自宅のインターネットの速度が50倍以上に!ビッグローブ光のIPv6オプションは速かった。
夜の速度が遅くて困ってるなら乗り換えを!ビッグローブ光のIPv6オプション(PPPoE→IPoE)がおすすめ。→ 詳しくはこちら

初代iPad、なかなか壊れない...。

  • 公開:
  • 更新:
  • by
  • iPad

懐かしの写真 初代iPad

▲ 2010年6月4日に撮影した初代iPad。アイコン懐かしぃ!

iPad Air出ましたね!

RetinaディスプレイになったiPad miniも出ましたね!

本当はね、新しいガジェットが大好きなので、本当なら、すぐにでも飛びつきたいんですが...、
本当に、唯一持っている初代iPadが全然壊れないんです。

スポンサーリンク

購入当初はメインマシンのiMacとiPhone 3G、iPodというマシン構成だったわが家。ただ、iPhone 3Gを持っているということと、妻が使っていた白いMacBookが壊れたということもあり、初代iPadは購入してから数ヶ月経った頃から僕の手を離れ、娘と妻、2人のものになった。(2011年には息子が生まれ、3人のものになりました。)


それからというもの、今年で7歳になる娘と2歳になるわんぱく坊主に酷使され続けながら、何度床に落っことされようと、どんなにディスプレイを激しくどつかれようとも、嫌な顔ひとつせずに通常業務を遂行してくれてます。

たまにちょっとした抵抗なのか、うんともすんとも言わなくなることもありますが、再起動をしてやると何もなかったかのようにケロっとしてやがります。

あんたのその丈夫さ、なんなのさ?

壊れてくれないと、買い替えられないじゃないか...


iOSは5で打ち止め。

娘の「これ入れてー!」のお願いにも、最近の新しいアプリはほぼiOS 6以降が対象になっているため、娘がいくらお願いしても、諦めざるを得ません。(これはこれで、娘の際限ない要望を断るのに役立ってますが...。)

新しいiOSの対象から外れた時点でボカァーーーンと壊れてくれればいいんでしょうけどね。

アップルに見捨てられても普通の顔してる気丈っぷり。

尊敬します。


子供らと一緒に初代iPadを使い続けている妻に、「そろそろ新しいのに買い替えようか?」と聞いてみても、「まだ使えるからこれでいいよ」の一点張り。

初代iPadでは、ほぼSafariしか使わない妻にとっては、iPadがいくら速く、画面が綺麗になろうとも関係ないみたい。


そんなわけで、iPad2、iPad mini、iPad Airと、新しい後輩たちがどんどん出てきても、うちの初代iPadはずーっと現役。

たぶん、これからも。


今日も、いつもの定位置でうちの息子の相手をしてくれてます。

初代iPadと息子。

ありがとね。

スポンサーリンク

Twitterで質問を受付中です!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。