6,500万曲が99円!
音楽6,500万曲聴き放題のAmazon Music Unlimitedが期間限定で4ヶ月間たったの99円!→ 詳しくはこちら

iPhoneやiPadのバッテリー、月に1回は完全放電させて長持ちさせましょう!

バッテリーの残量が空くなっています

iPhoneやiPadなどに使われているバッテリーはリチウムベースのバッテリーです。

買ってすぐの時は1日は持っていたバッテリー。

スポンサーリンク

毎日、放電充電を繰り返していると、徐々にバッテリーの寿命が短くなってきて、1年も使っていると、元の容量の80%ぐらいしか充電できなくなってしまいます。

月に1回は完全放電

その寿命を少しでも長持ちさせるために月に1回は完全放電させてあげましょう。バッテリー内の電子を動かしてあげることが重要です。

アップルの公式ページにも記載があります。

アップル公式 iPadバッテリー

アップル - バッテリー - iPad

iPadを定期的に使う


リチウムベースのバッテリーを適切にメンテナンスするには、バッテリー内の電子を時々動かすことが重要です。毎月最低でも1回は充電/放電サイクルを完了する(完全に充電した後、バッテリーを使い切る)ようにしてください。

普段使っていると、

バッテリー残量20〜40%の時に充電→100%充電

を繰り返すことが多く、10%以下、さらには0%まで完全放電させることはあまりないのが現状です。

アップルの公式ページにも記載がある完全放電。

1ヶ月に1回は完全にバッテリーを使い切るようにメンテナンスを心がけてます。

残り数%のバッテリーを完全に使い切るには

iPhoneやiPad、特にiPadは結構電池の持ちがいいので、なかなか完全にバッテリーを使い切ることがあまりないのが実情です。

残り数%のバッテリーを完全に使い切るには、バッテリー消費が大きいアプリを使うといいです。

バッテリー消費が激しいアプリは、動画アプリや地図系アプリ。大量のデータを通信&位置情報サービスを使うアプリだと激しくバッテリーを消耗します。

YouTubeやGoogleマップ、あとGoogleドライブでデータをいくつも参照してると残り数%のバッテリーを比較的早く消費することができます。


追記1:iPhone 6 Plusのバッテリーの持ちは最強です。

iPhone 6 Plus のバッテリー持ちが素晴らしい!1日6時間使っても残量50%越え!

5sの時はモバイルバッテリーの購入を検討したこともありましたが、6 Plusではそんなことを考える必要がなくなりました♪


追記2:もっとバッテリーについて詳しく知りたいって方はこちらもどうぞ。
iPhoneやiPad iPod MacBookのバッテリー寿命を少しでも延ばす方法が詳しく分かるサイト4選

スポンサーリンク

記事についてのご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。