6,500万曲が99円!
音楽6,500万曲聴き放題のAmazon Music Unlimitedが期間限定で4ヶ月間たったの99円!→ 詳しくはこちら

マウスポインタをシェイクして拡大する機能をオフにする方法

シェイクして拡大するマウスポインタ

OS X El Capitaから採用された「マウスポインタをシェイクして見つける」機能。

マウスポインタを前後左右に素早くシェイクするとマウスポインタが拡大して、マウスポインタがどこにあるのかすぐにわかるようになりました。

これ、解像度が2560×1440ピクセルを超えるような大きなディスプレイを使っている場合は、たまにマウスポインタがどこにあるのかわからなくなるので便利なんですが、MacBook Air 11インチなどの小さいディスプレイの場合はほぼ必要ありません。

PR【4ヶ月99円!期間限定】Amazon音楽聴き放題が4ヶ月で99円 6,500万曲以上が聴き放題のAmazon Music Unlimitedが期間限定で4ヶ月間たったの99円!詳しくはこちら 1/6まで
スポンサーリンク

ディスプレイが小さいのでマウスポインタはすぐ見つかります。見失った事はほとんどないです。

また、アプリによってはマウスやトラックパッドを前後左右に素早く動かす動作が必要なものもあると思いますが、そんな時にもこの機能は必要ありません。

マウスポインタをシェイクして拡大する機能をオフにする方法

オフにするにはシステム環境設定を変更します。

システム環境設定のアクセシビリティ

「システム環境設定」→「アクセシビリティ」を開きます。

「ディスプレイ」の中にある「マウスポインタをシェイクして見つける」のチェックボックスをオフにすれば完了です。

おまけ

「アクセシビリティ」の「ディスプレイ」にある、

カーソルのサイズ」をちょちょっとスライドさせると、いたずらに使えます。

Macのマウスポインター(カーソル)が巨大化!イタズラにも使えます♪

いたずらに使うこともできますが、もちろん普通にも使えます。

普段のマウスカーソルが小さすぎって方はここを設定すれば好きな大きさに変更できますよ。

あわせてどうぞ〜。

スポンサーリンク

記事についてのご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。