6/30まで!31日間無料キャンペーン中!FODプレミアム
フジテレビの人気ドラマを一気に見直し!最新ドラマも過去作品も独占配信満載。8の付く日合計で月額以上のポイントゲット!→ レビュー記事はこちら

Mac OS X ファンクションキーの動作を変更する

Mac キーボード

Macのキーボードのファンクションキーには様々なアイコンが刻印されています。画面の明るさを変更したり、iTunesで流している曲の操作、音量の変更など、様々な機能が割り振られています。

デフォルトではそのキーに刻印されている機能が実行されますが、このファンクションキーを標準的なキーとして使う方法をご紹介。

スポンサーリンク

まず、標準的なファンクションキーとして使うには、

「fnキー + ファンクションキー」

というように、「fn」キーを押しながらファンクションキーを押せば、標準的なファンクションキーとして使うことが出来ます。


「fn」キーを押す手間を省きたい場合は以下の手順で設定します。
OSのバージョンは10.6.7です。(追記:2015年6月30日 OS X 10.10.3でも確認済みです。)

環境設定 キーボード

  1. システム環境設定を開く
  2. 「キーボード」をクリック
  3. 「F1、F2 などのすべてのキーを標準のファンクションキーとして使用」をチェックする

このオプションを選択すると、標準的なファンクションキー (F1~F12) として機能し、明るさや音量コントロールなどの特殊機能は実行されません。

このオプションが選択されているときに、各キーに示されている特殊機能を使用するには「fn」キーを押しながらファンクションキーを押せば、特殊機能が実行されます。


標準的なファンクションキーとして使うことが多ければ、上記チェックを入れておくと「fn」キーを押す手間が省けます。

ご自分の使用環境によって切り替えられるので、便利ですね。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEGLOG(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。