FaceTimeの通話料金はいくら?対応端末は?などまとめてみた。

FaceTimeの通話料金はいくら?対応端末は?などまとめてみた。

毎日チェックしているブログのアクセスログ。

検索キーワードを見ていたら「FaceTime 料金」「FaceTimeとは」というキーワードでアクセスしてくる方が結構多いことに気がつきました。

FaceTimeの通話料って無料なの?有料なの?」という疑問を持っている方が多いと仮定して、以下の項目でFaceTimeについて簡単にまとめてみました。

スポンサーリンク

以下の項目についてまとめてます。

  • FaceTimeとは
  • FaceTime料金・回線・キャリアについて
  • FaceTime対応端末について
  • 通話相手がiPhoneの場合
  • 通話相手がiPad・iPod touch・Macの場合
  • まとめ
  • 追加情報(随時更新)

FaceTimeとは

FaceTimeとは、iPhoneやiPad、Macなどの対応端末(下記記載)にて行うことができるビデオ通話のこと。要はテレビ電話です。顔を見て話をしたい人、例えば好きな人、遠くてなかなか合うことができない家族や友人と顔を見ながら話をすることができます。また、顔だけじゃなく、その現場の状況を教えたいときや探しものを見つけたいときなどにも使えます。リアルタイム生中継もできるってことですね。

シチュエーションとして例に挙げると、違う場所にいる友人とあたかも隣にいるかのように一緒に時間を過ごせたり、遠くの家族と顔をつきあわせて話したり、仕事のミーティングをしたり、街で見かけた素敵な風景を遠くにいる恋人と共有したり、などなど。

元々はWi-Fi回線のみの対応でしたが、iOS 6からは携帯電話ネットワークにも対応したため、もう場所を選ばなくなりました。

iOS 7からは音声通話のみでも利用ができるようになりました。

FaceTime料金・回線・キャリアについて

料金・回線・キャリアはどうなってる?

  • ビデオ通話料金は無料です(※)。
  • 音声通話料金(FaceTimeオーディオ)も無料です(※)。
  • Wi-Fi回線でも携帯電話ネットワークでも使用できます。
  • iOS 6からは、3G回線などの携帯電話ネットワークでも使用することができるようになりました。iOS 7でもiOS 8でももちろん使えます。携帯電話ネットワークの場合は別途データ通信費がかかります。(各キャリアのパケット定額サービスを利用していれば安心です。)
  • キャリアは関係ありません。ソフトバンク同士、au同士、docomo同士だけでなく、ソフトバンクだろうがauだろうがdocomoだろうが、どの組み合わせでも使用可能です。下記対応端末同士ならどの組み合わせでも通話可能です。

※Wi-Fi回線を利用するから。携帯電話ネットワークの場合は別途データ通信費がかかります。
※ビデオ通話の場合は、パケット通信のデータ量が大きくなるので、各キャリアの料金プランによっては通信データ量の上限を超える場合があります。上限を超えた場合通信制限がかかりますので料金プランを確認してください。

FaceTime対応端末について

どの端末で使えるの?

・iPhone(2010年発売のiPhone 4以降)
・iPad(2011年発売のiPad 2以降)
・iPod touch(2010年発売の第4世代以降)
・Mac(Mac OS X v10.6.4 Snow Leopard以降)

※iPad Wi-FiモデルやiPod touch、MacではWi-Fi回線が必要です。

通話相手がiPhoneの場合

iPhone →「設定」→「FaceTime」→「オン」

FaceTimeの設定を「オン」にすれば使えます。その他の設定は必要ありません。

iOS 7からはFaceTimeが単体のアプリになりました。


FaceTime ビデオ通話と音声通話

連絡先アプリにもFaceTimeの項目があるので、ビデオ通話の場合はFaceTimeアイコンを、音声通話(FaceTimeオーディオ)の場合は電話アイコンをタップすれば使えます。

