EOS R8 vs EOS RP【ザ・比較】外観の大きさとスペックを比較してみた

ザ比較 EOS R8 VS EOS RP
【ザ・比較】EOS R8 vs EOS RP

CanonからRFマウントのエントリー向けフルサイズ「EOS R8」発表

2023年2月8日(水)の13時ごろ。キヤノンからRFマウントのエントリー向けカメラ2機種「EOS R50」「EOS R8」が発表されました。

R50はエントリー向けのAPS-C機でEOS KissのRF版ですね。

一方のR8はEOS RPとほぼ同じ大きさのフルサイズ機です。

ともにメカシャッターは採用されず。電子先幕と電子シャッターになりました。バッテリーもLP-E17が採用されてます。

ここではフルサイズ機のR8と、ほぼ同じサイズで2019年3月に発売されたEOS RPを比較してみました。

EOS RP用の「エクステンショングリップEG-E1」もR8で使えますので、RPの後継機モデルで間違いないでしょう。

目次

以下の内容でまとめてます。

※表の右側が隠れてる場合は表を左にスワイプすると出てきます。

  1. 外観・大きさ・質量(重さ)
  2. 型式概要
  3. 撮像素子
  4. 記録方式
  5. 撮影時の画像処理
  6. ファインダー
  7. モニター
  8. オートフォーカス
  9. 露出制御
  10. シャッター
  11. ボディ内手ブレ補正
  12. ドライブ
  13. 動画記録
  14. 外部インターフェース
  15. 電源関連
  16. 無線通信機能
  17. 価格(円とドル)と発売日
  18. まとめ 今ならRPが買い?
スポンサーリンク

外観・大きさ・質量(重さ)

R8 vs RP 外観比較 正面
R8(左) vs RP(右) 外観比較 正面
R8(左) vs RP(右) 背面の比較
R8(左) vs RP(右) 背面の比較
R8(左) vs RP(右) 上面の比較
R8(左) vs RP(右) 上面の比較
R8(左) vs RP(右) 端子側の比較
R8(左) vs RP(右) 端子側の比較
R8(左) vs RP(右) グリップ側の比較
R8(左) vs RP(右) グリップ側の比較
  R8 RP
サイズ (幅×高さ×奥行)mm
約132.5×86.1×70
(幅×高さ×奥行)mm
約132.5×85×70
質量(重さ) 約461g
(バッテリー、カード含む)
約414g(本体のみ)
約485g
(バッテリー、カード含む)
約440g(本体のみ)

型式概要

  R8 RP
型式 デジタル一眼
ノンレフレックス
AF・AEカメラ
記録媒体 SD/SDHC/SDXC
(UHS-II、UHS-I対応)
スロット数 シングル
マウント RFマウント
使用レンズ RF・EF※レンズ
(※要アダプター)
有効撮影画角 RF/EFレンズ:同じ
RF-S/EF-Sレンズ:約1.6倍
内蔵ストロボ 非搭載

撮像素子

  R8 RP
型式 CMOSセンサー
センサーサイズ フルサイズ
撮像画面サイズ 約36.0×24.0mm 約35.9×24.0mm
有効画素数 約2420万画素 約2620万画素
デュアルピクセルCMOS AF 対応
手振れ補正 非搭載
ごみ取り機能 搭載
電源オフ時シャッター閉 非搭載

記録方式

  R8 RP
記録画像形式 DCF2.0、Exif2.31 DCF2.0
記録画像タイプ (静止画)
JPEG
HEIF
RAW
C-RAW
DPRAW
RAWバースト

(動画)
ALL-I(タイムラプスのみ)
IPB標準
IPB軽量
静止画:JPEG
RAW
C-RAW

(動画)
ALL-I(タイムラプスのみ)
IPB標準
IPB軽量
記録画素数 L:約2400万(6000×4000)画素
M:約1060万(3984×2656)画素
S1:約590万(2976×1984)画素
S2:約380万(2400×1600)画素
RAW:約2400万(6000×4000)画素
C-RAW:約2400万(6000×4000)画素
L:約2600万(6240×4160)画素
M:約1150万(4160×2768)画素
S1:約650万(3120×2080)画素
S2:約380万(2400×1600)画素
RAW:約2600万(6240×4160)画素
C-RAW:約2600万(6240×4160)画素
DPRAW設定 可能 不可
静止画アスペクト比 3:2、約1.6倍、1:1、4:3、16:9
デジタルテレコン 切/2.0x/4.0x 非搭載
動画クロップ あり

