うわっ!エアコン…臭いっ!
エアコンつけたら臭い!内部にはカビ!思い切って自分で掃除してみた。お得なキャンペーン情報あり!→エアコン掃除体験談はこちら

PCも入る自立するトートバッグ『ORCIVAL』レビュー キャンパス地(帆布)で型崩れ無し

PCも入る自立するトートバッグ『ORCIVAL』レビュー キャンパス地(帆布)で型崩れ無し

4月から職場環境が変わってパソコンを使うことになった妻用に、キャンバス地で自立するトートバッグを買ってみました。

基本的に車で移動することが多く、手持ちで歩くのは職場の駐車場から会社のデスクまでと短距離なので、パソコンを入れてちょっと重くなっても問題ありません。

購入したのは、白地にグレーの可愛くておしゃれな『ORCIVAL(オーチバル・オーシバル) 24oz 帆布配色トートバッグ』。

特にレディース専用というわけではなく、女性はもちろん男性でも使える可愛いトートバッグです。

PR【Echoシリーズ50%OFF!】音楽聴き放題サービス登録でEchoシリーズが50%OFF30日間無料体験できるAmazon Music Unlimitedに登録すると今ならAmazon Echoシリーズが50%OFF!8/19まで→ Echoプラン380円。詳しくはこちら
スポンサーリンク

ORCIVAL(オーシバル)とは

ORCIVAL(オーシバル)とは
ORCIVAL(オーシバル)は、1939年4月にフランスで蜂のオリジナルエンブレムと共に誕生したブランドです。質の高いボーダーのマリンシャツが有名ですね。

女性の下着用にシルク生地を生産するほか、1947年からはフランス海軍向けのコットン生地の供給も開始。その後、一般顧客向け市場にも拡大し、長年に渡って全世界で愛用されるブランドに成長しました。

ブランド名はフランスのオーヴェル地方にあるORCIVAL(オーシバル)という小さな村の名前にちなんだもの。創設者であるチャールズ・バート氏によって名付けられました。

使用されている綿素材は、細心の注意を払い、ブランドの信頼と製品の品質を保つために厳選された素材が使用されています。

マリンシャツ以外にも、今回紹介するキャンバス地のトートバックも超有名で、しっかりとした生地で自立するトートバッグとして定番のアイテムになってます。

自立するキャンバストートバッグ レビュー

自立するキャンバストートバッグ
今回購入したのは、オーシバルのトートバッグの中でも幅が約42cm、高さが約30cmのちょっと大きめのもの。

女性の腕に掛けた時はこんな感じ。幅が約42cmあるので、A4の書類はもちろんノートパソコンだって普通に入ります。


オーシバルのトートバッグと冊子類
オーシバルのトートバッグと、Amazonで購入したお店の冊子類が入ってました。


オーシバル グレーのトートバッグ
カラーは白地にグレーのものを選びました。このサイズではそのほか、白地にブラック、白地にベージュのものも販売されてます。


オーシバル グレーのトートバッグ 反対
反対の面と底面はこんな感じ。


自立するトートバッグ『ORCIVAL』
中身は何も入ってませんが、このようにキレイに自立してくれます

帆布(キャンパス地)がとてもしっかりしてて、まるで柔道着のような感じ。見た目はとても柔らかくておしゃれなんですが、触ってみると分厚くてガッチリとした印象です。型崩れの心配もありません。

こちらの面にはロゴとサイドポケットが1つあります。


オーシバルトートバッグ 反対側
反対側はとてもシンプル。


内側もとてもシンプル
内側にはポケットなどは一切ありません。こちらもとてもシンプルです。


おもて面のサイドポケット
おもて面のサイドポケット。ちょっとした小物が入ります。

ノートPCを収納するときはパソコンケースに入れて

妻のパソコン持ち運び用として購入しましたが、トートバッグには一切緩衝材などはついてません。

というわけで、こちらも可愛い『MOOSEのパソコンケース(インナーケース)』を買いました。

ノートPCを収納するときはパソコンケースに入れて
13インチ用と15インチ用が販売されてます。こちらは15インチのノートパソコン用。おもて面にはいろんなアイコンが細かな刺繍でデザインされてます。


背面にはファスナー付きのポケット完備
背面にはファスナー付きのポケットも。ここに電源アダプターやらマウスなどを入れられます。


刺繍だけでなくファスナーも可愛い
刺繍だけでなくファスナーも可愛い。エッフェル塔かな。


内側には衝撃吸収素材が敷き詰められてます
表面には、軽量で保護力も備えた丈夫なポリアミド繊維素材を使用し、内側には手触りの良いふわふわの衝撃吸収素材が敷き詰められてます。

ノートパソコンを傷や衝撃から保護してくれます。


背面のファスナー付きポケット
背面のファスナー付きポケットに電源アダプタを入れてみました。


ちょっとボコッとなります
ポケットにマチがないのでちょっとボコッとなります。見た目はあまりよろしくない。


オーシバルのトートバッグにすっぽり入る
購入前にちゃんとサイズを調べて購入したので、オーシバルのトートバッグにぴったりのサイズでした。

ただ、この状態だと他にものを入れるスペースが少ないので、縦に入れて使うこともできます。縦に入れてもバッグの持ち手には干渉しないので邪魔になりません。

車移動がメインの人におすすめのトートバッグ

オーシバルのトートバッグは、持ち手がそんなに長くないので基本は手提げで使うことになります。

そのため、軽い書類やちょっとした荷物ぐらいなら問題ありませんが、重いノートパソコンを入れた状態で長く歩くことには向いてません

以前、TUMIのブリーフケースにMacBook Pro 13インチ+書類+手帳+弁当+500mlのペットボトル+その他、総重量約4〜5kgのラインナップで電車通勤してた時には、耐えきれずに数日でMac Book Proは会社に置きっぱなしになりました...。

最近のMacbook Pro 13インチ

ノートパソコンを一緒に持ち運びたいなら車移動じゃないと継続利用は難しいかも。

うちの妻は車通勤なので、このトートバッグ+可愛いパソコンケースに包まれたノートパソコン+書類+水筒などを入れて持ち運んでます。

毎日ニコニコしながら使ってまして、とても満足している様子。

オーシバルのトートバッグは、車通勤の方でシンプルだけど頑丈な自立するトートバッグをお探しの人におすすめです。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。