通話相手がiPad・iPod touch・Macの場合

iPhone以外の端末は、電話番号がないのでApple IDにてサインインする必要があります。

既にアカウントを持っていれば、そのApple IDとパスワードを使えます。まだApple IDを持っていない場合は新規作成してください。

また、ビデオ通話・音声通話着信用の連絡先情報として、メールアドレスも登録してください。

その後、Wi-Fi環境下で接続すればFaceTimeアプリで使用できます。

まとめ-アップルのFaceTimeは無料です。

一昔前、ドコモでもテレビ電話がありましたが、当時は通話料として30秒で36円とか徴収されていたので、その名残から料金がかかるんじゃないかと思っている方が多いんじゃないかなと思いました。最初はそう思いますよね。

アップルのFaceTimeはWi-Fi接続を利用するので、料金はかかりません。

携帯電話ネットワークを利用する場合は通信費がかかります。

FaceTimeは無料です、Wi-Fiなら。

iOS 7からの音声通話(FactTimeオーディオ)を使えば、普通の電話みたいに無料で通話できます。もうLINEやスカイプがいらなくなるかもしれません。

追加情報(随時更新。降順です。)

2015/5/14情報更新

上記内容を加筆修正しました。

2014/11/11情報更新

FaceTime着信画面

手持ちのiPhoneとiPadでFaceTimeをする時の設定方法(同じApple IDのiPhoneやiPad)

2013/9/11情報更新

iOS 7からFaceTimeが単体アプリになりました。

新しいiPhone 5sと5cが発表されました。

iPhone 5S 5C 発表!ドコモからも正式に提供が決定しました。

iPhone 5sと5cにはiOS 7がプリインストールされて発売されますが、もちろんFaceTimeにも対応しています。そして、これまでは電話アプリに内包されていたものが、iOS 7からはFaceTime単体アプリとなります。


iPhone 5sと5cでは、フロントカメラがHDになり、よりきれいな映像で通話ができるようです。

■ビデオ通話
iPhone 5s/5cからすべてのFaceTime搭載デバイスにWi-Fiまたは携帯電話ネットワーク経由でLTE、DC-HSDPA、HSPA+、3Gおよび2G経由でビデオ通話を開始。
Wi-Fi経由でのHVGA解像度(480 x 368)の通話が可能。

■音声通話(FaceTimeオーディオ)
iPhone 5s/5cからすべてのFaceTime搭載デバイスにWi-Fiまたは携帯電話ネットワーク経由で音声通話ができます。

2013/6/30情報更新

2013年の秋にリリースされるiOS 7でももちろん使えます。

iOS 7では着信拒否ができるようになるとか。

詳細が分かり次第更新します。

2012/9/20情報更新

iOS 6では3Gに対応

9月19日の深夜にリリースされたiOS 6ではこれまで未対応だった3G、携帯電話ネットワーク経由にも対応されました。

また、iPadでも電話番号を使ったFaceTimeの送受信ができるようになるとのことです。

アップル - iOS 6 - まったく新しいマップ、Siriの新機能、Facebookとの統合。

FaceTimeがWi-Fiだけでなく携帯電話ネットワーク経由にも対応するので、今いる場所を問わずにFaceTimeのビデオ通話をかけ、受けられるようになります。しかもiPadでも電話番号を使ったFaceTimeの発信と受信ができるようになります。つまり、これからはどこででも、どのデバイスでもFaceTimeを楽しめる、というわけです。違う国にいる家族の笑顔も、Retinaディスプレイ越しのキスも、好きな場所で好きなだけどうぞ。

但し、以下の様な注意書きがあって気になっていましたが...

FaceTimeでのビデオ通話には、FaceTimeが搭載されたデバイス(発信者と受信者の両方)とWi-Fi接続が必要です。携帯電話ネットワークでFaceTimeを利用するには、携帯電話データ通信機能を持つiPhone 4S、iPhone 5、iPad(第3世代)が必要です。携帯電話ネットワークで利用できるかどうかは通信事業者のポリシーによって異なります。携帯電話データ通信料がかかる場合があります。

auとソフトバンクともに3G回線で使用できるようになりました。


ひと通りまとめてみましたが、もっとこんな内容が知りたい!・ためになった!・役に立たなかった...、などなど、率直なご意見をお聞かせください。もっと良い内容にしていきたいと思いますので、よろしくおねがいします。コメントはページ下部のFBコメント欄にてどうぞ。

スポンサーリンク
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加