本は、聴こう。
耳を使えば、読書はもっと自由になれる。→ Amazon Audible 無料体験記事はこちら

iPhone Xからの買い替えはiPhone 11に決定!Proのデザインもっとどうにか…

  • 公開:
  • 更新:
  • by
  • Apple,iPhone

iPhone Xからの買い替えはiPhone 11が良さそう♪Proのデザインもっとどうにか…

新しいiPhone 11/Proが発表されましたね。

ハードでは、Apple Watch Series 5と第7世代のiPadが発表されました。

最近は、Apple関連のネタを記事にすることが減ってきてますが、Apple信者は変わってません。

ただ、ジョブズがいた頃のようなワクワク感がどんどん減ってきてるのも事実。その代わり、Appleの製品は身の回りにあって当然のデバイスになってるので、特に取り上げることもなく、普通に使ってきてました。

今使ってるiPhone Xに何の不満もなかったので、今回どうするかなと思ってましたら、iPhone 11がかなりバランスのいい機能と価格

ちょっと気持ちが揺らいでます。

スポンサーリンク

iPhone 11と11 Proの大きな違いはレンズとディスプレイ

iPhone 11と11 Proの大きな違いはレンズとディスプレイ

AppleのサイトではiPhone SEからiPhone 11 Proまで、過去に販売されたモデルを3つ並べて比較することができるので、早速やってみました。

手持ちの「iPhone X」と新しい「iPhone 11」と「iPhone 11 Pro」の3つ。

まず、iPhone 11と11 Proの大きな違いがこちら。

機能iPhone 11iPhone 11 Pro
ディスプレイ6.1インチ
Liquid Retina HD
HDRなし
1,400:1コントラスト比
5.8インチ
Sper Retina XDR
HDR
200万:1コントラスト比
ボディガラスとアルミテクスチャードマットガラスとステンレス
背面カメラ超広角と広角の12MP(ナイトモードあり)超広角と広角と望遠の12MP(ナイトモードあり)
前面カメラ12MP 60fpsの4K12MP 60fpsの4K
チップA13A13
防水水深2mで30分水深4mで30分
容量64,128,25664,256,512

ディスプレイのコントラスト比やHDR有無など、ディスプレイに関してはProの方が圧倒的にスペックは素晴らしいです。

ただ、実際にiPhone Xから有機ELになってますが圧倒的に画質がいいかというと、大きな変化を感じることはありませんでした。

確かに黒は真っ黒ですが、僕の場合は「言われてみればそうかも…」というほどの実感でした。ただ、ディスプレイにこだわる人ならProが断然いいんでしょう。

あと大きな違いはカメラがデュアルかトリプルか。

35mm換算で、超広角は13mm(F2.4)、広角は26mm(F1.8)、望遠は52mm(F2.0)です。

超広角の13mmF2.4はかなり優秀ですね。広角好きの僕にはかなり嬉しい仕様です。望遠側のレンズもF2.0とかなり明るくなってます。これはすごいスペックのカメラをつけてきたなーという印象。

こんなすごいスペックのレンズ3つをこんな小さなボディに入れちゃうAppleの技術はすごいです。もし、Appleがミラーレス一眼作ったら、今のカメラ業界を一変させてしまうようなカメラができそう。

ただ、気になったのがあのデザイン

正直、「もうちょっとどうにかなりませんかねぇ…」と思ってしまいました。正直、かっこいいとは思えません。デザインもカッコよければ即買い間違いなしだったんですがね。

iPhone XとiPhone 11の比較

次に、今使ってるiPhone XとiPhone 11を比較してみました。

機能iPhone XiPhone 11
ディスプレイ5.8インチ
Super Retina HD
HDR
100万:1コントラスト比
6.1インチ
Liquid Retina HD
HDRなし
1,400:1コントラスト比
ボディガラスとステンレスガラスとアルミ
背面カメラ広角と望遠の12MP超広角と広角の12MP(ナイトモードあり
前面カメラ7MP 30fpsのFHD12MP 60fpsの4K
チップA11A13
防水水深1mで30分水深2mで30分
容量64,25664,128,256

ディスプレイはiPhone Xの方がいいですが、それ以外はすべてiPhone 11が上回ってます。

特に、広角好きの僕にとっては、iPhone Xの広角と望遠より、iPhone 11の超広角と広角の方が断然使いやすそう!と感じました。

あと、前面カメラも1200万画素の4K撮影ができるようになったし、チップも11 Proと同じ、さらに防水機能もアップし、容量も手頃な128GBもある。

さらに、デザインもProの3レンズ仕様よりかなりスッキリしててまだカッコいいと思えるのも良い。

というわけで、買い替えることで幸せになれそうなのでiPhone XからiPhone 11に乗り換えることに決定しました。

今使ってるiPhone Xを妻にスライドして、妻が使ってるiPhone 7 Plusを下取りに出せば、iPhone 11 128GBモデルが6万円ちょっとで購入できます。

これもなかなか良い感じ。

予約は2019年9月13日の午後9時から。

発売日は9月20日です。

スポンサーリンク

記事についてのご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。