

以前のOS X Yosemiteの時にいつも遭遇していたこのダイアログ。

iCloudのパスワード

「iCloudのパスワード ○○○○○(ID名)のパスワードを入力してください。」

Macを起動するたびに、こいつがいっつも表示されるようになってました。

正しいパスワードを入力しても、また同じエラーが表示されます。


App用パスワードが必要です

また、僕は2ステップ確認にしているんですが、App用パスワードを設定しているにもかかわらず、

「App用パスワードが必要です」という表示も出てくる始末。

もう訳がわからない。

ここ数ヶ月は、このダイアログが出てきても「キャンセル」を押すようにしてました。キャンセルしてもiCloudにはちゃんとログインされてました。さらに訳がわからないですね。

このイライラするiCloudパスワード入力問題がEl Capitanにアップグレードしたら出てこなくなりました。

やっとすっきりした!と思ったら…

iCloudセッションの期限が切れました

今度はiTunesでまた別のダイアログが表示されるようになりました。

iCloudセッションの期限が切れました

「iCloudセッションの期限が切れました」

「セキュリティを確保するために、iCloudセッションは定期的に期限が切れます。iCloudに再接続するには、パスワードを入力してOKをクリックしてください。」

これが、iTunesを起動するたびに表示されるようになりました。

どんだけ頻繁に期限が切れるんだよと…。

Appleのサポートページにそれらしいのがあったので一通りやってみましたが解決せず。
iTunes で何度も繰り返しコンピュータの認証を求められる場合 - Apple サポート


認証がおかしくなっているのかなと思ったので、とりあえずサインアウトしてみました。

iTunesからサインアウトする

一旦サインアウトしてiTunesを再起動してみると、ダイアログは表示されない。

お、これはいけるかも!と思って再びサインイン。

iTunesを再起動してみると…

ダイアログは表示されませんでした!解決!

困った時は再起動(サインイン、サインアウト)に限りますね。

これでようやく気持ちよ〜くEl Capitanを使うことができます。

あ〜、スッキリした!

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。