iMac Late2012には光学ドライブがないのでApple USB SuperDriveを購入

Apple USB SuperDrive 外箱

買いました♪外付けのApple USB SuperDrive。

今年の1月に買ったiMac Late2012には内蔵のSuperDriveが付いておらず、CDから曲を変換するときなどはMacBook Pro 13インチを使ったターゲットディスクモードで何とかやりくりしてきましたが、やっぱりめんどくさい。

PR【期間限定!クーポンで15%OFF】服・シューズ・バッグ・時計ほかお買い得な割引キャンペーン開催中!商品ページに表示されたクーポンを適用するだけ。→詳しくはこちら 5/3 23:59まで
スポンサーリンク

しかも、ターゲットディスクモードだと、ソフトのインストールとかなら使えるけど、コピーガードがかかっているCDやDVDは使えません。これ大事。

DVDをiMacで見たいときとか、DVDやCDを焼きたいときにはやっぱり必要になるので、純正品を買いました。ちょっと高かったけどね。


Apple USB SuperDrive 上面写真

すごくシンプルな上面。ロゴなども一切なし。


Apple USB SuperDrive 裏面にはアップルのロゴ

裏面には滑り止めのゴムが丸く配置されてます。

アップルのロゴはここにありました。


iMacの画面下に設置

iMac 真ん中にあるスタンドの上に置いてましたが、メディアを出し入れする際にキーボードと干渉しそうだったのでiMac画面下の右側に置いてみました。

使ってみた感想

使い方はすごく簡単。箱から出してUSBケーブルをiMacに差し込むだけ。バスパワーなので電源もつなげる必要はありません。

動作音もまぁ、これまで使っていたiMacやMacBook Pro 13インチ 内蔵のSuperDriveと変わりない感じ。許容範囲内。

見た目は文句なし。iMacやその他アップル製品と並べたときの相性は抜群です。


気になった点はというと、USBケーブルが約20センチぐらいしかないので、人によっては設置する場所が限られるっていうことと、あとは値段ですかね。

他社製品であれば3,000円とか4,000円で代替できるものが出回ってます。


これまでのCDやDVDの資産がいっぱいあるので、いざという時のためにもう心配しなくて済むようになりました。コレがあるのと無いのとでは安心感が違いますね。


対応機種は以下の通り。

  • MacBook Pro Retinaディスプレイモデル
  • MacBook Air
  • iMac(Late 2012)
  • Mac mini (Late 2009)以降

スポンサーリンク

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。