SafariをアップデートしてGoogleリーダーが表示されなくなった時の解決方法

SafariをアップデートしたらGoogle Readerが表示されなくなった

先日、Safariの5.1.4がリリースされましたが、アップデート直後からGoogleリーダーが表示されなくなりました。

これは困った。

いつも情報収集するのに欠かすことができないGoogleリーダーだったので、いろいろと解決策を試してみました。

PR【期間限定!クーポンで15%OFF】服・シューズ・バッグ・時計ほかお買い得な割引キャンペーン開催中!商品ページに表示されたクーポンを適用するだけ。→詳しくはこちら 5/3 23:59まで
スポンサーリンク

まずは、上記Googleリーダーのページに表示された、

・ページをリロード
・HTTPSを使用
・ブラウザキャッシュをクリア

を最初にやってみましたが効果なし。

さらには、ブラウザキャッシュだけでなくSafariのリセットもやってみましたがこれもダメ。


しばらく悩んだあげく、Safariの情報を見てみて「ん??」と思ったのが以下の部分。

Safariの情報 32ビットモードのチェックを外す

これまでSafariの64ビットモードで動かないプラグインがあったために32ビットモードで動かしていたんですが、このチェックを外し64ビットモードで起動してみたら、ちゃんとGoogleリーダーが表示されました


32ビットモードよりも、64ビットモードの方がやっぱり表示が速いですね。

SafariをアップデートしてGoogleリーダーが表示されない方はお試しを。

スポンサーリンク

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。