テキストを縦方向(列)で選択する方法

  • 更新:
  • 公開:2016.8.25
  • by
  • カテゴリ:Macの使い方

テキストを縦方向(列)に選択する方法

あるキーを一緒に押せばテキストの列を選択可能!

先日、optionキーの使い方まとめで24個紹介しましたが、さらにもう一つ追加です。

テキストを選択するとき、通常はドラッグして横方向(行)に選択することがほとんど。でもたまに、縦方向(列)を選択したいときがあります。

そんなときは、ポテンシャルがとても高いoptionキーを使います。

スポンサーリンク

テキストで列を選択する方法

今回紹介するのはMacでのやり方ですが、Windowsでもできるかも(すいません、未確認です)。

縦方向を選択したいテキストを用意したら、optionキーを押します。

optionキーを押すとマウスカーソルが十字になる
すると、マウスカーソルが十字になります。

この状態で縦方向にドラッグすると、テキストを列で選択できます。


テキストを列で選択する
リスト先頭の中黒はもちろん、行をまたいでも選択ができます。

あとは削除するなりカットするなり好きなようにして編集してください。


テキストエディットやCotEditorなどのテキストエディタで普通に使えました。

Wordでは使えなかったので、使えないアプリの時は、一度テキストエディタに持って行って編集すればいいですね。

こりゃ便利!

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。