6/30まで!31日間無料キャンペーン中!FODプレミアム
フジテレビの人気ドラマを一気に見直し!最新ドラマも過去作品も独占配信満載。8の付く日合計で月額以上のポイントゲット!→ レビュー記事はこちら

会社の数字に強くなる!できる社長だけが知っている数字の読み方!

  • 更新:
  • 公開:2006.5.26
  • by

「できる社長」だけが知っている数字の読み方

年間読書30冊(宮里藍ちゃんの300冊を見習って...)を今年の目標に立てていましたが、いまだ10冊も読んでない気がする。

細々した本は何冊も読んだんだけど、これといって読破した感がいまいちないわけです。というわけで買ってみました「できる社長」だけが知っている数字の読み方

スポンサーリンク

先日、久しぶりに本屋に足を運んだら、読みたい本がごろごろとありました。

そのうちの一冊としてこの本を選んだわけですが、この"「できる社長」だけが知っている"のサブタイトルにかなり惹かれました。ジャケ買いならぬ、タイトル買いってやつですね。自分が数字に弱いってこともあったので...。

お値段が手頃なだけあって、会社の数字について詳しく書いてある専門書ではなく、著者がこれまでに出会った「できる社長」が持つ、数字に対する考え方、経理・財務の使い方、決算書の読み方などを社長の視点から書かれた内容になってます。

広く浅くというイメージの内容です。でも、所々にちりばめられている「できる社長」の言葉が結構目をひきます。

普段なんとなく見積書を作って、クライアントに提出・説明、といった流れで仕事をしていると、会社全体のお金の流れについて疎くなりがちですが、それよりももっと深い会社のお金の流れについて「気づく」ことが出来る本ですね。

本屋にて、もう一冊気になる本「千円札は拾うな。」があったので、今度はこれを読んでみようかな。

目指せ!年間読書30冊!

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEGLOG(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。