iPhoneの音声入力で空白スペースを入力する方法 検索時に超便利!

iPhoneの音声入力で空白スペースを入力する方法 検索時に超便利!

ホームページを作る時や、ブログを書く時に重宝しているのがリアルフォースのキーボード。

人間工学に基づいた高級キーボード『REALFORCE 91UBK-S』購入レビュー Macでもキー配列設定簡単

スコスコと快適にタイピングできるので優秀な相棒になってますが、重さがあるので主戦場はどうしても机の上になってしまいます。

外出時やリビングなどで作業するときは以前はMacBook Airを使ってましたが、最近はもっぱらiPhone。

音声入力が素晴らしくて、思いついたことやブログの構成をざっとまとめるときに使っています。

PR【5日間のビッグセール】今年最後の超ビッグセール Amazonブラックフライデー&サイバーマンデー開催中!セール対象外の商品でも期間中合計2万円以上のお買い物で最大7.5%ポイント還元!12/1 23:59まで。さらに、kindle unlimitedが6ヶ月99円、Amazon Music Unlimitedは6ヶ月無料!
スポンサーリンク

検索時に便利!音声入力で空白スペースを入力する方法

音声入力が便利すぎて、最近ではメモだけじゃなく検索にも使うようになりました。

ただ、検索する時ってAND検索をするために検索キーワードの間に空白スペースを入力するじゃないですか。

ところが、音声入力で「スペース」「半角スペース」って言っても、そのまま「スペース」「半角スペース」という文字が入力されて、肝心な空白スペースは入力できません。

何を言えば、iPhoneは空白スペースを入力してくれるのか。


答えは、

タブキー

です。

iPhoneで音声入力を使うには、「設定」→「一般」→「キーボード」→「音声入力」をオンにしておいてください。音声入力言語も、日本語へのチェックもお忘れなく。


Safariを開いて音声入力ボタンをタップ
iPhoneのSafariを開いて上部のアドレスバーをタップ。右下の音声入力ボタンをタップします。


タブキーと音声で伝える
何か文字を音声で入力したら、「タブキー」と声で伝えます。

すると、空白スペースが入力されます

ただ、日本語と英語の場合で半角スペースが入力されたり全角スペースが入力されたりと、ちょっと挙動が不明な部分もありますが、AND検索では特に問題じゃありません。

音声入力が終わったら、右下のキーボードアイコンをタップして音声入力を終了します。


検索を確定する
あとは右下の「開く」をタップして検索すれば完了です。


ちょっと手が塞がってたり、手袋をつけてたりする時に覚えておくと便利です。

この方法は、メモ帳などでも普通に使えますので、お試しください。

音声入力がもっとはかどりますよ。

スポンサーリンク

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。