インターネットの速度が50倍以上に!ビッグローブ光のIPv6オプションは速かった。
速度が遅くて困ってるなら乗り換えを!ビッグローブ光のIPv6オプション(PPPoE→IPoE)がおすすめ。→ 詳しくはこちら

Apple Music HiFi ロスレスがまもなくやって来るという噂

Apple Music HiFi ロスレスがまもなくやって来るという噂

数週間以内にApple Music Hi-FiとAirPods3が発表される?

Apple系噂サイトの、9to5MacMacRumorsによると、ちょっと前から噂になっていた『AirPods3』に加えて、Apple Musicのロスレス高音質ストリーミングサービス『Apple Music Hi-Fi』が数週間以内に発表されるかもしれないとのこと。

開発者向けに公開されたベータ版iOS 14.6の中に、今までサポートされていなかった「Dolby Atmos」「Dolby Audio」「ロスレス」についての具体的な記述が発見されました。

スポンサーリンク

9to5Macの内容

Appleは数週間以内にApple MusicでHiFiサポートを発表すると予想されており、その際、通常のサブスクリプションと同じ月額9.99ドル(約1,000円)であることにも言及していることから、Hi-Fiプランで追加料金を請求することはないと考えられる。

iOS 14.6の最初のベータで、ミュージックアプリに「Dolby Atmos」「Dolby Audio」「Lossless」という3つの新たなコードが追加されていた。

Apple独自のHiFiオーディオコーデックであるALACをサポートしているにもかかわらず、ミュージックアプリはこれまでDolby AtmosやDolby Audioのサポートを提供していなかった。

より興味深いのは、この記述がiOS 14.5とiOS 14.6ベータ2(今週リリース)から消えていたこと。

このことから、Dolby AtmosとDolby Audioの言及は、Appleが隠そうとしている新しい何かに関連していると考えられる。

iOS 14.6では、4月に開催されたアップルのスペシャルイベントで発表された「Podcast」アプリでの有料購読も可能になるはず。このPodcastの新機能は5月中にユーザーに提供されるとのことなので、iOS 14.6は今月末に一般公開されると思われ、Apple Music HiFiのレポートを裏付けるものとなる。

MacRumorsの内容

MacRumorsが発見したiOS 14.6ベータ版のコードによると、AppleはApple MusicにHiFiサポートを追加し、Apple Musicの加入者と特定モデルのAirPodsなどの互換性のあるデバイスの所有者に、ハイファイオーディオストリーミングへのアクセスを提供するための基礎を築いている。

本日未明、AppleがHiFi音楽ストリーミングを提供する月額9.99ドルの新しいApple Musicを「今後数週間」で発表するとの報道があった。

今回、MacRumorsの寄稿者であるSteve Moser氏が発見したiOS 14.6のファーストベータ版のコードは、Appleがこのオプションを検討し、リリースの可能性に備えていることを裏付けている。

次期アップデートの最初のベータ版のコードには、Apple Musicアプリの中で「ロスレスオーディオ」「高品質のステレオストリーミング」「HiFi」などの記述が見られる。ベータ版のコードによると、HiFiストリーミングは、AirPods Pro、AirPods Maxなどの特定のAirPodsに限定される可能性がある。

おそらく、AirPodsを持っていないユーザーもHiFiに対応できると思われるが、AppleがHiFi Apple Musicストリーミングに対応するために、スピーカーやヘッドフォンなどのハードウェア要件を定めているかどうかは不明。

「Route Incompatible」や「Route Unknown Compatibility」といった表現は、空間オーディオがAirPods ProとAirPods Maxのみに限定されているのと同様に、HiFi Apple Musicストリーミングが特定の世代のAirPodsやその他の対応デバイスに限定されている可能性を示唆している。

ベータ版に含まれる追加コードによると、AppleはApple Musicが標準の圧縮オーディオストリーミングとハイファイストリーミングをダイナミックに切り替える方法を取り入れる可能性がある。5Gを搭載したiPhone 12では、ユーザーの現在のニーズ、接続強度、バッテリー残量に応じて、5Gと4G/LTEの接続を自動的に切り替える「スマートデータモード」をAppleが搭載している。

ベータ版に含まれるコードによると、Apple MusicのHiFiサポートについても同様のアプローチをとり、十分な帯域幅がある場合、またはユーザーのデータ消費量などの他の要因に応じて、ユーザーにハイファイオーディオストリーミングを提供することになるかもしれない。

Apple Music Hi-Fi Bluetooth接続で音質はどうなる?

普段、有線のイヤホンやヘッドホンでAmazon Music HDで音楽を試聴した際、端末の性能は「24bit/192kHz」となってますが、AirPodsだと再生時の音質はこのように表示されます。

Amazon Music HDをAirPods Proで聴いてる時の音質
端末の性能:24bit/48kHz

さらに、「Bluetooth Explore.app」でビットレートを確認してみると…

AirPods Proのビットレートは256kbps
256kbpsと表示される。

つまり、せっかくのAmazon Music HDのハイレゾ音源も現状AirPods Proでは本領発揮できてないことになります。

これが、Apple Music Hi-Fiになることで上限が拡張されるなら、どんな音質になるのかすごく興味がありますね。

MacRumorsの内容によると、空間オーディオのようにAirPods ProやAirPods Maxなど限定機種のみの対応になるようですが、せっかくこの前買ったAirPods Proでも使えるようだと尚嬉しいかな。

数週間内に発表ということなので、どうやら6月7日に発表される可能性が高いです。

楽しみなイベントがまた増えましたね。

スポンサーリンク

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

この記事をシェアする

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。

● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらから。

twitterでの情報発信、YouTubeで動画レビューも公開してます。チャンネル登録もよろしく!