読み放題 2ヶ月299円!
200万冊以上が読み放題のKindle Unlimitedが期間限定で2か月1,960円→299円!

デスク下のデッドスペースを有効活用!スツール置いて辞書系の良い置き場所に♪

デスク右下にスツール置いて簡易本棚に
デスク右下にスツール置いて簡易本棚に!

重くて分厚い辞書や、お気に入り本の最適な置き場所はここ!

iMacの大きさに合わせて自作した棚

【DIY】iMacの大きさに合わせて棚を自作してみた 床・壁・天井に穴を開けないから賃貸住宅でもOK

以前はここに広辞苑や国語辞典などを置いてましたが、特に広辞苑がかなり重たいので毎回どっこいしょと出し入れするのが億劫になるように…。

なので、試しに机の右下のデッドスペース置いて使ってたんですが、これがなかなか良い感じ。

iMac上の棚に手と背を伸ばして出し入れするより、椅子に座ったまま右下の床上から持ち上げる方が僕には合ってるようで、違和感なくスムーズに出し入れができるようになりました。

それからというもの、ずーっと床に直置きしてたんですが、スツールとか使うとほかにも気に入ってる本とか読書中の本も置けるなーと思って、IKEAの小さなスツールを買ってみることにしました。

スポンサーリンク

ビフォー:床に直置きしてる辞書たち

デスク右下の様子
デスク右下の様子

これが今までのデスク右下の状態。

約2.5畳の仕事部屋なので、集中できるのは良いんですがいかんせん狭いので色々と工夫が必要なんです。


床に直起きしてる辞書や本
床に直起きしてる辞書や本

広辞苑や辞書類、あとはマーケティング関係の分厚い本などを置いてます。

使い勝手が良い場所なので、ついいろんな本を置きすぎて量が増えてきてました。

IKEAの子ども用スツール レビュー

子ども用フリサット ダンボール
子ども用フリサット ダンボール

今回購入したIKEAの子ども用スツール。正式名称は『FLISAT フリサット』です。

今回はIKEAのオンラインストアから購入しました。

Amazonや楽天市場でも販売されてますが、価格の変動があるので、タイミングを見て安い方から買うことをおすすめします。


IKEA子ども用スツールの中身
IKEA子ども用スツールの中身

ダンボールの中身。すごくシンプルですね。


同梱物一覧
同梱物一覧

入ってたのはこれだけ。天板と脚と説明書のみ。


IKEAのいつものイラスト説明書
IKEAのいつものイラスト説明書

IKEAの説明書は文字が少なくてイラストで分かるように作られてます。今回も簡易なイラスト説明書が一枚入ってただけでした。


天板の底面
天板の底面

作りはとてもシンプル。天板の底面に角度をつけた金具が固定されてるので、そこに脚をねじ込むだけ。


脚4つをねじ込んで固定すれば組み立て完了
脚4つをねじ込んで固定すれば組み立て完了

組み立てはすごく簡単。四つの穴に脚4つをしっかりねじ込むだけ。意外としっかりしてます。


完成したIKEAの子ども用スツール
完成したIKEAの子ども用スツール

サイズは、幅24x奥行き24x高さ28cm(メーカー記載サイズ)。

使用用途は子どもが腰掛けたりちょっとした物を置くものですね。

素材はパイン無垢材で無塗装です。シンプルな素材を活かしてそのまま使うのも良いですし、気分にあわせてブライワックス蜜蝋ワックスなどで仕上げるのも良いですね。

アフター:より使いやすくなったデスク下

デスク右下に置いたIKEAの子ども用スツール
デスク右下に置いたIKEAの子ども用スツール

実測値だと天板は25.5cm四方、高さは28cmでした。

うちの狭いデスク下にもちょうど良い大きさのスツールです。事前に大きさを測ってたのでピッタリです。


脚の間に広辞苑と分厚い本がピッタリ
脚の間に広辞苑と分厚い本がピッタリ

脚の間に分厚い広辞苑とマーケティング関連の本がピッタリ納まりました。これは予想外に良かった点ですね。


スツールの天板には辞書やお気に入りの本を
スツールの天板には辞書やお気に入りの本を

天板には辞書類や今読書中の本を。

脚の間にも本が置けたので、天板をより自由に使えるようになりました。


机に座ったまま辞書を簡単に出し入れ可能
スツールの天板には辞書やお気に入りの本を

床に直置きの時よりも高さができたので、机に座ったままでもより簡単に辞書類の出し入れがラクになりました

いやー、我ながらこれはなかなか良いアイディアでした。

広い机だと机の上に置けば良いですが、うちみたいな狭い仕事部屋だとそうもいかないんですよね。

机の上がものがいっぱいでお困りの方、机下のデッドスペースを有効活用してはいかがですか?

スポンサーリンク

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

この記事をシェアする

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。

● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらから。

twitterでの情報発信、YouTubeで動画レビューも公開してます。チャンネル登録もよろしく!