撮影時の画像処理

  R8 RP
ピクチャースタイル オート
スタンダード
ポートレート
風景
ディテール重視
ニュートラル
忠実設定
モノクロ
ユーザー設定1~3
明瞭度 -4~+4 不明
ホワイトバランス オート(雰囲気優先)
オート(ホワイト優先)
太陽光
日陰
くもり
白熱電球
白色蛍光灯
ストロボ
マニュアル
色温度指定
ホワイトバランス補正
ホワイトバランスブラケティング可能
画像の明るさ自動補正 オートライティングオプティマイザ機能搭載
ノイズ低減 高感度撮影、長秒時露光に対応
高輝度側・階調優先 可能
レンズ光学補正 周辺光量補正
歪曲収差補正
フォーカスブリージング補正
デジタルレンズオプティマイザ
色収差補正
回折補正
周辺光量補正
歪曲収差補正
デジタルレンズオプティマイザ
色収差補正
回折補正

ファインダー

  R8 RP
型式 OLEDカラー電子ビューファインダー
画面サイズ 0.39型
ドット数 約236万ドット
倍率 約0.7倍
視野率 約100%
アイポイント 約22mm
視度調整 約‒4.0~+1.0m-1(dpt.)

モニター

  R8 RP
型式 TFT式カラー液晶モニター
画面サイズ 3.0型/162万ドット 3.0型/104万ドット
モニターの明るさ 7段階に調整可能
タッチパネル仕様 静電容量方式

オートフォーカス

  R8 RP
フォーカス方式 DP CMOS AF II DP CMOS AF II(フルHD/HD撮影時)
コントラストAF方式(4K動画撮影時)
フォーカス動作 (静止画)
ワンショットAF
AIフォーカスAF
サ-ボAF
MF

(動画)
ワンショットAF
動画サーボAF
MF
ワンショットAF
サーボAF
MF
最大AFエリア 100%×100% 88%×100%
測距輝度範囲 (静止画)EV−6.5〜21
(動画)EV−4.5〜21
(静止画)EV−5〜18
(動画)EV−2.5〜18
AFエリア スポット1点
1点
領域拡大(上下左右)
領域拡大(周囲)
全域
フレキシブルゾーン1・2・3
顔+追尾優先
スポット1点
1点
領域拡大(上下左右)
領域拡大(周囲)
ゾーン

露出制御

  R8 RP
測光センサー 撮像素子の出力信号による384分割測光
測光モード 評価、部分、スポット、中央部重点平均
常用ISO感度 100~102400 100~40000
拡張ISO感度 204800 102400
露出補正 1/3、1/2段ステップ±3段
フリッカーレス撮影 対応

シャッター

  R8 RP
型式 電子制御式フォーカルプレーンシャッター
撮像素子によるローリングシャッター
電子制御式フォーカルプレーンシャッター
方式 電子先幕
電子シャッター
電子先幕
シャッタースピード 1/4000~30秒(電子先幕)
1/16000~30秒(電子)
1/4000~30秒
フラッシュ同調 1/200秒 1/180秒

ボディ内手ブレ補正

  R8 RP
手ブレ補正機構 非搭載
動画電子IS 搭載

ドライブ

  R8 RP
ドライブモード 1枚
高速連続+
高速連続
低速連続
セルフタイマー
1枚
高速連続
低速連続
セルフタイマー
連続撮影速度 最高約6コマ/秒(電子先幕)
最高約40コマ/秒(電子)
最高約5コマ/秒
連続撮影枚数 RAW 約51枚 RAW 約50枚

動画記録

  R8 RP
動画記録形式 MP4
音声記録形式 AAC、リニアPCM
録音 ステレオマイク内蔵
外部ステレオマイク
動画記録サイズ 4K UHD 60p※
4K UHDクロップ
4K UHD タイムラプス動画
※6Kオーバーサンプリング
4K UHD 24p
4K UHD タイムラプス動画
連続撮影時間 最大2時間 最大29分59秒
外部出力 不明 4K 24p 4:2:2 8bit
タイムコード 付加可能
動画電子IS 可能

外部インターフェース

  R8 RP
デジタル端子 USB Type-C(USB 3.2)
パソコン/スマホ通信用
USB充電/給電用
USB Type-C
パソコン/スマホ通信用
USB充電用
HDMI端子 タイプD(マイクロ) タイプC(ミニ)
外部マイク入力端子 Φ3.5mmステレオミニプラグ
ヘッドフォン端子 Φ3.5mmステレオミニジャック対応
リモコン端子 リモートスイッチRS-60E3用

