6/30まで!31日間無料キャンペーン中!FODプレミアム
フジテレビの人気ドラマを一気に見直し!最新ドラマも過去作品も独占配信満載。8の付く日合計で月額以上のポイントゲット!→ レビュー記事はこちら

Mac上の画像ファイルをメッセージを使ってiPhoneに送る方法|iPhone Tips

メッセージアプリで画像ファイルを送る

Dropboxを使っても同じようなことができますが、この方法が一番手っ取り早いかも。

使うのはMacにもiPhoneにもiPadにも最初からインストールされている「メッセージ」アプリです。

スポンサーリンク

宛先のアカウントを確認する

今回はMac・iPhoneともに同じApple IDのアカウントにメッセージを送信します。

まずは、Macのメッセージアプリを起動して、

「環境設定」→「アカウント」を見てみます。

メッセージアプリの環境設定でアカウントを確認

「Apple ID」が送信先のiPhoneと同じことを確認します。

「着信に使用するメールアドレス/電話番号」に1つでもチェックが入っていることも確認してください。どれにもチェックが入っていないとメッセージアプリが使えません。

メッセージアプリで画像を送る

あとは、宛先を自分宛に設定してファイルを送るだけです。

ウィンドウ内にiPhoneに送りたい画像ファイルをドラッグ&ドロップしてリターンキーを押します(上記画面)。

すると、ファイルが送信されるとともに...

メッセージアプリで画像ファイルを送る→受信

自分宛に送ったので、もちろん同じ画面で受信もされます。


次に、iPhoneのメッセージアプリを見てみます。

iPhoneのメッセージアプリ画面

Macのメッセージアプリと同じように表示されていれば完了です。

あとは届いた画像を長押しして「保存」をタップすれば、「写真」アプリのカメラロールに保存されます。


大量にファイルを送りたい場合はDropboxの方が便利ですが、1枚ぐらいだとこっちの方が簡単かも。要は用途によって使い分けってことですね。

その他の方法としてはフォトストリームを利用しても同じようなことができます。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEGLOG(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。