6/30まで!31日間無料キャンペーン中!FODプレミアム
フジテレビの人気ドラマを一気に見直し!最新ドラマも過去作品も独占配信満載。8の付く日合計で月額以上のポイントゲット!→ レビュー記事はこちら

Safariの構成ファイル一覧が消えた!

  • 更新:
  • 公開:2012.8. 2
  • by
  • macOS

Safariの構成ファイル一覧が消えた!

あ〜、とうとうこの日がやってきましたね。

これまですごく重宝していたSafriの構成ファイル一覧。

スポンサーリンク

ページ内に埋め込まれた動画をダウンロードするのにすごく便利だったのに...。

Mac OS X でYouTubeをダウンロードしてmp4に変換する方法【その1】|SKEG*log はてなブックマーク - Mac OS X でYouTubeをダウンロードしてmp4に変換する方法【その1】|SKEG*log


これが、Mountain LionとともにSafariもバージョン6にアップデートされ、「構成ファイル一覧」が「ウィンドウ」メニューからなくなってしまいました。


この構成ファイル一覧の代替機能としては、

「開発」メニュー → 「Web インスペクタを表示」

でも同じようにページ内で使われているファイル一覧を見ることができますが、構成ファイル一覧に比べてファイルを見つける時間がかかりすぎる。

じっくりと調べるにはこの開発メニューは重宝するんですけどね。


というわけで、この「構成ファイル一覧」がなくなったことで、Safariを使い続ける理由がほぼなくなってしまいました。RSSリーダーの機能もなくなりましたし。

アップル純正のWebブラウザなので、iCloudのブックマーク同期などは便利なんだけど...。


ま、同様の機能がGoogle Chromeにもありますし、動画をダウンロードする拡張機能もいくつかあるようなので、今後はChromeをメインブラウザとして使っていくつもり。

使い慣れた機能がなくなっていくのって、なんか寂しい。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEGLOG(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。