電源関連

  R8 RP
使用電池 LP-E17
USB給電 対応(USB-PD) 非対応
USB充電 対応(USB-PD)
縦位置グリップ 純正品はなし

無線通信機能

  R8 RP
Wi-Fi IEEE 802.11b/g/n
Bluetooth 4.2 4.1

価格と発売日

  R8 RP
発売日 2023年4月下旬 2019年3月4日
価格(円) 264,000円 181,500円
価格(ドル) $1,499 $1,299

※価格はキヤノンオンラインショップの発売当初の税込価格です。
※ドルの価格は海外の価格です。
※Amazonと楽天市場の最新価格はこちらからご確認ください。

まとめ 今ならRPが買い?

為替の影響でしょうか、日本と海外の価格差が大きいですね。海外ではRPとR8の価格差は200ドルですが、日本では82,500円も高く設定されてます。キヤノンオンラインショップは一般のお店より1割ほど高いことを考えても約24万円。それでも高いなという印象です。

Made in Japanのはずなのに、日本の価格が海外より高く設定されてるのは正直悩ましいです。企業としては日本市場より海外市場の方が大きいのでそっちを優先するのも分かるんですけどね。R8は、海外では「安い」、日本では「高い」カメラです。

考え方を変えると、今なら新品が11万円台で買えるのでRPも十分ありだと思います。

R8のセンサーはR6 mark2と同じなのでハイスペックなAFシステムが搭載されてます。最新機種が欲しい人、さらには動画を撮影するならR8の方が断然上ですが、メインはほぼ写真で、高速連続撮影しない、という方にはRPの方がおすすめかなという感じです。高速連続撮影する方でも電子シャッターだとローリングシャッター現象が間違いなく出ますので、カメラを上下左右に大きく動かして流し撮りする方は要注意です。

もし、R8買いたいなーという方がいたら、「最新モデルじゃなくても良くて、動画撮らないならRPで十分ですよ」とアドバイスしたい。

カメラの価格は為替や諸般の事情で大きく変動します。高額なところで買って後悔しないように、購入前にいろんなサイトで価格チェックをおすすめします。

▲ 目次に戻る

PR:カメラのキタムラ お世話になってます

カメラユーザーで知らない人はいないショップが「マップカメラ」と「カメラのキタムラ ネットショップ」。カメラやレンズで欲しいものがあった場合に必ずチェックするお店です。

両方とも価格や品揃えがしっかりしてるのでよく利用するんですが、中古品で手元でチェックしたい商品の場合に特に利用してるのがキタムラです。マップカメラの場合は自宅に送られてきてそこでチェックして不具合があった場合は連絡して返送してとちょっと面倒なんですが、キタムラの場合は自宅配送か店舗配送を選べるので、店舗配送の場合はお店でチェックして不具合があれば購入しないという判断もできるんです。

20年以上前のキヤノンのサンニッパ1型を買った時も店舗受け取りでその場でチェックして購入しました。マップカメラ、キタムラ、ともに中古品の整備はしっかりしてくれてますが万が一ということがあるので、中古品は手元でチェックして買いたい!という方にはキタムラがおすすめです。

PR:買う前にサブスクで試す

今回紹介したアイテムが気になった方で…

  • レンズやカメラが欲しいけど、買う前にまずは実際に使って納得して購入したい
  • 今週末撮影があるから買わずにレンタルで済ませたい
  • いろんな機材をとにかく試してみたい

そんな人におすすめなのが、カメラのサブスクリプションサービスです。

レンタルとサブスクの違いは、レンタルは機材を借りる毎に期間と料金が決まってますが、サブスクは月額料金を支払うことで何度でも交換して使い放題。(配送に日数がかかったり、梱包料金など別途料金が発生することもありますので、無制限で借り放題できるわけではありません。)

有名なサブスクサービスとしては、

の2つが有名で、用意されてるカメラやレンズなどの種類も豊富です。それぞれ機材の価格に応じてサブスクの月額料金が異なります。CAMERA RENTの方が価格は低めですが、機材の種類はGooPassの方が数が多いです。

まずは、ご自分が使いたい機種があるかどうかチェックしてみてください。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。

● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらから。

twitterでの情報発信、YouTubeで動画レビューも公開してます。チャンネル登録もよろしく!